「元気をもらいました」っていう話をよく耳にします。しかし、元気をもらう側から与える側に回ると、そのプロセスによって自分も元気を感じることができるのです。他人の足元を照らせば、自然に自分の足元も明るくなるという原理です。そのために必要なのは、積極的な姿勢で生きることと、「生きて老いに至る、学んで老いに至る」という人生観。たった一度だけの人生、できることであれば楽しく、そして有意義なものにしたいものです。

[人に元気を 充実人生]

 icon-arrow-right 注目のことわざ:一不做二不休引用記事はこちら [2019-08-18]

あ行

[人に元気を 充実人生 -  あ行  のリスト]

頭を低(た)れて故郷を思う 101
案を挙ぐるに眉まゆに斉(ひと)しくす 102
依依たる惜別 103
意気軒昂 104
生きて老いに至る、学んで老いに至る 105
生けるときはこれに事うるに礼を以ってし、死せるときはこれを葬るに礼を以ってし、これを祭るに礼を以ってすべし 106
一往深情(いちおうしんじょう) 107
一か八か 108
一技の長 109
一元始めに復し、万象更新さる 110
一に做らず、二に休まず(一不做二不休) 121
一を聞いて十を知る 111
一朝一夕 112
寿(いのち なが)ければ則ち辱多し 113
命を捨て君子に陪す 114
牛と呼び馬と呼ぶ 115
梅を望んで渇きを止む 116
遠水は近火を救わず 117
お金持ちになれますように(恭喜発財) 118
お互い様 119
親の脛を齧る(すねかじり) 120

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  あ行  ]

頭を低(た)れて故郷を思う

▶中国語:低头思故乡   [ dī tóu sī gù xiāng ]
▶日本語表記:低頭思故郷
▶出典:静夜思 (唐代の詩人・李白の诗)
▶原文:床前明月光 疑是地上霜 举头望明月 低头思故乡
▶意味:牀前月光を看る。疑うらくは是地上の霜かと。頭を挙げて山月を望み、頭を低(た)れて故郷を思う。
▶「低头思故乡 (頭を低れて故郷を思う)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

案を挙ぐるに眉まゆに斉(ひと)しくす

▶中国語:举案齐眉   [ jǔ àn qí méi ]
▶日本語表記:挙案斉眉
▶出典:後漢書(梁鴻傳)
▶意味:言葉の意味は、膳を眉の高さまで挙げて、両手でうやうやしくささげ持つこと。夫婦が互いに礼儀を尽くし尊敬して、仲がよい例え。
▶「举案齐眉(案を挙ぐるに眉まゆに斉しくす)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

依依たる惜別

▶中国語:依依惜别   [ yī yī xī bié ]
▶出典:·陆游(舟中对月)
▶意味:別れがたいが、別れを惜しむこと。後ろ髪を引かれる。
▶「依依惜别 (依依たる惜別)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

意気軒昂

▶中国語:意气风发   [ yì qì fēng fā ]
▶日本語表記:意気風発
▶出典:三国·魏·曹植《魏德论》
▶意味:意気盛んであること。
▶ 「意气风发(意気軒昂)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

生きて老いに至る、学んで老いに至る

▶中国語:活到老,学到老   [ huó dào lǎo, xué dào lǎo ]
▶出典:古代アテネの政治家であるソロンの言葉(を中国語訳した言葉)
▶意味:直訳は「生きて老いに至る、学んで老いに至る」。人生は死ぬまで勉強。人間、一生勉強だとの意。
» Top

» Index   


 

生けるときはこれに事うるに礼を以ってし、死せるときはこれを葬るに礼を以ってし、これを祭るに礼を以ってすべし

▶中国語:生事之以礼,死葬之以礼,祭之以礼   [ shēng shì zhī yǐ lǐ, sǐ zàng zhī yǐ lǐ, jì zhī yǐ lǐ ]
▶出典:論語
▶意味:親が生きている時には礼によって仕え、親の死後には礼に従って葬り、祖霊をお祭りする場合にも礼をもってすべきであるとの意。子として親に孝行するとは何かを説いたもの。現実にもこの考え方が息づいています。

» Index


 

一往深情(いちおうしんじょう)

▶中国語:一往深情   [ yī wǎng shēn qíng ]
▶出典:南朝刘义庆《世说新语 任诞》
▶意味:「一往」はひたむき。(日本では「一応」と言えばひとまず、ともかく、などの意)一途で情に厚いこと。深く感動するとの意味もあります。
▶ 「一往深情(いちおうしんじょう)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

一か八か

▶中国語:听天由命   [ tīng tiān yóu mìng ]
▶出典:清·无名氏《说唐》
▶意味:運を天に任せ、成り行きに任す。「碰运气  」(碰運気)」[ pèng yùn qì ]も同じような意味です。
▶「听天由命(一か八か)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

一技の長

▶中国語:一技之长   [ yī jì zhī cháng ]
▶出典:李汝珍(镜花缘)
▶意味:技能や特技を持つこと。一芸に秀でる。
▶「一技之长 (一技の長)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

一元始めに復し、万象更新さる

▶中国語:一元复始,万象更新   [ yī yuán fù shǐ , wàn xiàng gēng xīn ]
▶出典:「一元复始」の出典は公羊传(隐公元年)。「万象更新」の出典は红楼梦。
▶意味:新しい一年が始まり、事物や情景が新しく出現するとの意。「元」とは年のこと。
▶「一元复始,万象更新 (一元始めに復し、万象更新さる)」を引用した解説記事はこちら。

»Index


 

