満開のアカシア(大連労働公園)

 会社は社員という個人から成り立っています。また、会社の継続発展とその度合いは、組織力の高低により決まります。そうであるならば人材を発掘し育成することと、組織を充実させることが求められます。その大仕事を牽引するのが総経理(社長)。

 だからこそ総経理はリーダーとして、自らの邪心を抑え自律することが不可欠だといえます。明代の王陽明曰く、「山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し」と。最も手強い敵は自分自身。少し時間をおけばそれらの成否は如実に現れます。だから面白いし怖くもあります。豊かな人間性と品性を備えるため、日々の努力はリーダーには欠かせません。

 

[豊かな人間性と品性]

 icon-arrow-right  注目のことわざ :
共に飲む長江の水
天道は親無し
災いを幸いとし禍を楽しむ引用記事はこちら[2019-08-11]

あ行

[豊かな人間性と品性 -  あ行  のリスト]

衣食足れば栄辱を知る 101
一日和尚、一日鐘をつく(腰掛仕事) 102
一格に拘らず 103
一寸を得、一尺を進まんとす(得寸进尺) 104
愈いよ上れば則ち愈いよ聾瞽(ろうこ)なり 105
益者三友(えきしゃさんゆう) 106
行いて得ざるものあらば、みな反(かえ)りてこれを己に求む 107
己の欲せざる所は人に施すなかれ 108
己を枉(ま)ぐる者にして未だ能く人を直くする者はあらず 109

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明  あ行  ]

衣食足れば栄辱を知る

▶中国語:衣食足而知荣辱   [ yī shí zú ér zhī róng rǔ ]
▶出典:管子(牧民)
▶原文:仓廪实而知礼节,衣食足而知荣辱(倉廩実つれば礼節を知り、衣食足れば栄辱を知る)
▶意味:米蔵がいっぱいになれば、はじめて礼儀や節度わきまえるようになり、衣食の心配がなくなってはじめて名誉を重んじ恥を知るようになる。
▶「衣食足而知荣辱 (衣食足れば栄辱を知る)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

一日和尚、一日鐘をつく(腰掛仕事)

▶中国語:做一天和尚撞一天钟   [ zuò yī tiān hé shàng zhuàng yī tiān zhōng ]
▶日本語表記:做一天和尚撞一天鍾
▶出典:清·李宝嘉《文明小史》
▶意味:1日お坊さんをすればその1日だけ鐘を突く。何とはなしに毎日を過ごす。責任感がない。(これでは周囲からのリスペクトは得られません)
▶ 「做一天和尚撞一天钟(腰掛仕事)」を引用した解説記事はこちら。

» Index


 

一格に拘らず

▶中国語:不拘一格   [ bù jū yī gé ]
▶出典:龚自珍(己亥杂诗)
▶意味:決まった形式にこだわらない、との意。格局とは構造、仕組みなどのこと。
▶原文:我劝天公重抖擞,不拘一格降人才。(我天公に勧む、重ねて抖擻して、一格に拘わらず、人材を降せと。意味は「私は天子様にお願いしたい。 すべての利害を払いのけて身分などにはこだわらず、有為の人材を登用するべきだと」
▶「不拘一格 (一格に拘らず)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

一寸を得、一尺を進まんとす

▶中国語:得寸进尺   [ dé cùn jìn chǐ ]
▶日本語表記:得寸進尺
▶出典:老子(道德经)
▶意味:一寸進んだら次は一尺進もうとする。欲望が止まるところを知らないことの例え。
▶「得寸进尺 (一寸を得、一尺を進まんとす)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

愈いよ上れば則ち愈いよ聾瞽(ろうこ)なり

▶中国語:愈上则愈聋瞽   [ yù shàng zé yù lóng gǔ ]
▶日本語表記:愈上則愈聾瞽
▶出典:呻吟語
▶意味:地位が高くなれば耳が聞こえなくなり眼が見えなくなる。組織が大きくなれば現場の声はトップに届きにくくなる。
▶「愈上则愈聋瞽(愈いよ上れば則ち愈いよ聾瞽(ろうこ)なり)」を引用した解説記事はこちら。

» Index


 

益者三友(えきしゃさんゆう)

▶中国語:益者三友   [ yì zhě sān yǒu ]
▶出典:論語
▶原文:益者三友、损者三友
▶意味:付き合ってためになる友人は、正直な人、誠実な人、見聞の広い人の三種類。続けてためにならない人は、その場限りのことを言う人、誠実さがない愛想だけの人、口のうまい人だと言っています。
▶「益者三友」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

