中国現地に根差した運営
輝く中秋の名月は【但だ人の長久を願う】 ロマンチックだが地上では新着!!

「但愿人長久」とは、蘇武の詩「水調歌頭」の一節。遠く離れて暮らす家族や恋人を想う心がにじみ出ていて、浪漫の心が溢れています。そんなロマンチックな光景とは相反して、地上の社会ではなんと、どろどろとした現実が渦巻いているのでしょうか。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【破顔一笑】の裏に何かが隠れていると思え でも鷹揚さも必要

「破顔一笑」とは、顔をほころばせてにっこりと笑うこと。裏表のない笑顔であればよいのだが、交渉事の場面での笑顔には、注意を払いたいものだ。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【酒は天の美禄】 酒は同じでも美味い時もそうでないことも 心得るべきは

「酒は天の美禄」とは漢書にある言葉で、酒は天から与えられたすばらしい贈り物であるとの意。ならば、ビジネスシーンでのバイプレーヤーとしての酒をどう活用し、また相対するのがよいのであろうか。

続きを読む
中国現地に根差した運営
海千山千の管理者こそが【手に順いて羊を牽く】に対抗できる

「手に順いて羊を牽く」とは、事のついでに他人の物を持ち去ることを例えた言葉。そんな卑怯ともいえる仕業に対抗するには、海千山千の老獪さを身につけることだ。

続きを読む
中国現地に根差した運営
万策尽きた時にはさっさと【走為上】 撤退は恥ずかしくはない

「走為上」は、「三十六計逃げるに如かず」の語源となった言葉。何が何でも成功するぞという意気込みと、用意周到にして中国に進出。しかし、思惑通りに伸展せず万策尽きた時には、さっさと撤退するのも有り。

続きを読む
中国現地に根差した運営
びっくり【異想天開】の出来事 性悪説でないと成功は無理…

「異想天開」とは、奇想天外で、現実離れしていること。そんなことが、会社の中で起きるとは、管理者もびっくりする、とんでもない悪だくみが。そのようなことの防止には性悪説に立って物事を考えることが求められます。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【螳螂捕蝉,黄雀在后】前だけ見ていても勝てない リスクは背後から

「螳螂捕蝉,黄雀在后」とは、目の前の利益に夢中になって、後ろから近づく災いに気がつかないことを例えた言葉。事業や物事が好調に推移している時には、ややもすると前ばかり見る。しかし、実は、背後から禍が忍び寄って来ているかもしれないことに築かねばならない。

続きを読む
中国現地に根差した運営
一寸先は闇 だからこそ【後顧之憂】が無いように普段から

「後顧之憂」とは後日の心配をすること。人間は生身。いつ何時、病に襲われるかわかりません。中国においてそんなことになった時のために、事前の十分な備えによって大事に至らないようにしておくことが中国で成功する大きなポイントのひとつです。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【牽強付会】に負けてなるものか こじつけには毅然決然として臨む

「牽強付会」とは、自分の都合の良いように強引にこじつけること。交渉相手のこじつけに負けてしまえば、自陣の組織上に緩みが発生する。負けないぞという断固とした姿勢が健全な組織を作ることにもなる。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【長吁短嘆】 日本人は楽だよね とため息混じりに中国人 なんじゃそれ

「長吁短嘆」とは長嘆息すること。現地会社の総経理(社長)は、日本本社のスタンスにジレンマを感じため息をつく。中国事業を成功軌道に乗せるには日本と現地の双方が覚悟を決めることが必要なのだが。

続きを読む