一に做らず、二に休まず

▶中国語:一不做二不休   [ yī bù zuò èr bù xiū ]
▶出典:唐・赵元一(奉天录)
▶意味:やらないか、或はやるのであればいっそのこととことんやる。物事を始めた以上は最後までとことんやる、との意。
▶「一不做二不休 (一に做らず、二に休まず)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

一を聞いて十を知る

▶中国語:闻一知十   [ wén yī zhī shí ]
▶日本語表記:聞一知十
▶出典:論語(公治長)
▶意味:物事の一端を聞いただけで、全体を理解する。
▶ 「闻一知十(一を聞いて十を知る)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

一朝一夕

▶中国語:一朝一夕   [ yī zhāo yī xī ]
▶出典:周易(文言)
▶意味:わずかな時間の例え。
▶原文:臣弑其君;子弑其父;非一朝一夕之故;其所由来者渐矣。(臣にしてその君を弑し、子にしてその父を弑するは、一朝一夕の故にあらず)
つまり、家来が君主を殺したり、子が親を殺したりするようなことは、ある日突然起こるのではなく、長い年月を経て、やがて起きてしまうような出来事である、との意。「一朝一夕」ということわざには、普段小さなことを見過ごしてきたから大事が起こったのであり、もし何かのよくない兆候があれば、すぐに解決することが必要であるとの戒めが込められています。
▶「一朝一夕」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

寿ければ則ち辱多し(命長ければ辱多し)

▶中国語:寿则多辱   [ shòu zé duō rǔ ]
▶日本語表記:寿則多辱
▶出典:荘子
▶意味:長生きすればその分恥ずかしい思いをすることも多い。
▶故事:長生きできますよう、お金持ちになりますよう、男の子に恵まれますよう、といわれたお役人が全部断った。その理由を問われたお役人は、「男の子が多ければ成人できるかびくびくしなければならない、金持ちになったら煩わしいことが増える、長生きすると余分に恥をかかねばならない」と言った。
▶「寿则多辱(寿ければ則ち辱多し=命長ければ辱多し)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

命を捨て君子に陪す

▶中国語:舍命陪君子  [ shě mìng péi jūn zǐ ]
▶日本語表記:捨命陪君子
▶出典:楚国 《羊角哀》
▶意味:命をかけて君子にお供する。(とことん付き合う、との意)
▶ 「舍命陪君子(命を捨て君子に陪す)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

牛と呼び馬と呼ぶ

▶中国語:呼牛呼马   [ hū niú hū mǎ ]
▶日本語表記:呼牛呼馬
▶出典:荘子(天道)
▶意味:何と言われようと気にせず、言うにまかせる事。
▶背景:老子を非難したある男に対し何も反応しなかった。その理由を老子は「私を牛と呼べば私は牛と思う。わ私を馬と呼べば私は馬と思うだけだ。なぜなら、人がそういうのにはそれなりの根拠があるはず。それに逆らえば災いを被る」と。
▶「呼牛呼马(牛と呼び馬と呼ぶ)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

梅を望んで渇きを止む

▶中国語:望梅止渴   [ wàng méi zhǐ kě ]
▶出典:刘义庆(世说新语·假谲)
▶意味:酸っぱい梅を想像していると唾が出てきて一時的に喉の渇きをいやすこと。転じて、実現できない希望を空想して自分を慰めることの例え。
▶故事:魏の曹操が軍を率いて道に迷い兵が渇きを訴えた時、前方に大きな梅林があるぞと叫び元気づけました。すると兵の口中に唾が湧いてきて渇きをいやした、という故事。
▶「望梅止渴 (梅を望んで渇きを止む)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

遠水は近火を救わず

▶中国語:远水不救近火   [ yuǎn shuǐ bù jiù jìn huǒ ]
▶日本語表記:遠水不救近火
▶出典:韓非子
▶意味:遠くにある水では近くの火事を消すには間に合わない。火急の時には遠方の知人に助けを求めても間に合わないとの意。
▶ 「远水不救近火(遠水は近火を救わず)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

お金持ちになれますように(恭喜発財

▶中国語:恭喜发财   [ gong xǐ fā cái ]
▶日本語表記:恭喜発財
▶出典:吴趼人《二十年目睹之怪现状》
▶意味:他人がお金持ちになることを願い祝福する言葉
▶背景:日本人は「末広がり」という意味で「八」が好まれます。中国では、「八」とよく似た発音の「発」の字には、発展する、大きくなる、金持ちになるなどの意味があり、いずれも縁起が良いので、「八」→「発」とかけています。ということで、「八」は好まれる数字の代表格です。北京オリンピックも2008年8月8日午後8時に開幕しました。
▶「恭喜发财(お金持ちになれますように)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

お互い様

▶中国語:彼此彼此    [ bǐ cǐ bǐ cǐ ]
▶出典:清·郭小亭(济公全传)
▶意味:お互い様(挨拶言葉)
▶ 彼此彼此(お互い様)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

親の脛を齧る(すねかじり)

▶中国語:啃老   [ kěn lǎo ]
▶ことわざではありません。
▶意味:すねかじり。长大不成人=体は大きくなったが大人ではない人。そういう人たちを「啃老族」と呼ばれています。ニート。
▶「啃老 (親の脛を齧る)」を引用した解説記事はこちら

»Index

 

 

か行

[人に元気を 充実人生 -  か行  のリスト]