行いて得ざるものあらば、みな反(かえ)りてこれを己に求む

▶中国語:行有不得反求诸己   [ xíng yǒu bù dé fǎn qiú zhū jǐ ]
▶日本語表記:行有不得反求諸己
▶出典:孟子(离娄上)
▶意味:物事がうまくいかなかったり、挫折や困難に遭遇した時は、その原因が自分にあると反省するのがよいとの意。
▶「行有不得反求诸己 (行いて得ざるものあらば、みな反りてこれを己に求む)」を引用した解説記事はこちら。

» Index


 

己の欲せざる所は人に施すなかれ

▶中国語:已所不欲、勿施于人   [ yǐ suǒ bù yù, wù shī yú rén ]
▶出典:論語
▶意味:人からされたくないことは、自分の方からも人にしない。他人の心をもって自分の心とするのが良い、との意。
▶ 「己所不欲、勿施于人(己の欲せざる所は人に施すなかれ)」を引用した解説記事はこちら。

» Index


 

己を枉ぐる者にして未だ能く人を直くする者はあらず

▶中国語:枉己者,未有能直人者也   [ wǎng jǐ zhě, wèi yǒu néng zhí rén zhě yě ]
▶出典:孟子(滕文公章句下)
▶日本語読み:己を枉(ま)ぐる者にして未だ能く人を直(なお)くする者はあらず
▶意味:自分の持っている原則を曲げて相手に迎合する人に立派な指導者はいないとの意。妥協することも時には必要だが、譲れない一線は断固として守りとおす心構えが必要である。
▶「枉己者,未有能直人者也 (己を枉ぐる者にして未だ能く…)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 

か行

[豊かな人間性と品性 -  か行  のリスト]

顔 厚く恥無し(厚顔無恥) 201
渇しても盗泉の水を飲まず 202
螳螂(カマキリ)、蝉を窺い、黄雀、後に在り 203
寛にして畏れられ、厳にして愛せられる 204
鞠躬(きくきゅう)尽力、死して後已まん 205
君と遠く相知らば、雲海の深きを道(い)わず 206
九頭の牛と二頭の虎の力 207
虛懷 谷の若し 217
孤掌、鳴らし難し(くしょう、ならしがたし) 208
国の宝は徳に在りて険に在らず 209
位無きを患えず、立つ所以(ゆえん)を患う 210
言行は君子の枢機なり 211
黔驢之技(けんろのぎ) 212
功遂げて身退く 213
志 立たざるは舵無きの舟の如し 216
事予めすれば則ち立ち、予めせざれば則ち廃す 214
五指の更弾(こもごもう)つは拳手(けんしゅ)の一挃(いっちつ)に若(し)かず、万人の更進(こもごもすす)むは、百人の倶(とも)に至るに如かざるなり 215

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明  か行  ]

顔 厚く恥無し(厚顔無恥)

▶中国語:厚颜无耻   [ hòu yán wú chǐ ]
▶日本語表記:厚顔無耻
▶出典:南朝·齐·孔稚珪(北山移文)
▶意味:面の皮が厚く羞恥心がないこと。厚顔無恥。盗人猛々しい。
▶「厚颜无耻 (顔 厚く恥無し=厚顔無恥)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


渇しても盗泉の水を飲まず

▶中国語:渴不饮盗泉水   [ kě bù yǐn dào quán shuǐ ]
▶原文:渴不饮盗泉水,热不息恶木阴 。
▶出典:陸機(猛虎行)
▶意味:どんなに喉が渇いても、「盗」の名がよくないので、「盗泉」の水は飲まない。暑くても「悪木」と呼ばれる木の陰では休まない。その故事から、どんなに困窮していても不正に組して財貨を蓄えたりしない、ということの例え。人から後ろ指をさされることのない高潔な人生を送りたいものです。
▶「渴不饮盗泉水(渇しても盗泉の水を飲まず)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


螳螂(カマキリ)、蝉を窺い、黄雀、後に在り

▶中国語:螳螂捕蝉,黄雀在后   [ táng láng bǔ chán, huáng què zài hòu ]
▶出典:前漢代『説苑』(ぜいえん)
▶意味:目の前の利益に夢中になって、後ろから近づく災いに気がつかないこと。
▶ 「螳螂捕蝉,黄雀在后(螳螂、蝉を窺い、黄雀、後ろに在り)]を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


寛にして畏れられ、厳にして愛せられる

▶中国語:宽而见畏、严而见爱   [ kuān ér jiàn wèi, yán ér jiàn ài ]
▶日本語表記:寛而見畏、厳而見愛
▶出典:宋名臣言行録
▶意味:組織管理の真髄は、「寛容」で臨むと畏れられる、「厳格」で臨むと愛される、というバランスにある。普通に考えたのとは逆です。
▶「宽而见畏、严而见爱(寛にして畏れられ、厳にして愛せられる)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


