中国ライフ・街ブラに潜むヒント
【天壌之別】情の浅深は月と鼈 四方山 中秋の名月

「天壌(じょう)の別」とは、天と地のこと。天と地ほどの違い、差が大きいことの例え。言わば「月とスッポン」。情の浅深を考えるならば、人間としては情の深さに重きを置きたいものです。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
【人と与にするには備わらんことを求めず】 只々感服 それ よく考えたものだ

「人と与にするには備わらんことを求めず」とは、相手の人に「完全」を期待してはならない、という書経の言葉。そもそも自分だって完全な人間ではないのだから。人には寛容がよい。そして感恩の心も。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
毎日のナマコと生ローヤルゼリー 【医食同源】も悪くない

「薬食同源」とは、薬と食物は起源が同じで、双方の間には明確な境界線はない、との言葉。。日本で言われている「医食同源」の語源。中国にはそういった食べ物や料理が豊富です。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
【巧詐は拙誠に如かず】 偽タクシーにびっくり くそ真面目も困るが

「巧詐は拙誠に如かず」とは韓非子にある言葉。巧みに表面を取り繕うようなやり方(巧詐)は、拙くても誠実なやり方(拙誠)には及ばない、と。その線引きは簡単ではありませんが、部下を持つリーダーとしては、拙くても誠実なやり方をベースとしたいものです。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
上海は【飛竜雲に乗る】 満ち溢れる自信と誇り だがひとつだけ無いものが

「飛竜乗雲」とは、竜が雲に乗って空を行く、との意。。賢者や英雄、豪傑が才能や権力を発揮し、誇らしげな自信満々の様子を表した言葉。正に上海の街は誇りと自信が溢れている。しかし、残念なことに上海には無いものが…

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
【山を為ること九仞、功一簣に虧く】 激しい競争の中で人を癒すペット達

「山を為ること九仞、功一簣に虧く」とは、最後の一籠の土を積み上げるのを怠れば山は完成しない、との書経にある言葉。成功を目指す長い道のりを歩く、言わば伴走者がいると随分助けられる。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
【岐路亡羊】の過ちを防ぐヒント 大連の街でしか見えないものが有る

「岐路亡羊」とは、大きく複雑すぎて、進むべき方向がわからないことの例え。例えば、中国ビジネスをどのように展開するか、という課題に対して、上海や北京ではなく、以外にも大連の街で思いっ切り考えるのが妥当解を得やすい。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
【防人之心無きベからず】人を騙すな 人から騙されるな 脇を締めよ

「防人之心不可無」は、菜根譚にある言葉で、防衛する心が無くてはならないとの意。「性善説」をベースにすると、どうしても脇が甘くなり、その隙間につけ込まれ、失敗に繋がることが考えられます。もし、総経理(社長)がそうなれば、頼りない人だという周囲からの謗りは免れない。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
このゲテモノを食え とは言わぬが【装模作様】では勝てぬぞ

「装模作様」とは、格好をつけて、もったいぶること。現地にどっぷり浸かって仕事をするのですから、何事にも、もったいぶっていては、成功を手にするのは難しい。「そんなゲテモノ、食えるか!」と言ってたのでは、身も蓋も無い。

続きを読む
中国ライフ・街ブラに潜むヒント
清明節の焼紙銭 【哀哀たる父母】への尽きない感謝の思い

「孝は百行の首(はじめ)」とは、親孝行はあらゆる善行の中でその第一番目であるとの意。自分よりも年長者を重んじる中国社会にあって、自分の親に対する尊敬の念は特別です。苦労して自分を育ててくれた親の思いに感謝する気持ちが溢れていて感動します。

続きを読む