[か] 懐(かい)と安は実に名を敗る 201
開門紅 202
風に随いて舵を転す 203
形 単にして 影 ひとつ 204
家庭の計は和にあり 205
株を守りて兎を待つ 206
鴨が葱を背負って来る 207
客鳥 故林を思う 208
[き] 杞憂 209
窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ 210
行家里手(餅は餅屋) 211
麒麟も衰うや、駑馬これに先立つ 212
欣喜雀躍 213
君臣義あり 214
君臣の交わりは計なり 215
現状に安んず 216
堅忍質直 (けんにんしっちょく) 217
[こ] 光陰矢の如し 218
好機逸すべからず 219
巧詐(こうさ)は拙誠(せつせい)に如かず 220
好死は悪活に如かず 221
孝は百行の首(はじめ) 222
光風霽月(こうふうせいげつ) 229
志 同じく 道 合う(意気投合) 223
心に霊犀一点の通う有り 224
心の欲する所に従えども矩(のり)を踰(こ)えず 225
事なかれ主義 226
子の龍にならんことを望む 227
胡馬は北風に依る 228

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  か行  ]

懐(かい)と安は実に名を敗る

▶中国語:怀与安,实败名   [ huái yǔ ān, shí bài míng ]
▶日本語表記:懐与安実負名
▶出典:左傳(僖公二十三年)
▶意味:「懐」は楽をしたい、「安」は安逸をむさぼること。これでは立派な仕事ができない、との意。春秋時代に、内紛を逃れて長期の亡命中に、つかの間の安逸に溺れてしまった。そのことを諫められ、立ち直り19年の亡命生活の後、晋国の王位に就いた、との故事。
▶「怀与安,实败名(懐と安は実に名を敗る)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

開門紅

▶中国語:开门红   [ kāi mén hóng ]
▶日本語表記:開門紅
▶意味:滑り出しから優れた成績を収めること。幸先の良いスタートのことをいう。
▶ 「开门红(開門紅)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

風に随いて舵を転す

▶中国語:随风转舵  [ suí fēng zhuǎn duò ]
▶出典:施耐庵(水浒传)
▶意味:風に従って舵を変える。風見鶏。転じて、風向き次第でどちらへでもなびく、との人を貶す言葉。
▶「随风转舵 (風に随いて舵を転す)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

形 単にして 影 ひとつ

▶中国語:形单影只   [ xíng dān yǐng zhī ]
▶出典:韩愈(祭十二郎文)
▶意味:孤独で仲間がいないこと。形は身体の意。
▶「形单影只 (形 単にして 影 ひとつ)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

家庭の計は和にあり

▶中国語:一家之计在于和   [ yī jiā zhī jì zài yú hé ]
▶出典:增广贤文
▶原文:一年之计在于春,一日之计在于晨;一家之计在于和,一生之计在于勤。(一年の中で最も肝心な時間は春である。一日の中で最も大事な時間は明け方である。家庭で最も貴重なものは仲が良いことである。人が生涯で成功するために最も重要なものは勤勉であること)
▶意味:肝心な時間や肝心なものをつかみ、大切にすることで、成功することができる。家庭であれば家族仲良くすることが何よりである。
▶「一家之计在于和 (家庭の計は和にあり)」を引用した記事はこちら

»Index


 

株を守りて兎を待つ

▶中国語:守株待兔   [ shǒu zhū dài tù ]
▶出典:韓非子
▶意味:宋の国で、ある農民が野良仕事中に、目の前に兎が跳んできて偶然にもそこにあった切り株に頭をぶつけて死んでしまった。農民は労せずして兎を手に入れたのです。その日以降、連日株の前でじっと兎が来るのを待っていたが一向に兎は来ませんでした。
その寓話を通して、一度よいことを経験すると同じことを期待して融通がきかず(教条的になり)、変化に対応できない愚かなことになってしまう。
▶ 「守株待兔(株を守りて兎を待つ)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

鴨が葱を背負って来る

▶中国語:喜从天降   [ xǐ cóng tiān jiàng ]
▶出典:元・馬致遠(青杉泪)
▶意味:「喜从天降」とは「慶事が天から降ってくる」との意。突然、思いもしなかった目出度いことに遭遇することの例え。日本語では「鴨が葱を背負って来る」。
▶「喜从天降(鴨が葱を背負って来る)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

客鳥 故林を思う

▶中国語:客鸟思故林   [ kè niǎo sī gù lín ]
▶原文:人情怀旧乡,客鸟思故林
▶日本語表記:人情懐旧郷、客鳥思故林
▶出典:晋 王赞 (杂诗)
▶意味:人の情として故郷が慕われる。巣を離れた鳥が元居た林を思うようなものだ。
▶「客鸟思故林 (客鳥 故林を思う)」を引用した解説記事はこちら。

»Index


 

杞憂

▶中国語:杞人忧天   [ qǐ rén yōu tiān ]
▶日本語表記:杞人憂天
▶出典:列子
▶意味:杞の国の人が、天が落ちてきたらどうしようと毎日心配し、ご飯も食べられず夜も眠れなかったという故事。余計な心配、取り越し苦労をするとの意。
▶ 杞人忧天(杞憂)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ

▶中国語:穷亦乐,通亦乐   [ qióng yì lè, tōng yì lè ]
▶日本語表記:窮亦楽、通亦楽
▶出典:荘子
▶意味:「窮」とは逆境、「通」とは順境。楽しみというのは、逆境だから楽しめない、順境だから楽しめるというものではない。
▶ 「穷亦乐,通亦乐(窮するもまた楽しみ…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

行家里手

▶中国語:行家里手   [ háng jiā lǐ shǒu ]
▶出典:清代・吴趼人(二十年目睹之怪现状)
▶意味:その道に秀でた玄人、達人のこと。「行家」、「里手」ともに専門家、玄人の意味。餅は餅屋。
▶「行家里手」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

 

