社員と向き合う心得
【抜苗助長】 一生懸命なのだが とんでもない悲劇はこうして起きた

「抜苗助長」とは、功を焦って誤った方法をとると必ず失敗することを例えた言葉。責任者たるものは。その意図するところを理解し、自分の言動が、組織全体の清濁を決めることになる事を知らなければならない。

続きを読む
社員と向き合う心得
【輔車相依る】互いに助け合い補い合う間柄であるはずなのに現実は…

「輔車 相依る」とは、互いに助け合い補い合う間柄であることの例え。隣国同士は、本来密接な関係で張るはずなのに、実際はそうでもありません。では、その中で、事業を発展させるにはどう考えるべきなのでしょうか。

続きを読む
社員と向き合う心得
【車山前に到りて必ず路あり】お引き取り願いたい困ったちゃん はてさて

「車山前に到りて必ず路あり」とは、民間伝承の言葉。縁故が絡んだ人事問題は悩ましいことではあるが、正論をもって対応すればよい。ただ一つ、相手や周囲の面子はつぶさないことである。

続きを読む
社員と向き合う心得
【下問を恥じず】に注意 下手をすると 隠された落し穴にはまるかも

「下問を恥じず」とは、目下の者に教えを乞うことは、恥ずかしいことだとこだわる必要はないとの意。しかし、中国現地会社の総経理(社長)が、部下に教えを乞うということは考えもの。取り返しのつかない罠にはまることの無いように…

続きを読む
社員と向き合う心得
我がまま小皇帝をどうにかして戦力化 【墨守成规】の幹部が問題

「墨守成規」とは、昔からのやり方に固執し、変わらないこと。会社経営層が墨守成規に陥っていたのでは、主戦力となくべく若手の支持が得られない。そのことを幹部がぼやく前に、余裕綽々で事に当たる策を講じるべき。

続きを読む
社員と向き合う心得
【朋有り遠方より来る】仕事休んで出迎え とにかく情の厚さには脱帽

「朋有り遠方より来る、亦楽しからずや」は論語にある、友が遠方から遣って来た時の喜びを表す言葉で、情の深さを表しています。実際に目の当たりにすると、それは半端なく舌を巻くほど。

続きを読む
社員と向き合う心得
【心を攻むるを上と為す】力で人は動かない ソフトパワーに磨きを

「心を攻むるを上と為す」とは三国志にある用兵に関する言葉であるが、現代においても会社マネジメントを行う上で重要なポイントである。ハードパワーではなく、ソフトパワーによる影響力を発揮すべきではないか。

続きを読む
社員と向き合う心得
【粉身砕骨】で頑張ると 帰属意識の薄い社員を当てにしてよいのか

「粉身砕骨」とは、ある目的のために、命を惜しまないこと。こんなことを部下から言われたら嬉しいに違いありません。手を握り「頼むぞ!」と手を握りたくもなります。しかし、人は利益のある方に動くということもまた道理です。

続きを読む
社員と向き合う心得
【唯唯諾諾】の組織に勝ち目は無い 【自覚自愿】に変貌せねば

「唯唯諾諾」何事にも「はいはい」と従うさまをいう韓非子の言葉。総経理(社長)という会社内で最も大きな権力を持った人には、下手に相対するよりも「長い物には巻かれろ」式が得策だと考える社員の多いこと。しかし、それでは会社の大きな発展は望めません。

続きを読む
社員と向き合う心得
【一敗地に塗れる】 論争して完膚無きまでの勝利を得るのは考えもの

「一敗地に塗れる」は史記にある言葉。中国語では「一败涂地」。一度の勝負で再起できないほどさんざんに負けること。負けられない論争であっても、常に相手のメンツをつぶさないような勝ち方をするのがよい。遺恨を残さない勝ち方を。

続きを読む