鞠躬(きくきゅう)尽力、死して後已まん

▶中国語:鞠躬尽力、死而后己    [ jū gōng jìn lì, sǐ ér hòu jǐ ]
▶出典:三国志(諸葛亮の「後出師の表」の一節)
▶意味:うやうやしく身を屈めて尽力し、死ぬまでやめません。との意。諸葛孔明が蜀の二代目皇帝の劉禅に対して、この身を捧げて死ぬまで全力でやり続けるという強い決意を表明をしたもの。
▶ 「鞠躬尽力、死而后己」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


君と遠く相知らば、雲海の深きを道(い)わず

▶中国語:与君远相知、不道云海深   [ yǔ jūn yuǎn xiāng zhī, bù dào yún hǎi shēn ]
▶出典:王昌龄
▶意味:君と遠く離れていても心で理解し合っていたら、雲海が深くても問題ではない、との意。
▶「与君远相知、不道云海深 (君と遠く相知らば、雲海の深きを道わず)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


九牛二虎の力

▶中国語:九牛二虎之力   [ jiǔ niú èr hǔ zhī lì ]
▶出典:列子·仲尼
▶意味:九頭の牛と二頭の虎の力、の意。匹敵することのない、極大の力の例え。無敵。
▶「九牛二虎之力」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


虛懷 谷の若し

▶中国語:虚怀若谷   [ xū huái ruò gǔ ]
▶出典:老子
▶意味:胸懐(心の中)が谷間のように深く且つ広いこと。人の意見をよく聞くこと。虚心坦懐であること。
▶「虚怀若谷 (虛懷 谷の若し)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


孤掌、鳴らし難し(くしょう、ならしがたし)

▶中国語:孤掌难鸣     [ gū zhǎng nán míng ]
▶日本語表記:孤掌難鳴
▶出典:「韓非子」功名
▶意味:片手では手は鳴らせない。一人では何もできないことのたとえ。
▶ 「孤掌难鸣 (孤掌鳴らし難し)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


国の宝は徳に在りて険に在らず

▶中国語:国之宝在德不在险   [ guó zhī bǎo zài dé bù zài xiǎn ]
▶日本語表記:国之宝在徳不在険
▶出典:呉子
▶意味:国の宝は険阻な地形にあるのではなく、君主の徳にある。険阻な地形がありながら君主がそれに頼ってしまい、滅びた国の多いことよ。
▶ 「国之宝在德不在险(国の宝は徳に在りて険に在らず)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


位無きを患えず、立つ所以(ゆえん)を患う

▶中国語:不患无位,患所以立   [ bù huàn wú wèi, huàn suǒ yǐ lì ]
▶出典:論語
▶意味:地位に就けないことを嘆く前に、その理由を考えた方がよい。つまり自分の実力をつけることにつとめよ、との意。
▶「不患无位,患所以立 (位無きを患えず、立つ所以を患う)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


言行は君子の枢機なり

▶中国語:言行,君子之枢机   [ yán xíng, jūn zǐ zhī shū jī ]
▶出典:易経(彖辞上传)
▶意味:言行は君子にとって最も重要である、との意。
▶「言行,君子之枢机 (言行は君子の枢機なり)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


黔驢之技(けんろのぎ)

▶中国語:黔驴之技   [ qián lǘ zhī jì ]
▶日本語表記:黔驢之技
▶出典:唐時代 柳宗元『三戒』
▶意味:わずかしかない腕前を使い切って、窮地に陥ってしまう例え。
▶ 「黔驴之技(けんろのぎ)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


功遂げて身退く

▶中国語:功遂身退   [ gōng suí shēn tuì ]
▶原文:功遂身退天之道 [ 功遂げて身 退(しりぞ)くは、天の道なり]
▶出典:老子
▶意味:名を成したならば退職すること。功を成し名を挙げたなら、その地位から我が身を退くことが天の道にかなっている、との意。地位に恋々としがみついているといずれぼろがでるもの。
▶「功遂身退 (功遂げて身退く)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


志 立たざるは舵無きの舟の如し

▶中国語:志不立,如无舵之舟   [ zhì bù lì, rú wú duò zhī zhōu ]
▶出典:王陽明(教条示龙场诸生·立志)
▶原文:明·志不立,如无舵之舟,无衔之马(志 立たざるは舵無きの舟、銜無きの馬の如し)
▶意味:志を持たないということは、舵のない舟やクツワのない馬のようなもので、進むべき方向が定まらない。
▶「志不立,如无舵之舟 (志 立たざるは舵無きの舟の如し)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