麒麟も衰うや、駑馬これに先立つ

▶中国語:麒麟之衰也、怒马先之   [ qí lín zhī shuāi yě, nù mǎ xiān zhī ]
▶日本語表記:麒麟之衰也、駑馬先之
▶出典:戦国策
▶意味:一日に千里も走る駿馬ですら、年を取ると駑馬(並の馬)に劣る。
麒麟之衰也、怒马先之(麒麟も衰うや、駑馬…)」を引用した記事もご覧ください。

» Index   


 

欣喜雀躍

▶中国語:欢欣鼓舞   [ huān xīn gǔ wǔ ]
▶日本語表記:歓欣鼓舞
▶出典:上知府王龙图书
▶意味:うれしくてはつらつとしているさま。
▶ 「欢欣鼓舞(欣喜雀躍)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

君臣義あり

▶中国語:君臣有义   [ jūn chén yǒu yì ]
▶日本語表記:君臣有義
▶出典:孟子「五倫(ごりん)」
▶意味:上下の正しい道。君は臣を礼し、臣は君に忠であること。
▶ 「君臣有义(君臣義あり)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

君臣の交わりは計なり

▶中国語:君臣之交计也   [ jūn chén zhī jiāo jì yě ]
▶日本語表記:君臣之交計也
▶出典:韓非子(飾邪編)
▶意味:君主は計算ずくで臣下を養い、臣下もソロバン勘定で君主に仕えている。君臣は所詮打算で結びついている。
▶ 「君臣之交计也(君臣の交わりは計なり)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

現状に安んず

▶中国語:安于现状   [ ān yú xiàn zhuàng ]
▶出典:论凤姐
▶意味:眼前の状況や習慣を変える気持ちがなく、努力向上も求めない。ぬるま湯につかる。(この状態から脱することが成功につながる)
▶「安于现状 (現状に安んず)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

堅忍質直 (けんにんしっちょく)

▶中国語:坚忍质直   [jiān rěn zhì zhí ]
▶日本語表記:堅忍質直
▶出典:史記 張丞相伝
▶意味:何事にも我慢強く耐え忍び、飾り気がなくまっすぐな気性。堅忍は我慢強いこと。質直は飾り気がなくまじめなこと。
▶ 「坚忍质直(堅忍質直)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

光陰矢の如し

▶中国語:光阴似箭   [ guāng yīn sì jiàn ]
▶日本語表記:光陰似箭
▶出典:唐·韦庄《关河道中》
▶意味:光陰矢の如し。月日の過ぎるのは、矢が飛んで行くように速いというたとえ。
▶ 光阴似箭(光陰矢の如し)」を引用した記事もご覧ください。

» Index   


 

好機逸すべからず

▶中国語:机不可失,时不再来   [ jī bù kě shī,shí bù zài lái ]
▶出典:旧五代史·晋书·安重荣传
▶意味:チャンスは得難いもの、取り逃がしてはならない。
▶ 「机不可失,时不再来(好機逸すべからず)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

巧詐(こうさ)は拙誠(せつせい)に如かず

▶中国語:巧诈不如拙诚   [ qiǎo zhà bù rú zhuō chéng ]
▶日本語表記:巧詐不如拙誠
▶出典:韩非子(説林)
▶意味:巧詐(巧みに表面を取り繕うようなやり方)は拙誠(拙くても誠実なやり方)には及ばない。
▶ 「巧诈不如拙诚(巧詐は拙性に如かず)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

好死は悪活に如かず

▶中国語:好死不如恶活   [ hǎo sǐ bù rú è huó ]
▶出典:西遊記
▶意味:潔く死ぬよりもぶざまでも生きた方が優る。せっかくの人生、死に急ぐことはない。生きること自体に意味がある。
▶「好死不如恶活 (好死は悪活に如かず)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

孝は百行の首(はじめ)

▶中国語:孝为百行之首   [ xiào wèi bǎi xíng zhī shǒu ]
▶出典:颜氏家训
▶意味:親孝行はあらゆる善行の中でその第一番目であるとの意。
▶「孝为百行之首 (孝は百行の首)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

光風霽月(こうふうせいげつ)

▶中国語:光风霁月   [ guāng fēng jì yuè ]
▶出典:宣和遗事
▶意味:さわやかな風と冴えわたった月。心が澄んで、何のわだかまりもなく、爽快であることの例え。
▶「光風霽月 (光風霽月=こうふうせいげつ)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

志 同じく 道 合う

▶中国語:志同道合   [ zhì tóng dào hé ]
▶出典:三国志
▶意味:志と信念を同じくするとの意。転じて意気投合することを意味する。
▶「志同道合」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

心に霊犀一点の通う有り

▶中国語:心有灵犀一点通    [ xīn yǒu líng xī yī diǎn tōng ]
▶日本語表記:心有霊犀一転通
▶出典:李商隠
▶原文:昨夜星辰昨夜风 画楼西畔桂堂东 身无彩凤双飞翼 心有灵犀一点通
▶後半の二節の解釈:彩絹の鳳凰のような、連れ立って飛ぶ翼を持たぬ二人だが神秘な犀の角のごとく、心に一点通い合うものがあった。
▶意味:霊犀の角に走る白い線のように、互いの心は通じ合う。(結婚式の祝辞によく使われる言葉)
▶語源:犀(サイ)の角には白い筋が根本から尖端まで通っていて、物事を鋭敏に感じ取る不思議な力があるとされていました。それを“灵犀”といった。その例えから、心と心が一筋に通い合うことを意味する。
▶「心有灵犀一点通(心に霊犀一点の通う有り)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

