社員と向き合う心得
【心を攻むるを上と為す】力で人は動かない ソフトパワーに磨きを

「心を攻むるを上と為す」とは三国志にある用兵に関する言葉であるが、現代においても会社マネジメントを行う上で重要なポイントである。ハードパワーではなく、ソフトパワーによる影響力を発揮すべきではないか。

続きを読む
簡単ではないから面白い
【戮力同心】を実現したいが にわかにはできるはずがない

「戮力同心」とは、力を合わせて心をひとつにすること。会社の拡大発展には、社員の団結心を醸成しなければ、と誰もが思うこと。しかし、にわかには実現しないこともまた事実。

続きを読む
成否を分ける人材活用
【不懂装懂】の知ったかぶりが商機を取り逃がす 部下は信じるなとは

韓非子は「人主の患いは人を信じるに在り」という言葉を残しています。会社で言えばリーダーは部下を信じてはならないと。性悪説躍如としたこの言葉に少なからず抵抗感を持ちますが、実は中国では必須の考え方。なぜなら、社員の幸福、会社の発展がここに潜んでいるからです。

続きを読む
何事も出発点は自分にある
社員相手に【軽慮浅謀】の言動では自ら落し穴に堕ちるようなもの

「軽慮浅謀」とは、浅はかで軽々しい考えや計略のこと。会社のリーダーである立場の人が、社員に対してこんな対応をするということは、自らが落し穴にはまるようなもの。

続きを読む