事予めすれば則ち立ち、予めせざれば則ち廃す

▶中国語:事予则立、不予则废   [ shì yǔ zé lì, bù yǔ zé fèi ]
▶日本語表記:事予則立、不予則廃
▶出典:中庸
▶意味:何事も、十分に準備をして取りかかれば成功し、それを怠れば失敗するとの意。
▶ 「事予则立、不予则废(事予めすれば立ち…)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


五指の更弾(こもごもう)つは拳手(けんしゅ)の一挃(いっちつ)に若(し)かず、万人の更進(こもごもすす)むは、百人の倶(とも)に至るに如かざるなり

▶中国語:五指之更弹,不若拳手之一挃。万人之更进,不如百人之俱至也   [ wǔ zhǐ zhī gèng dàn, bù ruò quán shǒu zhī yī zhì. Wàn rén zhī gèng jìn, bù rú bǎi rén zhī jù zhì yě ]
▶日本語表記:五指之更弾、不若拳手之一挃。万人之更進、不如百人之倶至也
▶出典:淮南子・兵略訓
▶意味:五本の指で交互にたたくことは、拳の一撃に及ばないし、万人が交互に突進することは、百人が一緒に突撃するに及ばない。
▶ 「五指之更弹,不若拳手之一挃。万人之更进…」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 

さ行

[豊かな人間性と品性 -  さ行  のリスト]

財を以て交わる者は、財尽くれば交わり絶える 301
山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し 302
時務(じむ)を識るものは俊傑に在り 303
情欲意識は、尽(ことごと)く妄心(ぼうしん)に属す 304
人生の大病は、只是一の傲の字なり 305
 静(せい)にして以って幽(ゆう)なり 306
 清廉潔白 307
清廉にして正直 312
千里の道も一歩から 308
漱石枕流(そうせきちんりゅう=石に漱ぎ流れに枕す) 309
惻隠の心 310
その長ずる所を貴び、その短なるところを忘る 311

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明  さ行  ]

財を以て交わる者は、財尽くれば交わり絶える

▶中国語:以财交者,财尽而交绝   [ yǐ cái jiāo zhě, cái jìn ér jiāo jué ]
▶出典:戦国策(楚策)
▶意味:財産目当ての交際をする者は、相手の財産が無くなれば交際が途絶える。実はこの後に、「以色交者,华落而爱渝」という言葉が続きます。この意味は、相手の美しさなどの色欲で交際する者は、相手の美が衰えれば寵愛が他人へ移る、との意。うわべだけの交わりは「財」にしても「色」にしてもはかないものです。
▶「以财交者、财尽而交绝(財を以て交わる者は、財尽くれば交わり耐える)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し

▶中国語:破山中贼易、破心中贼难   [ pò shān zhōng zéi yì, pò xīn zhōng zéi nán ]
▶出典:明、王陽明
▶意味:山中の賊を破ることは易しいが、自身の心の中の賊を破るのは難しい。邪心や私心をコントロールすることの難しさを言っている。
▶「破山中贼易、破心中贼难(山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


時務(じむ)を識るものは俊傑に在り

▶中国語:识时务者在乎俊杰   [ shí shí wù zhě zài hū jùn jié ]
▶日本語表記:識時務者在乎俊傑
▶出典:三国志
▶意味:今がどういう時代なのかよく理解し、そのうえで何をすべきかを知っているのが俊傑である。
▶ 「识时务者在乎俊杰(時務を識る者は俊傑に在り)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


情欲意識は、尽(ことごと)く妄心(ぼうしん)に属す

▶中国語:情欲意識、尽属妄心   [ qíng yù yì shí, jǐn shǔ wàng xīn ]
▶出典:菜根譚
▶意味:とらわれた先入観、思いこみのすべてが妄心である。とらわれた常識を捨て虚心になってこそ、本当の心をつかめる、との意。
▶「情欲意識、尽属妄心(情欲意識は、尽く妄心に属す)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


人生の大病は、只是一の傲の字なり

▶中国語:人生大病,只是一傲字   [ rén shēng dà bìng, zhǐ shì yī ào zì ]
▶出典:王陽明(伝習録)
▶意味:人生でもっとも害になるのは「傲」の一字である。さらに、「人と為って傲なれば必ず不幸なり」と。リーダーとして、よくよく心したい言葉です。
▶ 「人生大病,只是一傲字(人生の大病は、只是一の傲の字なり)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