心の欲する所に従えども矩(のり)を踰(こ)えず

▶中国語:从心所欲,不逾矩   [ cóng xīn suǒ yù, bù yú jǔ ]
▶日本語表記:従心所欲、不踰矩
▶出典:論語(為政)
▶意味:好き勝手に振舞っても、道徳や規律から外れることはしない、との意。「矩」は規則、おきて。「踰える」は超えるということ。
▶ 「从心所欲,不逾矩(心の欲するところに従えども…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

事なかれ主義

▶中国語:多一事不如少一事   [duō yī shì bù rú shǎo yī shì ]
▶日本語表記:多一事不如少一時
▶出典:清·刘鹗《老残游记》
▶意味:事を余計にするよりも、事を控えたほうが良い、との意。触らぬ神にたたりなしという消極主義。
▶ 「多一事不如少一事(事なかれ主義)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

子の龍にならんことを望む

▶中国語:望子成龙   [ wàng zǐ chéng long ]
▶日本語表記:望子成龍
▶出典:清·文康(儿女英雄传)
▶意味:父母が子供に臨む行動。わが子が出世し立派な人物になることを望む、との意。
▶「望子成龙 (子の龍にならんことを望む)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

胡馬は北風に依る

▶中国語:胡马依北风   [ hú mǎ yī běi fēng ]
▶日本語表記:胡馬依北風
▶出典:古诗十九首
▶原文:胡马依北风,越鸟巢南枝
▶意味:胡馬とは北方の胡の地で生まれた馬。北方生まれの馬は北風に身を寄せ、南方から来た鳥は南向きの枝に巣を作る。故郷というのは忘れがたいことの意。
▶「胡马依北风 (胡馬は北風に依る)」を引用した記事はこちら。

» Index

 

さ行

[人に元気を 充実人生 -  さ行  のリスト]

[さ] 酒は天の美禄 301
去る日は苦(はなは)だ多し 302
三折 303
三上 304
山溜 石を穿つ 305
[し] 四時の序、功を成す者は去る 306
蓴羹鱸膾(じゅん こう ろ かい) 307
春風得意(しゅんぷう とくい) 308
小康生活 309
上善は水の若(ごと)し 310
小に因りて大を失う 311
初難を憚(はばか)ることなかれ 312
人生意気に感ず、功名誰か復(ま)た論ぜん 313
人生、意の如くならざること、十の内八、九 314
人生は金石に非ず 315
人生は朝露の如し 316
[す] 素手で家をなす 317
[せ] 積極思考 318
善には善の、悪には悪の報い有り 319
先憂後楽 320
[そ] 双喜临门 321
草木皆兵 322
俎上の肉 323
備えあれば患いなし 324

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  さ行  ]

酒は天の美禄

▶中国語:酒者,天之美禄   [ jiǔ zhě, tiān zhī měi lù ]
▶出典:漢書(食貨志)
▶意味:酒は天から与えられたすばらしい贈り物との意。酒を称賛した言葉。酒の別名は天之美禄ともいう。
▶「酒者,天之美禄(酒は天の美禄)」を引用した記事はこちら。

» Index


 

去る日は苦(はなは)だ多し

▶中国語:去日苦多   [ qù rì kǔ duō ]
▶出典:短歌行(作者は曹操)
▶原文(抜粋):人生幾何 譬如朝露  去日苦多
▶読み下し:人生幾何(いくばく)ぞ 譬(たと)えば朝露の如(ごと)し 去る日は苦(はなは)だ多し
▶「去日苦多(去る日は苦(はなは)だ多し)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

三折

▶中国語:三折   [ sān zhé ]
▶出典:笔法诀
▶意味:何度も挫折し、行く手や情勢が変わること。(挫折を味わった人の方が将来、大成する。どんなときにも希望を持ち努力を続けることである)
▶「三折」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

三上

▶中国語:三上   [ sān shàng ]
▶出典:欧阳修(宋代の文学家の散文・欧阳文忠公文集)
▶原文:我平生所作的文章,多是在“三上”,就是马背上、枕头上、厕座上。大概只是因为只有这些地方才可以集中思想吧。
▶意味:「私は文章を考えるときは三つの上が多い。すなわち、馬の背の上、枕の上、トイレに座っているときに、集中して思索できる」と。ひらめきは、三つの上で言わばリラックスしているときに生まれるのかもしれません。アイデアは机の上では思いつかないことが多いということでしょうか。
▶「三上」を引用した記事はこちら

» Index


 

山溜 石を穿つ

▶中国語:山溜穿石   [ shān liù chuān shí ]
▶出典:枚乘(上书谏吴王)
▶意味:山溜とは山間部の細い流れのこと。山中の水の滴りが石を穿つ、との意。決意があれば気力があることの例え。
▶「山溜穿石 (山溜 石を穿つ)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

四時の序、功を成す者は去る

▶中国語:四时之序、成功者去   [ sì shí zhī xù, chéng gōng zhě qù ]
▶出典:史記
▶意味:四季が移ることに従って役割を終えたら次に譲ること。春は役目を終えると座を夏に譲る。
▶「四时之序、成功者去 (四時の序、功を成す者は去る)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

蓴羹鱸膾(じゅん こう ろ かい)

▶中国語:莼羹鲈脍   [ chún gēng lú kuài ]
▶出典:晋书·张翰传
▶意味:莼羹とはじゅんさいの吸い物。鲈脍とは鱸のなます。故郷の味の意。故郷に帰りたいとの思いを現わす熟語。
▶「莼羹鲈脍 (蓴羹鱸膾[じゅん こう ろ かい] )」を引用した記事はこちら

» Index


 

春風得意(しゅんぷう とくい)

