中国ライフ・街ブラに潜むヒント
習慣の違いにびっくり! でも【従容として迫らず】これが中国での極意

「従容として迫らず(従容不迫)」とは、悠々と落ち着き払っていて、少しもあわてないこと。まったく知らない土地で生活を始めると、経験したことのない習慣や風習に驚かされ、時には大きなストレスとなります。しかし、驚きをむしろ楽しむくらいの余裕が欲しいもの。

続きを読む
簡単ではないから面白い
【柔よく剛を制す】 小が大に打ち勝つ痛快さ 如何にして実現するか

「柔能く剛を制し、弱能く強を制す」とは中国の兵法書である「三略」の言葉。誰が見ても勝負は見えているのに、番狂わせの結果を出現させることほど痛快なことはありません。
ポイントは、強大な相手の弱みを見つけ出す。弱小自軍の体制を整え団結して相対することである。

続きを読む
現地会社運営の急所
【安きに居て危を思う】 蛇を食ったり驚かせたり 継続発展のキモは

「居安思危」は易経にあることわざ。安穏な時にこそ危機を想定し備えをする事の大切さを教えています。もし、備えを怠っていたとしたら、例えば日中関係の突然の悪化等に遭遇した時、もろに影響を受けかねません。備えが有るか無いかが成功の分かれ道と言えます。

続きを読む
自分を磨き高める努力
【桃李もの言わず】とのことわざ 中国で失敗する人成功する人の違い

史記にある「桃李もの言わず、下自ずから蹊を成す」という言葉。多くを語らずとも徳のある人のもとには自然と人が集まる、という意です。例え、口下手であってもそんなことを苦にすることはない。自分を磨き高める努力を怠らなければ、成功することができる。

続きを読む
現地会社運営の急所
西遊記に【八仙過海】 個人主義でも最強チームを作ることができる…

「八仙過海」は西遊記にある言葉。同じ目的を達成するために、それぞれ腕を振るって競う、との意味です。会社組織も同じようなもので、たまたま仕事を共にする男性も女性も、中国人も日本人も、若い人も、そうでない人も、それぞれ受け持ち部門で本領を発揮し競い合うのです。

続きを読む
成否を分ける人材活用
【忠言耳に逆らう】というが 実はモノ言う人材の活用がモノを言う

「忠言耳に逆らう」とは韓非子の言葉。忠告の言葉は、聞く者にとっては耳が痛いから、素直に受け入れられにくいという。特に、部下社員の忠言や意見に耳を傾けることは少しばかり抵抗があります。しかし、自身の任務を全うするためには、モノ言う部下の存在がとても重要です。

続きを読む
自分を磨き高める努力
【一陽来復】とのことわざ 冬は必ず春となる 人生辛くとも頭を上げて

「一陽来復」とは易経にある言葉。冬が終わって春が来ることの意。転じて、悪いことが続いた後でようやく良い方向に向かうこと。辛い時、うまくいかないときにも腐らず、どんな時も地道に努力を続けることこそが大事。冬は必ず春となる。

続きを読む
中国現地に根差した運営
孫子は【兵は拙速なるを聞く】と 我慢ならないスピード感の無さ

「兵は拙速なるを聞く」とは、少々まずい作戦でもすばやく行動して勝利を得ることが大切である、との孫子の言葉。日本から派遣された総経理(社長)は、責任を取る覚悟を決めることが成功の第一歩。そして、日本式「巧遅」ではなく、中国では「拙速」を選択すべきです。

続きを読む
中国現地に根差した運営
漢書には【前車の覆るは、後車の戒め】と 何とかしたいバトンパスのロス

「前車の覆るは、後車の戒め」とは漢書にある言葉。先人の失敗は後人の教訓としなければならないとの意であるが、同時に、成功した先人からはそのやり方をまねるがよい、とも解される。総経理(社長)が交代するたびにリスタートするのではなく、会社としてのレガシーは引継ぎたいもの。

続きを読む
簡単ではないから面白い
【呉越同舟】 できちゃった婚のような日中合弁 どうして破綻を回避する?

「呉越同舟」とは孫子の言葉。仲が悪い者同士であっても、同じ困難に遭遇した時には互いに協力するとの意。できちゃった婚のような日中合弁であっても、協力して事業を進めたいのだが。お気楽・日本本社とわがまま・中国側パートナーの間に挟まれた総経理の重責。

続きを読む