静(せい)にして以って幽(ゆう)なり

▶中国語:静以幽    [ jìng yǐ yōu ]
▶原文:将军之事,静以幽
▶出典:孫子兵法
▶意味:「幽」は、奥が深いとの意。リーダーは、じっくりと構え、不安動揺を外に現したりしてはならないという。リーダーが不安げな表情を浮かべたりしていたのでは、組織が動揺する。リーダーが冷静沈着であれば、部下の信頼をかちとることができる。
▶「静以幽(静(せい)にして以って幽(ゆう)なり)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


清廉潔白

▶中国語:清清白白    [ qīng qīng bái bái ]
▶出典:红楼梦(紅楼夢)
▶意味:成語。品行が清潔で汚れがないこと。日本語の清廉潔白と同意。
▶ 「清清白白(清廉潔白)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


清廉にして正直

▶中国語:清廉正直   [ qīng lián zhèng zhí ]
▶出典:韩非子(奸劫弑臣)
▶意味:私心もなく正直で阿ることもないこと。
▶「清廉正直 (清廉にして正直)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


千里の道も一歩から

▶中国語:千里之行、始于足下   [ qiān lǐ zhī xíng, shǐ yú zú xià ]
▶日本語表記:千里之行、始於足下
▶出典:老子《道德经》
▶意味:千里を行くのも一歩から始まる。ゼロからスタートして、一歩一歩進めていくこと。
▶ 「千里之行始于足下(千里の道も一歩から)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


漱石枕流 《そうせきちんりゅう=石に漱(くちすす)ぎ流れに枕す》

▶中国語:漱石枕流     [ shù shí zhěn liú ]
▶出典:宋书(宋書)
▶意味:自分の誤りを認めずに、負け惜しみから理屈の通らない言い逃れをすること。
▶ 「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


惻隠の心

▶中国語:恻隐之心   [ cè yǐn zhī xīn ]
▶出典:孟子(告子上)
▶原文:恻隐之心,人皆有之。
▶意味:他人を思いやったり、同情する心のこと。
▶「恻隐之心(惻隠の心)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


その長ずる所を貴び、その短なるところを忘る

▶中国語:贵其所长、忘其所短   [ guì qí suǒ cháng, wàng qí suǒ duǎn ]
▶日本語表記:貴其所長、忘其所短
▶出典:三国志
▶意味:人は短所を指摘されるよりも、長所を褒められた方がモチベーションが上がる。
▶ 「贵其所长、忘其所短(その長ずる所を貴び、その…)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 

た行

[豊かな人間性と品性 - た行 のリスト]

大智は愚なるが若し 401
立つ鳥跡を濁さず(善始善终) 402
掌ひとつだけでは手をたたいて音を出すことができない 403
付かず離れず 404
天道は親無し 410
天を楽しみ命を知る、故に憂えず 405
友が一人増えたら、道が一本増える 406
徳は孤ならず、必ず隣あり 409
徳は身を潤す 407
冨みて驕らざる 408
共に飲む長江の水 411

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明  た行  ]

大智は愚なるが若し

▶中国語:大智若愚   [ dà zhì ruò yú ]
▶出典:老子
▶意味:徳を持つ真の賢者は(こざかしい知恵をひけらかさないので)一見愚者のように見える。
▶「大智若愚 (大智は愚なるが若し)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


立つ鳥跡を濁さず

▶中国語:善始善终   [ shàn shǐ shàn zhōng ]
▶出典:庄子(大宗师)
▶意味:初めから終わりまで最善を尽くす。真面目に処理をすることの例え。
▶ 善始善终 (立つ鳥跡を濁さず)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


掌ひとつだけでは手をたたいて音を出すことができない

▶中国語:一个巴掌拍不响   [ yī gè bā zhang pāi bù xiǎng ]
▶日本語表記:一個巴掌拍不響国語発音
▶出典:曹雪芹《红楼梦》
▶意味:手のひら一つでは、手をたたいて音を出すことができない。(協力者を失って孤立したのでは何もできないということ。)
▶ 「一个巴掌拍不响(掌一つだけでは…)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


付かず離れず

▶中国語:不即不离    [ bù jí bù lí ]
▶出典:宋·黄榦《黄勉斋文集》
▶意味:深くかかわらないが、離れすぎもしない。適当な距離を保つ。
▶ 「不即不离(付かず離れず)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


天道は親無し

▶中国語:天道无亲   [ tiān dào wú qīn ]
▶出典:老子(第七十九章)
▶原文:天道无亲,常与善人(天道は親無く、常に善人に与す)
▶意味:天の道はえこひいきせず、常に善人に味方する、との意。
▶「天道无亲 (天道は親無し)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