▶中国語:春风得意   [ chūn fēng dé yì ]
▶出典:唐·孟郊(登科后)
▶意味:事業などが順調で得意満面な様子。気持ちが愉快であることを形容した成語。
▶「春风得意 (春風得意)」を引用した記事はこちら

»Index


 

小康生活

▶中国語:小康生活   [ xiǎo kāng sheng huó ]
▶出典:詩経
▶意味:まずまずの暮らしぶり。(日本でいう中流階級)
▶ 「小康生活」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

上善は水の若(ごと)し

▶中国語:上善若水   [ shàng shàn ruò shuǐ ]
▶出典:老子
▶意味:最も高い善は水のようなものである。水は万物に恵みを施すが、万物と争うことがない。また人の嫌がる低いところに集まる。これが理想の生き方であると老子の説。「上善如水」とも。
▶「上善若水 (上善は水の若し)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

小に因りて大を失う

▶中国語:因小失大   [ yīn xiǎo shī dà ]
▶出典:漢代劉昼(新論贪爱)
▶意味:芝麻(胡麻)を選び西瓜を失う、というのが語源。小さな利益のために大きな利益を失うことの例え。
▶「因小失大 (小に因りて大を失う)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

初難を憚(はばか)ることなかれ

▶中国語:母憚初难   [ mǔ dàn chū nán ]
▶出典:菜根譚
▶意味:最初の困難にくじけてはならない。
▶「母憚初难 (初難を憚(はばか)ることなかれ)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

人生意気に感ず、功名誰か復(ま)た論ぜん

▶中国語:人生感意气、功名谁复论   [rén shēng gǎn yì qì, gong míng shéi fù lùn ]
▶日本語表記:人生感意気、功名誰復論。
▶出典:唐詩選
▶意味:人は心意気に感じて人生を歩むもので、功名などは誰も問題にしない。
▶解説:何もかもが打算で動いているように見える現代中国ですが、唐の時代にはこんな男のロマンを感じさせる生き方があったのですね。
▶ 「人生感意气、功名谁复论(人生意気に感ず、功名…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

人生、意の如くならざること、十の内八、九

▶中国語:人生不如意事十之八九   [ rén shēng bù rú yì shì shí zhī bā jiǔ ]
▶出典:晋书·羊祜传
▶意味:人生には、自分の思うとおりにならないことが、十の内八、九もある。しかし、そうであっても努力を怠らないことが大事。
▶ 「人生不如意事十之八九(人生、意の如くならざること、十の内八、九)を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

人生は金石に非ず

▶中国語:人生非金石   [ rén shēng fēi jīn shí ]
▶出典:後漢・無名氏詩(古诗十九首之十一:回车驾言迈)
▶原文:人生非金石,岂能长寿考(人生は金石に非ず、豈能く長く寿考ならんや)
▶意味:人生は金石のように不朽のものではない。どうして永遠の寿命を持つことができようか。時のすぎるのは速く、志を果たすのは難しい。
▶「人生非金石 (人生は金石に非ず)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

人生は朝露の如し

▶中国語:人生如朝露   [ rén shēng rú zhāo lù ]
▶出典:漢書(苏武传)
▶意味:人の一生は陽が昇ると消えてしまう朝露のようなものではかないものだ。時間が短いことの例え。
▶「人生如朝露 (人生は朝露の如し)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

素手で家をなす

▶中国語:白手起家   [ bái shǒu qǐ jiā ]
▶出典:谢觉哉(一支不平凡的生产队伍)
▶意味:無一文から事業を起こすこと。
▶「白手起家 (素手で家をなす)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

積極思考

▶中国語:积极思考   [ jī jí sī kǎo ]
▶出典:ノーマン・ヴィンセント・ピール(中国名:诺曼·文森特·皮尔)著『積極思考の力』(1952年)
※同著は2009年9月に中国でも発売されています。
▶意味: どんなことであっても前向きに考えればそれは実現し、人生はうまくいく、という考え方。努めて物事の良い面を見て、ポジティブな姿勢を保ち、思考そのものを変えることで現実を変えることを目指す思考法。
▶「积极思考 (積極思考)」を引用した記事はこちら

»Index


 

善には善の、悪には悪の報い有り

▶中国語:善有善报,恶有恶报   [ shàn yǒu shàn bào, è yǒu è bào ]
▶出典:缨络经·有行无行品
▶意味:善行、悪行にはどちらもそれなりの報いがある。因果応報。
▶「善有善报,恶有恶报 (善には善の、悪には悪の報い有り)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

先憂後楽

▶中国語:先忧后乐   [ xiān yōu hòu lè ]
▶日本語表記:先憂後楽
▶出典:漢代 刘向《说苑·谈丛》
▶原文:「先忧事者后乐,先傲世者后忧」宋の范仲淹《岳阳楼记》には「先天下之忧而忧,后天下之乐而乐」とあります。
▶意味:国家の安危については人より先に心配し、楽しむのは人より遅れて楽しむこと。 志士や仁者など、りっぱな人の国家に対する心がけを述べた語。
▶ 「先忧后乐(先憂後楽)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

双喜临门

▶中国語:双喜臨門   [ shuāng xǐ lín mén ]
▶日本語表記:双喜臨門
▶出典:「二十年目睹之怪现状」(小説)
▶意味:二つの喜ばしいことが同時にやってきた。
▶ 「双喜临门」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

草木皆兵

▶中国語:草木皆兵   [ cǎo mù jiē bīng ]
▶出典:晋書(苻坚载记)
▶意味:敵を恐れるあまりに、草木までが敵兵に見える。転じて、ありもしないものにびくびくすることの例え。疑心暗鬼を生ず。
▶「草木皆兵」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

