漢書に【大驚失色】 久しぶりの中国・大連で遭遇した驚きの光景 ほんまかいな…

大連・中山広場の周回道路(2016年10月)

06:08:57

長く駐在した中国・大連。久しぶりに訪れると、そこにはびっくりするような変化が。他方では一向に変わらない状況に溜息が出そうに。あれこれギュッと詰まっているのが第二の故郷。そして、その中で最も感動するのは…

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮今回のことわざ(五十音順)

 

依然故态 / 依然故態

  • 中国語:依然故态   [ yī rán gù tài ]
  • 出典:宋·刘克庄(后村全集)
  • 意味:人の考え方や生活のやり方が何も変わっていないこと。旧態依然。

»記事へ

 

客鸟思故林 / 客鳥 故林を思う

  • 中国語:客鸟思故林   [ kè niǎo sī gù lín ]
  • 原文:人情怀旧乡,客鸟思故林=人情 旧郷を懐(おも)い、客鳥 故林(こりん)を思う。
  • 日本語表記:人情懐旧郷、客鳥思故林
  • 出典:晋 王赞 (杂诗)
  • 意味:人の情として故郷を懐かしむ。巣を離れた鳥が元居た林を思う。

»記事へ

 

金石之交 / 金石の交わり

  • 中国語:金石之交   [ jīn shí zhī jiāo ]
  • 出典:漢書(淮阴侯传)
  • 意味:どれだけの時間がたっても変わることの無い、固い友情のこと。「金石」は非常に硬いということから、永遠に変わらないものの象徴。

»記事へ

 

大惊失色 / 大驚失色(たいきょうしっしょく)

  • 中国語:大惊失色   [ dà jīng shī sè ]
  • 出典:漢書(霍光传)
  • 意味:びっくり仰天し、顔色を失うこと。驚愕すること。

»記事へ

 

有朋自远方来、亦乐乎 / 朋あり遠方より来る、亦(また)楽しからずや

  • 中国語:有朋自远方来、亦乐乎   [ yǒu péng zì yuan fāng lái, yì lè hū ]
  • 出典:論語(学而)
  • 意味:同じ思いをなす友が遠方からやって来た。なんと楽しいことか。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

☛ 「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:漢書に【大驚失色】 久しぶりの中国・大連で遭遇した驚きの光景 ほんまかいな…

▮アッと驚く

 時は2017年11月。第二の故郷である大連で久しぶりの街歩き。多くの車や人が行きかう大通り。賑やかさは相変わらず。信号機のない横断歩道を渡ろうと、一歩二歩進みかけたところで、走ってきた車が、止まった! ええ~っ! しかも、運転手は、先にどうぞとばかりに手で合図をしているではないか。

 十年以上の長い間、暮らしていた大連では一度も見かけなかった光景が目の前にあったのですから、その驚きと言ったら「大驚失色」。少々大袈裟かもしれないが、少なくとも「アッと驚く為五郎」でした。

 以前は、行きかう車の間をすり抜けて、幅の広い道路を渡るテクニックに、生活感を感じたものです。横断歩道は「車が来ないときに渡る場所」という感覚。横断する人を見かけて止まる車は皆無でした。自家用車やタクシーはもちろん、路線バス、警察車両ですら止まってはくれませんでした。

 テレビでは「交通ルールを守りましょう」と公共広告が流され、法律上でも歩行者優先がうたわれていましたが、現実は大人が小さな子供の手を引いて乱横断するのが普通の社会。

 

▮第二の故郷で

 中国に「客鳥思故林」ということわざがあります。慣れ親しんだ「第二の故郷」へ、ノスタルジックな思いをもって訪れたのですが、目の前の出来事に我に返った思いがしました。

 近年海外旅行をする庶民が増加したことや、比較的容易に海外の情報を得られるようになったことなどが背景にあるのでしょうか。或いは生活に余裕が出てきたのか、測りかねますが横断する歩行者に譲る運転手さんが出現したことは、隔世の感がする驚きの出来事です。

 道路を渡って商業ゾーンを外れ庶民の生活エリヤに入ると、そこではペットの子犬を連れて散歩する人々の姿が、以前とは比べものにならないほど多く見かけるようになりました。それもシーズやプードルのような可愛い子犬ばかり。散歩している多くは中年から高齢の人達です。子供たちが独立し、苦労して買ったマンションでの夫婦二人暮らし。そんな日々にペットの子犬を可愛がる生活ぶりが見て取れます。

 

▮変わらないことも

 しかし、よく見ると、子犬の散歩をしている人のほとんどが手ぶら。ということは、犬が用を足した後の始末はほったらかし…

 また、リードが使われていません。いくら自分では可愛く思っても、通りを歩く人の中には犬が苦手に人もいるはずなのに…

 決して安くはない子犬を買い放し飼いで散歩させることで、「プチお金持ち」だとのアピールをしたいのかもしれません。

 横断歩道で車が止まるなど、街中で意外にも大きな変化を発見した一方で、「依然故態」と何も変わらないことも。

 街中にあふれる車のマナーもそのひとつ。市中心部のひとつ裏通りに入ると、歩道は車の駐車場と化していて歩くことができません。中には歩道上に堂々と駐車用の白線を書いて車の整理(?)をしているケースも。そんな状態は以前とはちっとも変っていないようです。

歩道上も車に占拠されています(大連 2015年9月)

▮永遠に変わらない

 久しぶりに第二の故郷と自認する大連を訪問。約12年にわたって現地会社の運営に全力投球。共に市場開拓に奮闘した仲間たちも、少々年を取ったこと以外は何も変わっていませんでした。

 「朋あり遠方より来る、亦(また)楽しからずや」とは論語の言葉。迎えた方も、迎えられた方も関係なく、再会を喜び合える。会った途端に当時の苦しかったこと、楽しかった出来事が蘇ってきます。中国の膨大なマーケットで共に戦ったいわば戦友同士。同時に生涯の友でもあります。

 漢書の「金石の交わり」ということわざのとおり、固い友情は時がたっても何ら変わってはいませんでした。そしてまた永遠に変わることはありません。大きな感動を与えてくれたのです。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!