天を楽しみ命を知る、故に憂えず

▶中国語:乐天知命,故不忧   [ lè tiān zhī mìng, gù bù yōu ]
▶出典:易経(系辞上)
▶意味:天命を理解し自然の理に任せたら憂うることは何もない。じたばたすることはないのだ。
▶「乐天知命,故不忧 (天を楽しみ命を知る、故に憂えず)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


友が一人増えたら、道が一本増える

▶中国語:多一个朋友多一条路    [duō yī gè péng yǒu duō yī tiáo lù ]
▶日本語表記:多一個朋友多一条路
▶意味:中国では人間関係はお金に匹敵する重要なもの。「朋友」という人脈は非常に有益な財産である。
▶ 「多一个朋友多一条路(友が一人増えたら…)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


徳は孤ならず、必ず隣あり

▶中国語:德不孤,必有邻   [ dé bù gū, bì yǒu lín ]
▶出典:論語
▶意味:徳を備えた人は孤立するようなことはない。必ず親しい仲間(理解者)が現れる。
▶「德不孤,必有邻 (徳は孤ならず、必ず隣あり)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


徳は身を潤す

▶中国語:徳潤身    [ dé rùn shēn ]
▶意味:人に徳があればその身に潤いが加わる。徳が内に充実すれば外にまで現れる。
▶ 「德润身(徳は身を潤す)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


冨みて驕らざる

▶中国語:富而不骄   [ fù ér bù jiāo ]
▶出典:左传(定公十三年)
▶意味:富裕であるが偉ぶらない。実はこの格言の全文は「冨みて驕らざる者は鮮(すくな)し。驕りて亡びざる者は、いまだこれ有らざるなり」と。少しばかりの成功を驕っていたのでは先はおぼつかないぞという警鐘を鳴らしています。
▶「富而不骄 (冨みて驕らざる)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


共に飲む長江の水

▶中国語:共饮一江水   [ gòng yǐn yī jiāng shuǐ ]
▶出典:李之仪(卜算子)
▶意味:お互いに長江の水を飲む。共通の感情があること、また、隣国同士の友好の意味もある。
原文では「我住長江頭,君住長江尾」(我は住む 長江の頭、君は住む 長江の尾)
「日日思君不見君,共飲長江水」(日日君を思えど 君を見ず、共に飲む 長江の水)

という風に、離れ離れの二人が同じ長江の水を飲み、互いに相手を想うという情景が浮かんできます。長江と同じように、離れた二人が同じ月を見るという「城里的月光」の歌もしっとりします。
▶「共饮一江水 (共に飲む長江の水)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 

は行

[豊かな人間性と品性 - は行  のリスト]

花は半開を看、酒は微酔に飲む 609
万事休す 601
卑譲は徳の基なり 602
人と与(とも)にするには備わらんことを求めず 603
人に無理を強いる(強人所難) 604
人の斉聖なる、酒を飲み温克す 605
人を責むるには含蓄せんことを要す 606
氷凍三尺、一日の寒さには非ず 607
墨守成規(杓子定規) 608

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明  は行  ]

花は半開を看、酒は微酔に飲む

▶中国語:花看半开,酒饮微醉   [ huā kàn bàn kāi, jiǔ yǐn wēi zuì ]
▶出典:菜根譚
▶意味:花を見るなら五分咲きのころがよい。酒を飲むならほろ酔い加減のあたりでやめておく。傲慢になったりしないようにほどほどがよいとのと例え。
▶「花看半开,酒饮微醉 (花は半開を看、酒は微酔に飲む)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


万事休す

▶中国語:万事休矣   [ wàn shì xiū yǐ ]
▶他にも「完蛋  」 [wán dàn]という同義語の単語もあります。
▶意味:いずれも万事休す、一巻の終わりとの意。
▶ 「万事休矣(万事休す)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


卑譲は徳の基なり

▶中国語:卑让德之基也   [ bēi ràng dé zhī jī yě ]
▶出典:左傳
▶意味:卑は自分を低いところにいて相手を立てること。譲はゆずること。卑譲はりっぱん人格を作る基本になっている。卑譲とは謙虚ともいえる。実るほど首を垂れる稲穂かな、との日本のことわざがあるように、リーダーには不可欠である。
▶「卑让德之基也 (卑譲は徳の基なり)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


人と与(とも)にするには備わらんことを求めず

▶中国語:与人不求备   [ yǔ rén bù qiú bèi ]
▶日本語表記:与人不求備
▶出典:書経(尚経)
▶意味:他の人に接する時、相手の人に「完全」を期待してはならない。自分を含め完全な人などいるわけがない。しかし、自分は「完全」を求めて日々努力を続けたいものです。
▶「与人不求备(人と与(とも)にするには備わらんことを求めず)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