俎上の肉

▶中国語:俎上之肉   [ zǔ shàng zhī ròu ]
▶出典:史记(项羽本纪)
▶意味:「俎」はまな板のこと。まな板の上にのせられ、料理されるのを待つ肉のこと。相手に全てを握られていて、身動きすら出来ない状態や状況のこと。「俎上之魚」ともいう。日本では「俎板の鯉」といいますが、中国では俎板の上には「肉」や「魚」であることが面白いです。
▶「俎上之肉 (俎上の肉)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

備えあれば患いなし

▶中国語:有备无患   [ yǒu bèi wú huàn ]
▶日本語表記:有備無患
▶出典:左传(左傳)襄公十一年
▶原文:“居安思危。思则有备,有备而无患。”
▶意味:日頃から準備をしておけば、万一のことが起きても心配することはない。
▶「有备无患(備えあれば患いなし)」を引用した記事をご覧ください。

» Index

 

た行

[人に元気を 充実人生 -  た行  のリスト]

但だ願はくは人長久に 千里 嬋娟を共にせんことを 401
できちゃった結婚 402
でこぼこで平ではない 403
天馬 空を行く 404
天を聴き命に由(よ)る 405
同病相憐れむ 406
同憂(どうゆう)相救う 407
時に安んじて順に処れば、哀楽入る能わず 408
所変われば品変わる 409
咄咄怪事(とつとつかいじ) 410
朋あり遠方より来る、亦(また)楽しからずや 411

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  た行  ]

但だ願はくは人長久に 千里 嬋娟を共にせんことを(但愿人长久,千里共婵娟

▶中国語但愿人长久,千里共婵娟   [ dàn yuàn rén cháng jiǔ, qiān lǐ gòng chán juān ]
▶日本語表記:但愿人長久、千里共嬋娟
▶出典:蘇軾(水调歌头)
▶意味:有名な監視の一節。すこしでも長く生き千里へだてた名月を共に眺めようではないか、との意。婵娟とは「月」のこと。中国の有名な歌手・王菲はこの詩に曲をつけて歌っています。家族や恋人と遠く離れて暮らしていても、その人を想い、共に同じ月を見ることができる。僕は頑張っているよって…気持ちがきっと伝わることでしょう。
▶「但愿人长久,千里共婵娟(但だ願はくは人長久に 千里 嬋娟を共にせんことを)」を引用した記事はこちら。

» Index


 

できちゃった結婚

▶中国語:奉子成婚   [ fèng zǐ chéng hūn ]
▶別の言い方:先上车后补票  (先上車後補票)…先にバスに乗り、あとで切符を買う、とも言います。
▶ 「奉子成婚(できちゃった結婚)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

でこぼこで平ではない

▶中国語:坎坷不平   [ kǎn kě bù píng ]
▶出典:漢·扬雄《河乐赋》
▶意味:地面がでこぼこで平ではない。行く手には多くの困難があり順調ではないことを形容している。
▶「坎坷不平(でこぼこで平ではない)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

天馬 空を行く

▶中国語:天马行空   [ tiān mǎ xíng kōng ]
▶日本語表記:天馬行空
▶出典:元・廷振(萨天锡诗集序)
▶意味:自由闊達で躍動感にあふれていること。
▶「天马行空(天馬 空を行く)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

天を聴き命に由(よ)る

▶中国語:听天由命   [ tīng tiān yóu mìng ]
▶出典:清(说唐)
▶意味:自然の変化に任せて自主的な努力をしないこと。天命に任せる。運に任せる。運否天賦。(これでは自分の未来は開けませんよね)
▶「听天由命 (天を聴き命に由る)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

同病相憐れむ

▶中国語:同病相怜   [ tóng bìng xiāng lián ]
▶出典:吴越春秋(阖闾内传)
▶原文:同病相怜,同忧相救(同病相憐れみ、同憂相救う)
▶意味:同じような境遇にある者同士は互いにいたわり同情し合う、との意。
▶「同病相怜 (同病相憐れむ)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

同憂(どうゆう)相救う

▶中国語:同忧相救   [ tóng yōu xiāng jiù ]
▶日本語表記:同憂相救う
▶出典:吴越春秋·阖闾内传
▶原文:同病相怜,同忧相救(同病相憐れみ、同憂相救う)
▶意味:同じ憂い(悩みや苦しみ)を持つ人は、互いにいたわり合い、助け合うものである。
同忧相救(同憂相救う)」を引用した記事をご覧ください。

» Index 


 

時に安んじて順に処れば、哀楽入る能わず

▶中国語:安时而处顺、哀乐不能入也   [ an shí’ ér chǔ shùn, āi yuè bù néng rù yě ]
▶日本語表記:安時而処順、哀楽不能入也
▶出典:荘子
▶意味:時のめぐりあわせに安んじ、自然の流れに従っていれば、哀も楽もない。自然な生き方がよい。
▶参照記事:[自分らしく ありのまま 一生懸命に生きる 桜梅桃李]
▶ 「安时而处顺、哀乐不能入也(時に安んじて順に処れば…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

所変われば品変わる

▶中国語:百里不同风,千里不同俗   [ bǎi lǐ bù tóng fēng,qiān lǐ bù tóng sú ]
▶日本語表記:百里不同風、千里不同俗
▶出典:史记
▶意味:土地が変われば風俗習慣も異なる。
▶ 「百里不同风、千里不同俗(所変われば品変わる)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

咄咄怪事(とつとつかいじ)

