【窮するもまた楽しみ】 中国・大連での仕事は体技だ 現地の庶民を手本にして

広場舞

労働公園のあちらこちらで踊り(広場舞)を楽しんでいます。(2017年5月)

大連の「勝利広場」や「労働公園」では、老百姓(庶民)が「窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ」とのことわざを実践している。慣れない中国で仕事で窮しても、庶民の逞しさを手本としたいもの。困難にへこたれていては、成功勝利は見えてこないのだから。

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

垂头丧气 / 頭(かしら)を垂れ気を喪(うしな)う

  • 中国語:垂头丧气   [ chuí tóu sàng qì ]
  • 日本語表記:垂頭喪気
  • 出典:送穷文
  • 意味:元気をなくしてしょげかえり、がっかりすること。気が滅入ること。

»記事へ

 

穷亦乐,通亦乐 / 窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ

  • 中国語:穷亦乐,通亦乐   [ qióng yì lè, tōng yì lè ]
  • 日本語表記:窮亦楽、通亦楽
  • 出典:荘子
  • 意味:「窮」とは逆境、「通」とは順境。「金持ち」と「貧乏」と理解してもよいと思います。昔の有道の人は、逆境にあろうと順境にあろうと人生を楽しんだ。楽しみというのは、逆境だから楽しめない、順境だから楽しめるというものではない、との意。

»記事へ

 

恍然大悟 / 恍然大悟(こうぜんだいご)

  • 中国語:恍然大悟   [ huǎng rán dà wù ]
  • 出典:景德传灯录
  • 意味:ちょっとしたことをひらめきから悟りを得ること。ふとした瞬間にはっと理解すること。

»記事へ

 

心急如焚 / 心 急ぐこと焚くが如し

  • 中国語:心急如焚   [ xīn jí rú fén ]
  • 出典:西厢记
  • 意味:火がついたように気が急く。矢も楯もたまらないこと。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

☛ 「自己を高める 中国のことわざ・格言」索引はこちら

 

記事:【窮するもまた楽しみ】 中国・大連での仕事は体技だ 現地の庶民を手本にして

▮体技でへとへと

 中国現地での仕事はさながら体技。自室を一歩外に出ると一日中続く中国語のシャワー。毎日のように遭遇する「何これ!」という驚きの出来事。あっという間に一日が終わり、部屋に戻るころには「垂頭喪垂れ気を喪う」の状態に。「俺は総経理だぞ!」と強がっても、習慣や制度の違いが、容赦なく波状攻撃を仕掛けてくる。金曜日の夕刻、一週間の体技終了のゴングが鳴る頃には、もうへとへと。

 そしてようやく土曜日。部屋でゆっくり休養し疲れを和らげることがやっとできる。23階にある自室のソファーに座り、目を窓越しに外に向けると、そこは灰色の街。都会である大連市の真ん中とはいえ、緑は無く景色はくすんでいる。それに絶えることのない街の騒音。

 

▮矢も楯も

 これでは体技の疲れどころか、気分も晴れそうにはありません。滅入りそうになり「心急如焚」、矢も楯もたまらず外に出ることに。道路にはタクシーや自家用などのたくさんの車のクラクションや自転車、バイク、行き来する人々で溢れかえっている。目の前の喧騒は中国そのもの。

 昨今の車の急増に整備が追い付かないのか、駐車場化した歩道の端っこでは、おばちゃんが地べたに座り込んで季節の果物を売っています。「要不要?」(要りませんか?)とぶっきらぼうに聞いてきます。

 道路の向う側では、若いカップルが大声で口げんかをしています。何が原因か知る由もありませんが、何もこんな道の真ん中で喧嘩しなくても、と思うのですが…。

 

▮庶民の匂い

 地べたを歩くと、はたと気がつきました。23階の窓からは無機質な灰色にしか見えませんでしたが、実際には色濃い生活感が伝わって来るのです。「恍然大悟」とはこのことか。いわば「目からうろこ」。実は中国庶民の人間臭さが充満していることに気がつきます。

 地下街へ通じる階段を下りると、そこは「勝利広場」といういい響きの名を冠した巨大地下街です。「勝利広場」は、おしゃれなショップが並んでいるという地下街ではありません。小さな無数のお店がひしめき合っている「老百姓(庶民)」の地下街なのです。

 そこそこの面積を占有している店もあれば、壁にへばりついたような陳列だけで、店の人も通路にいるような店もあり、とにかく雑多です。

 まるで迷路のような大きく複雑な「勝利広場」ですが、何年も通っていると知り合いの店も増え、通路を歩くと「你好(にーはお)」と中国語で声がかかります。

 

▮窮するもまた楽し

 「勝利広場」を経て再び地上に出るとそこは「青泥蛙桥」の商業街。大連随一の商業エリアです。更に南に進むと「労働公園」と命名された大きく立派な公園があります。

 早朝からずっと現地の高齢の方々が、太極拳やジョギング、ダンスなど思い思いの運動をしている庶民の憩いの場。公園内のハス池の畔では、自分の子供や孫の結婚相手探しのために、釣書のようなものを木の幹に掲示している「婚活コーナー」もあります。中国には人はいっぱいいるのになかなか適当な相手が見つからず、親がやきもきしているのでしょうね。

 それにしてもその公開釣書には、「うちの娘はとても美人で頭がよくて…」などと書いてあります。よくもまあ恥ずかしげもなく…と思いますが、このあたりにも自己主張の強さが表れていると言えるかもしれません。でも、いずこの国でも子を想う親の心は同じということでしょうね。

 外の喧騒とは対照的に、この公園に来ると、ゆっくりと流れる時間の中で、それぞれが自分の境遇に納得しながら、人生を楽しんで生きている姿がみて取れます。皆さんの懐具合はわかりませんが、荘子が残した「窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ」と、懸命に、そして楽しく生きる中国庶民が頼もしく見えます。

 大連の街のあちらこちらで感じられる庶民の人間臭さは、中国現地の会社を大きくするために頭をすり減らす体技の疲れを癒してくれるのです。そして、仕事で窮しても、くじけずに頭を上げて取り組みたいもの。地べたにこそ仕事に勝利する手本があるのです。庶民の逞しさを手本とすべきです。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!