人に無理を強いる(強人所難)

▶中国語:强人所难   [ qiǎng rén suǒ nán ]
▶出典:唐・白居易(赠友诗五首)
▶意味:難しいことを人に強いる。無理難題を押しつけるようなことをしてはならない、との意。
▶「强人所难 (人に無理を強いる)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


人の斉聖なる、酒を飲み温克(こく)す

▶中国語:人之齐圣,饮酒温克   [ rén zhī qí shèng, yǐnjiǔ wēn kè ]
▶出典:詩経(小雅·小宛)
▶意味:慎み深く智慧のある人は、自制心をもって酒を飲む。だから乱れない。
▶「人之齐圣,饮酒温克(人の斉聖なる、酒を飲み温克す)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


人を責むるには含蓄せんことを要す

▶中国語:责人要含蓄   [ zé rén yào hán xù ]
▶日本語表記:責人要含蓄
▶出典:『呻吟語』
▶意味:相手の過ちをとがめるは、言いたいことのすべてを言ってはならない。
▶ 「责任要含蓄(人を責むるには含蓄せんことを要す)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


氷凍三尺、一日の寒さには非ず

▶中国語:冰冻三尺,非一日之寒   [ bīng dòng sān chǐ, fēi yī rì zhī hán ]
▶日本語表記:氷凍三尺、非一日之寒
▶出典:王充(後漢の文人、思想家)の自伝。《论衡》
▶意味:川に3尺の氷が張るのは1日の寒さによるものではない。事柄の原因は一朝一夕に生まれるものではない、長い間の積み重ねに由来するものであるとの例え。
▶ 「冰冻三尺,非一日之寒(氷凍三尺、非一日之寒)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


墨守成規(杓子定規)

▶中国語:墨守成规   [ mò shǒu chéng guī ]
▶日本語表記:墨守成規
▶出典:明·黄宗羲《钱退山诗文序》
▶意味:成語。古いしきたりに固執し、変わろうとしないこと。杓子定規。古い習慣を固く守り融通がきかないこと。
▶「墨守成规 / 杓子定規」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 

ま行

[豊かな人間性と品性 - ま行  のリスト]

まず隗より始めよ 701
満身これ胆なり 702
水清ければ魚棲まず 703
道に志し、徳に拠り、 仁に依り、藝に遊ぶ 704
貪らざるを以て宝と為す 705
明主の導(よ)ってその臣を制するものは、二柄のみ 706

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明  行 ]

まず隗より始めよ

▶中国語:先从隗始   [ xiān cóng kuí shǐ ]
▶日本語表記:先從隗始
▶出典:戦国策
▶意味:何事も言い出した者から実行すべきである、との意。もともとの意味は、優れた人を招聘するには、自分のような平凡なものを重用することから始めるのが良い、ということ。今は、「一把手要带头  」(日本語表記:一把手帯頭)=リーダーは率先垂範で、とよく言われるそうです。
▶「先从隗始(まず隗より始めよ)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


満身これ胆なり

▶中国語:满身是胆   [ mǎn shēn shì dǎn ]
▶日本語表記:満身是胆
▶出典:《三国志•蜀书•赵云传》
▶背景:蜀の将軍の趙雲(字は子龍)は、曹操軍が本陣まで追撃してくると、その陣門を開き、たった一騎で曹操軍と対峙した。曹操軍は微動だにしない趙雲に恐れをなして撤退した。このことから劉備は「子龍は満身これ胆である」と感嘆した。
▶ 「满身是胆(満身これ胆なり)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


水清ければ魚棲まず

▶中国語:水清无大鱼    [ shuǐ qīng wú dà yú ]
▶日本語表記:水清無大魚
▶出典:後漢書
▶意味:あまりにも、厳しい態度は人々の支持を失ってしまうことの例え。清廉すぎるとかえって人に親しまれないとの意。小過は許して大綱を抑えるのが良い。
▶ 「水清无大鱼(水清ければ魚棲まず)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


道に志し、徳に拠り、 仁に依り、藝に遊ぶ

▶中国語:志於道、據於徳、依於仁、遊於芸   [ zhì yú dào, jù yú dé, yī yú rén, yóu yú yún ]
▶日本語表記:志於道、拠於徳、依於仁、遊於芸
▶出典:論語
▶意味:人として正しい道を志し、すぐれた徳を守り、 思いやりの心によりそい、趣味や教養(芸)を楽しむ。
▶ 「志於道、據於徳、依於仁、遊於芸(道に志、徳に撚り…)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


