史記には【肝胆相照】と 中国現地で仕事を加速・深化させる真の…

大連・労働公園のふじ棚(2019年5月)

本音で付き合える現地の友人を是非とも持ちたいものです。自分の仕事の幅や奥行きを深めてくれるからです。充実した駐在員生活を実現するとともに、仕事の成功にも直結します。そこで、大事なことは、友を探し求めることではなく…

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮今回のことわざ(五十音順)

无友不如己者 / 己に如かざる者を友とする無かれ

  • 中国語:无友不如己者   [ wú yǒu bù rú jǐ zhě ]
  • 出典:論語(学而第一)
  • 意味:自分とレベルが合わない者を友としてはならない。

»記事へ

 

肝胆相照 / 肝胆相照らす(かんたんあいてらす)

  • 中国語:肝胆相照   [ gān dǎn xiāng zhào ]
  • 出典:史記(淮阴侯列传)
  • 意味:互いに心底から打ち明けて親しく付き合うこと。

»記事へ

 

江心补漏 / 江心補漏

  • 中国語:江心补漏   [ jiāng xīn bǔ lòu ]
  • 出典:救风尘
  • 意味:川の中ほどまで渡ってから舟の水漏れを補修する。取り返しがつかなくなってから対策を講じることの例え。泥棒を捕らえてから縄をなう。

»記事へ

 

充耳不闻 /  充耳不聞

  • 中国語:充耳不闻   [ chōng ěr bù wén ]
  • 出典:詩経(邶风·旄丘)
  • 意味:耳をふさぎ人の意見を聞かない。耳を貸そうとしないこと。

»記事へ

 

情投意合 / 情投意合

  • 中国語:情投意合   [ qíng tóu yì hé ]
  • 出典:西遊記
  • 意味:意気投合する。すっかり気が合うこと。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

☛ 「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:史記には【肝胆相照】と 中国現地で仕事を加速・深化させる真の…

▮ちっぽけな現法

 「最もあてにならないのは本社だ」と嘆く、とある現地会社の総経理(社長)。彼は、自身が担当する現地会社において逼迫するリーダー格の社員を育成するため、マネジメント研修等の実施を本社に要請。しかし、本社は関心が無いのか、「充耳不聞」。まるで聞く耳を持たずの状態。

 本社にしてみれば、海外子会社の業績が本社全体の業績に与える影響は極めて軽微。そんなちっぽけな海外現地会社のことを腐心するより、日本国内のことを考えた方が得策であり、また優先すべきでもある。というくらいの事なのかもしれません…

 

▮現法が逼迫している

 現地会社では、急拡大するマーケットと会社規模の拡大に応じて、一般社員やリーダークラスの人材需要も急増しているのだ。

 仕事上の専門的な技術や知識は社内のベテラン社員達がいるので、彼らを先生役にして社内教育は何とかなります。しかし、リーダー格の社員に必要なリーダーシップや小集団マネジメントに関する教育は、簡単ではありません。

 総経理といえどもその分野における教育を施した経験も無く、いわば素人。そこで、本社専門家の登場を願ったわけだが、梨の礫状態。

 そもそも、必要人材が枯渇してから、さあどうしようと言っても間に合うわけがない。中国には「江心補漏」ということわざがある。大きな川の中ほどまで渡ったところで舟の水漏れの修理をするようなものだ、ということ。それでは間に合うわけはないのだから、人材は常日頃から育成努力を続けておかねばならないということ。

 

▮胸襟を開く

 本社は手を出そうとしない、現地会社にはノウハウが無い。であれば、あとは外部の専門家に社員研修を委託することを考えねば。但し、人材教育が専門だとは言え、それぞれの企業によって業務内容や理念が異なるのであるから、それらに沿ったカリキュラムを検討しなければなりません。

 そこで、外部専門家と胸襟を開いて話し込みを行うことに。それを繰り返す過程で最良のカリキュラムが出来上がり、同時に両者の人となりが互いに理解される。

 社員教育を委託する側と受託する側が「情投意合」。見事に意気投合し、まるで社内の研修部のようになるのです。

 

▮現地の友人

 海外で勤務する日本人は、ややもすると同じエリヤで駐在している日本人同士がコミュニティーを作り勝ち。それが悪いということではないが、それだけでは自身の仕事に対する広がりは限られたものになってします。

 つまり、現地の人を友人に持つことは、自分にとっても大きな強みになることは間違いありません。史記には「肝胆相照」という言葉があります。「肝胆相照らす」ような現地の友人を持つべきだと言いたい。

 

▮自身を高める

 ただ、本音で付き合える現地の友人はそう簡単にできるものではありません。多くの人との交わりの中から、焦らずに見出すことが求められます。

 その際に、ひとつの基準になるのは、「無友不如己者」という論語にある言葉。「己に如かざる者を友とする無かれ」とは、自分とレベルが合わない人や、明らかに自分よりも劣る人を友としてはいけない、と。

 忘れてはならないのは、相手方も同じ基準で見ているはず。ですから、そういった人を見出そうとするのであれば、自身の人間性を更に磨く努力が不可欠です。翻っていえば、自分を高めるための不断の努力は、それ自体が魅力となり、「肝胆相照らす」友人の出現に繋がります。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!