中国現地に根差した運営
【牽強付会】に負けてなるものか こじつけには毅然決然として臨む

「牽強付会」とは、自分の都合の良いように強引にこじつけること。交渉相手のこじつけに負けてしまえば、自陣の組織上に緩みが発生する。負けないぞという断固とした姿勢が健全な組織を作ることにもなる。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【長吁短嘆】 日本人は楽だよね とため息混じりに中国人 なんじゃそれ

「長吁短嘆」とは長嘆息すること。現地会社の総経理(社長)は、日本本社のスタンスにジレンマを感じため息をつく。中国事業を成功軌道に乗せるには日本と現地の双方が覚悟を決めることが必要なのだが。

続きを読む
中国現地に根差した運営
生真面目とは別の【深謀遠慮】 此処での成功には老練さが無いと

「深謀遠慮」とは、深く考えを巡らし、遠い先のことをも考えること。そこには、老練とか老獪さが連想され、言葉の響きも、胡散臭いものを感じます。しかし、アウエーでの戦いにおいては、綺麗ごとを言っていたのでは、勝利するなど不可能に近いのです。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【開門見山】は単刀直入 意思や考えを伝えるには曖昧では…

「開門見山」とは、回りくどくないことの例えで、単刀直入に話すこと。日本人同士なら曖昧な表現であっても大体の一致はできるのでしょうが、中国では残念ながらほぼ無理。むしろ、日本人はいつもはっきりとものを言わないと不興を買ってしまう。

続きを読む
中国現地に根差した運営
【尾生之信】では成功は覚束ない 中国では臨機応変で臨むのが良い

「尾生之信」は荘子の残した言葉。頑なに約束を守り通し融通がきかないこと。真面目過ぎることの例え。グレーゾーン幅の広い中国では、むしろ臨機応変が役に立つ。そして、その采配を振るうことができるのは、妥当解がわかる総経理(社長)だけ…

続きを読む
中国現地に根差した運営
列子は【愚公山を移す】と コツコツ努力の継続で蟻にも勝機が見える

「愚公山を移す」とは、どんなに困難なことであっても、努力を続ければ、やがては成就するという例え。中国でも、しばしば、一発屋を好むことがあるが、結局は、コツコツと努力を積み重ねることが勝利者となる。

続きを読む
中国現地に根差した運営
孫子は【兵は拙速なるを聞く】と 我慢ならないスピード感の無さ

「兵は拙速なるを聞く」とは、少々まずい作戦でもすばやく行動して勝利を得ることが大切である、との孫子の言葉。日本から派遣された総経理(社長)は、責任を取る覚悟を決めることが成功の第一歩。そして、日本式「巧遅」ではなく、中国では「拙速」を選択すべきです。

続きを読む
中国現地に根差した運営
漢書には【前車の覆るは、後車の戒め】と 何とかしたいバトンパスのロス

「前車の覆るは、後車の戒め」とは漢書にある言葉。先人の失敗は後人の教訓としなければならないとの意であるが、同時に、成功した先人からはそのやり方をまねるがよい、とも解される。総経理(社長)が交代するたびにリスタートするのではなく、会社としてのレガシーは引継ぎたいもの。

続きを読む
中国現地に根差した運営
老子は【不争の徳】と お隣さんなのに価値観が大きく異なるが…

「不争の徳」とは老子の言葉。争わないことこそが徳であり、徳のある人はむやみに人と争はない、と。相手の価値観の違いを指摘し争っても、何も解決しないし利益も無い。むしろ、違いを受け入れ、乗り越える努力を惜しまないことこそが求められる。

続きを読む