貪らざるを以て宝と為す

▶中国語:以不贪为宝   [ yǐ bù tān wéi bǎo ]
▶日本語表記:以不貪為宝
▶出典:佐伝(襄公十五年)
▶意味:むやみに欲しがらないことを宝と思う。財宝よりも無欲を貴ぶこと。
▶故事:宝玉を時の宰相に献上しようと申し出たところ、その宰相は「私は欲張らないことを宝としている。そなたが宝玉を私に与えたならば、二人とも宝を失うことになる。互いに宝を持っていた方がよい」と言って申し出を辞退した。
▶「以不贪为宝 (貪らざるを以て宝と為す)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


明主の導(よ)ってその臣を制するものは、二柄のみ

▶中国語:明主之所导制其臣者,二柄而已矣   二柄而已矣 [ er bǐng ér yǐ yǐ ]
▶日本語表記:明主之所導制其臣者、二柄而已矣
▶出典:韩非子•二柄第七
▶意味:君主は二つの柄で臣下を押さえ込む。(柄とは権力のこと)
▶「二柄而已矣(二柄のみ)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 

や行・ら行・わ行

[豊かな人間性と品性 - や行・ら行・わ行  のリスト]

[や] 悠々自得 801
世を經(おさ)め、民を濟(すく)う  (经世济民) 802
[ら] 礼儀の始めは容体を正すにあり 901
[わ] 禍は口より生ず 001
災いを幸いとし禍を楽しむ 003
我に投ずるに桃を以てすれば、これに報いるに李を以てす 002

»目次へ

[豊かな人間性と品性 -ことわざ・格言の説明 や行 ら行 わ行  ]

悠々自得

▶中国語:悠悠自得   [ yōu yōu zì dé ]
▶出典:冯梦龙(灌园叟晚逢仙女)
▶意味:ゆったりとしてこせこせしないさま。
▶「悠悠自得 (悠々自得)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」

▶中国語:经世济民   [ jīng shì jì mín ]
▶出典:東晋・葛洪(抱朴子)
▶意味:世の中をよく治めて人々を苦しみから救うこと。「経済」の語源。本来はより広く政治・統治・行政全般を示す語であった。
▶「经世济民 (世を經め、民を濟う)」を引用した解説記事はこちら。

»Index

 


礼儀の始めは容体を正すにあり

▶中国語:礼仪之始、在於正容体   [ lǐ yí zhī shǐ, zài yú zhèng róng tǐ ]
▶出典:礼记(冠义上)
▶原文:礼仪之始,在于正容体,齐颜色,顺辞令。(礼儀の始めは容体を正し、顔色を斉え、辞令を順にするに在り)
▶意味:礼儀の基本は、姿勢や態度を正す、顔色をととのえる、言葉使いに注意する、の3点であるとの意。礼記にはおよそ人である所以は礼儀にある、と言っています。
▶「礼仪之始、在於正容体(礼儀の始めは容体を正すにあり)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


禍は口より生ず

▶中国語:祸从口出   [ huò cóng kǒu chū ]
▶日本語表記:禍従口出
▶出典:晋朝·傅玄《口铭》:“病从口入,祸从口出。”(病は口から入り、禍は口から出る)
▶意味:うっかり発した言葉が思いもかけない禍を招くことがある。不用意な発言はしないこと。
▶ 「祸从口出(口は禍のもと)」を引用した解説記事はこちら。

» Index

 


災いを幸いとし禍を楽しむ

▶中国語:幸灾乐祸   [ xìng zāi lè huò ]
▶日本語表記:幸災楽禍(中国成語)
▶出典:左传·僖公十四年
▶意味:他人の災難を喜び、他人の不幸を願うということ。不謹慎ですが誰もが持ってる気持ち。他人の不幸は蜜の味。(そんな貧しい心を改め、人を思いやる豊かな心を持ちたいものです)
▶「幸灾乐祸 (災いを幸いとし禍を楽しむ)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 


我に投ずるに桃を以てすれば、これに報いるに李を以てす

▶中国語:投我以桃、报之以李   [ tóu wǒ yǐ táo, bào zhī yǐ lǐ ]
▶出典:詩経(大雅·抑)
▶意味:略して「投桃报李」ともいう。人から桃を贈られたならば、李をもってお返しをする、との意。人から受けた恩は忘れずにいて、お返しができるようになったらお返しをすること。(ついでながら、中国古典には、人に与えた恩は忘れるように、との格言があります)
▶「投我以桃、报之以李 (我に投ずるに桃を以てすれば、これに報いるに李を以てす)」を引用した解説記事はこちら。

»Index