中国現地に根差した運営
下手な冗談で周りが凍り付いた 【救経引足】 どうする?

「救経引足」とは、荀子にある言葉で、動機と結果が一致せず、目的を果たせないことの例え。よかれと思って発した言葉、行動… それが予想外の結果となって当惑することが少なくありません。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【狡兎三窟】 狡くても生き残った方が勝ち チャイナリスクへの備えを

「狡兎三窟」とは、賢いうさぎは三つの巣穴を持つとの意。転じて、狡賢い者は用心深く難を逃れるのが上手い。「狡」とは耳触りが良くないが、「賢」ととらえて備えたいものです。

続きを読む
中国現地に根差した運営
継続は力 【一日一銭、千日千銭】の努力が成功に繋がる

「一日一銭、千日千銭、縄木を鋸きて断ち、水石に滴りて穿つ」とは、わずかずつでも努力を続ければどんなことでもできることを例えた言葉。一発屋さんが多い中国にあっても、コツコツ努力を続けることで成功を勝ち取ることができる。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【見風使舵】は悪くない 蔑むこともない むしろ中国では必要な逞しさ

「見風使舵」とは、風向きを見ながら舵を取ること。情勢をうかがって態度を決めることの例え。日和見主義と言われようが、気にすることは無い。むしろ、その逞しさこそが成功へと導いてくれる。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【但だ人の長久を願う】天空に輝く中秋の名月 情緒が溢れるが地上では…

「但愿人長久」とは、蘇武の詩「水調歌頭」の一節。遠く離れて暮らす家族や恋人を想う心がにじみ出ていて、浪漫の心が溢れています。そんなロマンチックな光景とは相反して、地上の社会ではなんと、どろどろとした現実が渦巻いているのでしょうか。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【破顔一笑】の裏に何かが隠れていると思え でも鷹揚さも必要

「破顔一笑」とは、顔をほころばせてにっこりと笑うこと。裏表のない笑顔であればよいのだが、交渉事の場面での笑顔には、注意を払いたいものだ。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【酒は天の美禄】 酒は同じでも美味い時もそうでないことも 心得るべきは

「酒は天の美禄」とは漢書にある言葉で、酒は天から与えられたすばらしい贈り物であるとの意。ならば、ビジネスシーンでのバイプレーヤーとしての酒をどう活用し、また相対するのがよいのであろうか。

続きを読む
中国現地に根差した運営
海千山千の管理者こそが【順手牽羊】に対抗できる

「順手牽羊」とは、事のついでに他人の物を持ち去ることを例えた言葉。そんな卑怯ともいえる仕業に対抗するには、海千山千の老獪さを身につけることだ。

続きを読む
中国現地に根差した運営
万策尽きた時にはさっさと【走為上】 撤退は恥ずかしくはない

「走為上」は、「三十六計逃げるに如かず」の語源となった言葉。何が何でも成功するぞという意気込みと、用意周到にして中国に進出。しかし、思惑通りに伸展せず万策尽きた時には、さっさと撤退するのも有り。

続きを読む
中国現地に根差した運営
びっくり【異想天開】の出来事 性悪説でないと成功は無理…

「異想天開」とは、奇想天外で、現実離れしていること。そんなことが、会社の中で起きるとは、管理者もびっくりする、とんでもない悪だくみが。そのようなことの防止には性悪説に立って物事を考えることが求められます。

続きを読む