【昂首望天】とのことわざ 面子、そんなに大事か 体面を気にする…

堂々たる重厚感 大連賓館(2015年9月)

自分は面子など気にしない、と思っても、相手はそうは思っていません。「相手のメンツを大事にする」ことが、中国で成功するための重大事のひとつということであり、結局、自分のためでもあるのです。

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮ 今回のことわざ

 

昂首望天 / 昂首望天(こうしゅぼうてん)

  • 中国語:昂首望天   [ áng shǒu wàng tiān ]
  • 出典:王大痴像赞
  • 意味:頭を上げて天を望む。傲慢不遜な態度で眼中に人なし、ということの例え。

»記事へ

 

困兽犹斗 / 困獣猶鬥(こんじゅうようとう)

  • 中国語:困兽犹斗   [ kùn shòu yóu dòu ]
  • 出典:佐傳(宣公十二年)
  • 意味:獣が追い詰められても抵抗すること。悪あがきする。

»記事へ

 

待理不理 / 待理不理

  • 中国語:待理不理   [ dài lǐ bù lǐ ]
  • 出典:紅楼夢
  • 意味:接する態度が不愛想であること。冷淡であること。相手にするようなしないようなふりをする,まともに取り合わない,いい加減にあしらう.

»記事へ

 

吊死鬼擦粉,死要面子 / 吊死の鬼も粉を擦る

  • 中国語:吊死鬼擦粉,死要面子   [ diào sǐ guǐ cā fěn, sǐ yào miàn zi ]
  • 意味:首を吊って死んだ亡霊が白粉を擦る。(その心は)死んでからも面子が要るのだ。

※ 前句でなぞをかけ、後句でなぞ解きをする、歇後語(しゃれ言葉)。

»記事へ

 

人有脸,树有皮  / 人に臉有り、樹に皮有り

  • 中国語:人有脸,树有皮   [ rén yǒu liǎn, shù yǒu pí ]
  • 日本語表記:人有臉、樹有皮
  • 出典:金瓶梅
  • 意味:樹に樹皮があるのが当然のように人には体面がある。「脸」は顔、体面、メンツのこと。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:【昂首望天】 面子、そんなに大事か 体面を気にする…

▮待理不理

 中国・大連のある日系企業の開業式のちょっとした出来事。その企業の取引先の会社の総経理(社長)は駐在して間もない新米総経理。自社の社員が運転する車で開業式に出席するために訪問しました。ゲート前に到着すると、守衛さんから何故か駐車場の隅っこに駐車するように指示されました。その守衛さんの態度たるや「待理不理」、不愛想で冷淡そのもの。

 実は、乗っていた車は白い小型車。開業式への他の参加者は皆が黒塗りの大きな車です。どうも、その守衛さんは白い小型車なんかに総経理が乗っているわけがない、と思ったようです。

 その白い小型車は、前任の総経理が、燃費がよく維持費も安いという理由で購入し社有車として使っていた車であったのです。おさまらないのは白い車の運転手。小型であっても総経理専用車、その運転手として面子をつぶされた、とカンカン。

 

▮人有脸,树有皮

 今でこそ大連でも地下鉄が走り通勤や移動には重宝されていますが、開通以前は公共バスが主な移動手段。更に経済発展に伴いマイカーが激増し、交通インフラの整備が追い付かず、市街地での自動車運転マナーはあったものではありませんでした。そのような混乱の中で外国人が自分で車を運転するのは自殺行為にも等しい。そこで、社内ルールとして日本からの赴任者については運転禁止となりました。運転手付きの車を使うことは決して贅沢ではなく、実は面倒な交通事故を起こさない自衛策であったのです。

 「面子をつぶされた」件の運転手があまりにもぼやくもので、周りを見てみたらなるほど、どの会社も黒塗りの、しかもそれなりのグレードの車ばかり。

 中国の古いことわざに「人有脸,树有皮」と。木には樹皮があるのと同様に人には顔がある。「顔」とは体面であり、面子を指し、当たり前のこと、という認識。小型車は丈夫で維持費も安いという観点とは全く違う価値観です。

 

▮吊死の鬼も粉を擦る

 維持費が少なくてすむ車であればどんな車でもいいじゃないか、と思うのは一面だけしか見ていないのです。会社を代表する人が使用するのに適当な車でない場合は、会社自体が見下げられかねません。社員達も、総経理が貧相な車より立派な車を使っている方が、いい会社に勤めているという気持ちが強くなり、胸を張ることができるとも言えます。

 中国人社員たちの価値観は日本人のそれとは少し異なるのです。中国の長い歴史の中で培ってきた、中国人の面子へのこだわりは相当なものです。巷間言われる「吊死の鬼も粉を擦る」との謎かけ。何しろ、亡霊ですら面子を求めるというのですから。

 

▮困獣猶鬥

 ですから、突然やってきた外国人総経理が彼らの面子を軽視したり、無視したのでは会社運営が良い方向に向かうはずはありません。ましてや、「昂首望天」と言われる、傲慢不遜な態度で部下社員に接するようなことでは、支持が得られません。

 例えミスを犯した社員を叱責するときであっても、その社員の面子をつぶしてしまうような対応をしてしまうと、彼は牙をむきかねません。

 「困獣猶鬥」という言葉にあるように、手負いの獣にしてはならないのです。最悪の場合は周囲のすべてを敵に回すことになり、総経理が孤立してしまいます。

 自分は面子など必要ないと思っても、相手はそうは思っていません。中国で成功するための重大事のひとつが「相手のメンツを大事にする」ということです。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!