中国のことわざ【躬自厚而薄責於人】 それでも我慢? 日本のスピード感の無さ

大連・労働公園内のふじ棚(2019年5月)

現地合弁会社にあって即決が常の中国側に対し、如何ともしがたいと思われる日本側のスピード感の無さ。こればかりは、サラリーマン一人ではどうなるものではありません。しかし、現地会社の責任者である総経理として、溜息ばかりついてはいられない…

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮今回のことわざ(五十音順)

 

越俎代庖 / 越俎代庖(えっそだいほう)

  • 中国語:越俎代庖   [ yuè zǔ dài páo ]
  • 出典:庄子(逍遥游)
  • 意味:「俎」はまな板。「庖」は料理、或いは料理人のこと。祭りの際に料理人をさしおいて他の人が料理を作る、との故事から転じて、出しゃばること、または越権行為の例え。

»記事へ

 

急功近利 /  急功近利(きゅうこうきんり)

  • 中国語:急功近利   [ jí gōng jìn lì ]
  • 出典:春秋繁露(卷九)
  • 意味:急ぎ成功を求めるあまり、目先の利益を貪りつくこと。

»記事へ

 

睁一只眼,闭一只眼 / 睜(せい)一隻(せき)眼、閉一隻眼

  • 中国語:睁一只眼,闭一只眼   [ zhēng yī zhī yǎn, bì yī zhī yǎn ]
  • 出典:兰陵笑笑生(金瓶梅词话)
  • 意味:片目を開き,もう一方の片目は閉じること。物事を厳格にではなく適当にやる。大目に見る。見て見ぬふりをする、などの意。

»記事へ

 

长吁短叹 / 長吁短嘆(ちょうくたんたん)

  • 中国語:长吁短叹   [ cháng xū duǎn tàn ]
  • 出典:乐府群珠
  • 意味:長嘆息、ため息ばかりつくことを形容した言葉。

»記事

 

躬自厚而薄责于人 / 躬(み) 自ら厚くして 薄く人を責むる

  • 中国語:躬自厚而薄责于人   [ gōng zì hòu ér bó zé yú rén ]
  • 日本語表記:躬自厚而薄責於人
  • 出典:論語(卫灵公)
  • 原文:躬自厚而薄责于人,则远怨矣(躬 自ら厚くして、薄く人を責むれば、則ち怨みに遠ざかる)
  • 意味:自分は厳しく躬をかがめ反省し、他人には寛容に臨む。目くじらを立てて人をとがめない。そうすれば、他人の怨みを買うことも少なくなる。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

☛ 「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:【躬自厚而薄責於人】 それでも我慢? 日本のスピード感の無さ

▮こうも違う…

 中国での事業展開について、日本側と中国側の双方の出資者間で繰り返される話し合い。懸案が示される度、中国側はその場で「即決」。一方、日本側は「本社に伺いを立てて検討の上、改めて回答する」と。

 その時、中国側の出資者は「長吁短嘆」、「またか…」と言わんばかりで、半ば諦めにも見える表情。舌打ちのひとつもしたくなる。

 共同してひとつの事業を行うにもかかわらず、双方のスピード感がまるで違う。パートナーもイラつく日本側の遅さは、如何ともしがたい。

 

▮相手の見方の違い

 あらゆる可能性を想定し、事前に対策を講じておくことが日本側のやり方。細かな準備をしておかないと、事が起きたときに担当者は上司から叱責され、もちろん自分の評価にも影響する。加えて、責任を取りたくないせいか、物事の決定を上司に委ね、その上司は更に上司に委ねる。結果として中国側が待ちきれないほどの時間を費やすことになります。

 待ちかねる中国側のパートナーが立つ様子を見て、ある日本側担当者は「急功近利」に見えるという。

 それは、あながち間違いであるとは言えません。しかし、むしろ、その考え方が中国のスタンダードであると見た方が妥当。つまり、日中のいずれもが、自分のスタンダードに立って、相手方を見たらこうなるということ。

 残念なことは、日本側の決定を待っている間に、世間の状況はどんどん変化し、場合によっては、大事なタイミングを外し、商機を逃すことにもなりかねないことです。

 

▮鷹揚な構えで

 言わずもがなのことを言うと、日本側が事業展開しようとしているのは「即決主義」をスタンダードとする地です。日本にとっては完全アウエー。そこで「現地流」を否定していては何も進まない。

 そこで、学ぶべきは「睜一隻眼、閉一隻眼」という言葉。意識して、片方の眼は開けて、もう一方の眼は閉じる。つまり、物事を大目に見ようという言葉です。

 目くじらを立てて、相手の考え方をなじっていても、事業進展は望めません。そもそも事業展開を共同でやろうとする相手と仲たがいしていては話になりません。中国大陸で折角のビジネス展開のチャンス。少しは鷹揚に構えたいものです。

 

▮できるか独断専行

 また、中国側の出資者が早期の利益獲得を望むことも理解すべきです。つまり、相手側を思いやることも必要です。「躬(み) 自ら厚くして 薄く人を責むる」とは論語にある格言。自分は厳しく躬をかがめ、他人には寛容に臨むのが、怨みを買うことも少なると。双方が互いに相手を理解し思いやることは、ひとつの事業を成功させるための大きな条件ではないでしょうか。

 それにしても、如何ともしがたい日本側のスピード感の無さ。こればかりは、サラリーマン一人ではどうなるものではありません。

 もし、できるとすれば、事業のコア部分は別として、現場の運営施策などの分野です。現地責任者として双方の出資者に対する責任をもって、自分の好きなように采配を振るう。言わば「越俎代庖」。独断専行と言われそうですが、担当する現地会社の業績を、誰にも負けないほどに上げておけば、叱責されることは免れるでありましょう。これが、日本の遅さを現地責任者としてカバーできる精一杯の方法です。

☛ 「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!