▶中国語:咄咄怪事   [ duō duō guài shì ]
▶出典:宋・杨万里(明发栖隐寺)
▶意味:咄咄とは驚きいぶかる声。おやまあ!と考えられないことを表す。けなす意味合い。奇々怪々なこと。奇怪千万なこと。
▶「咄咄怪事 (咄咄怪事=とつとつかいじ)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

朋あり遠方より来る、亦(また)楽しからずや

▶中国語:有朋自远方来、亦乐乎   [ yǒu péng zì yuan fāng lái, yì lè hū ]
▶日本語表記:有朋自遠方来、亦楽乎
▶出典:論語(学而)
▶意味:同じ思いをなす友が遠方から遣って来た。なんと楽しいことか。
▶ 「有朋自远方来、亦乐乎(朋あり遠方より来る…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   

 

な行

[人に元気を 充実人生 -  な行  のリスト]

子(なんじ)の手を執りて、子と偕(とも)に老いん 501

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  な行  ]

子(なんじ)の手を執りて、子と偕(とも)に老いん

▶中国語:执子之手,与子偕老   [ zhí zǐ zhī shǒu,yǔ zǐ xié lǎo ]
▶日本語表記:執子之手、与子偕老
▶出典:詩経
▶意味:手を繋ぎ共に老いる。将来のことを誓い合う言葉。
▶「执子之手,与子偕老(子の手を執りて、子と偕に老いん)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   

 

は行

[人に元気を 充実人生 -  は行  のリスト]

白酒(バイジョウ) 601
白頭到老 602
破顔一笑 603
莫逆(ばくぎゃく)の交わり 610
爆竹を鳴らす 604
白駒の隙を過ぐる(はっきのげきをすぐる) 605
花ひらけば風雨多く、人生 別離足る 606
百花繚乱 607
忘形(ぼうけい)の交わり 608
忙中閑を偸む 609

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  は行  ]

白酒(バイジョウ)

▶中国語:白酒   [ bái jiǔ ]
▶概要:中国の穀物を原料とする蒸留酒で、世界の6大蒸留酒(ブランデー、ウイスキー、ウオッカ、ジン、ラム、白酒)のひとつとされる。アルコール度数が52度に達するものもあります。白酒の“白”は“透明”という意味。

乾杯の後で、相手に向かって杯を傾け底を見せたり、逆さにして、飲み干したことを示す習慣があります。ビールを飲み干す乾杯よりも、白酒の乾杯の方が、酒としての量が少ないのでよい、という日本人強者が結構います。(私はどちらもつらい)
▶「白酒(バイジョウ)」を引用した記事はこちら。

» Index


 

白頭到老

▶中国語:白头到老   [bái tóu dào lǎo]
▶日本語表記:白頭到老
▶出典:詩経
▶意味:夫婦が共に白髪になるまで添い遂げるとの意。
▶ 「白头到老(白頭到老)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

破顔一笑

▶中国語:破颜一笑   [ pò yán yī xiào ]
▶日本語表記:破顔一笑
▶出典:鲁迅《奇怪》
▶意味:顔をほころばせてにっこりと笑う。
▶ 「破颜一笑(破顔一笑)」を引用した記事をご覧ください。

» Index 


 

莫逆(ばくぎゃく)の交わり

▶中国語:莫逆之交   [ mò nì zhī jiāo ]
▶出典:庄子(大宗师)
▶原文:“四人相视而笑,莫逆于心,遂相与为友。”(四人相見て笑い、心に逆らうこと莫く、遂に相与に友と為る)
▶意味:非常に親しい付き合い、との意。意気投合した友のこと。莫逆の友。
▶「莫逆之交 (莫逆の交わり)」を引用した記事はこちら

»Index


 

爆竹を鳴らす

▶中国語:放鞭炮  [ fàng biān pào ]
▶由来:爆竹の音が長時間持続するさまが鞭を打つ音に似ていることから、中国では爆竹は「鞭炮」とも称されます。爆竹は2000年以上の歴史があり、春節以外に元宵節や端午節、中秋節といった他の節日や、結婚や誕生日、商店の新規開店などに欠かせない道具。元々は爆竹を鳴らし妖怪や邪気を払うためでした。
▶ 「放鞭炮(爆竹を鳴らす)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

白駒の隙を過ぐる

▶中国語:白驹过隙   [ bái jū guò xì ]
▶日本語表記:白駒過隙
▶出典:庄子(知北游)
▶意味:時間は過ぎるのが早いことの例え。人生とは、戸の隙間から白駒が走りすぎるのを見るように、ほんの一瞬のことである。楽しく有意義な人生としたいものです。
▶「白驹过隙(白駒の隙を過ぐる)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

花ひらけば風雨多く、人生 別離足る

▶中国語:花发多风雨,人生足别离    [ huā fā duō fēng yǔ, rén shēng zú bié lí ]
▶日本語表記:花発多風雨、人生足別離
▶出典:唐代、于武陵
▶原文は「勧酒」(酒を勧む)という詩の一節。
▶意味:足るとは多いの意。花には嵐が多く、人生には別れが多い。
▶「花发多风雨,人生足别离(花ひらけば風雨多く、人生 別離足る)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

百花繚乱

▶中国語:百花争艳   [ bǎi huā zhēng yàn ]
▶日本語表記:百花争艶
▶意味:様々な花が美しさを競う。百花繚乱。
▶「百花争艳(百花繚乱)」を引用した記事をご覧ください。

» Index 


 

忘形(ぼうけい)の交わり

▶中国語:忘形交   [ wàng xíng jiāo ]
▶出典:新唐書(孟郊传)
▶意味:地位や風采などの外形的にはとらわれず、心と心に隔たりのない、極めて親しく親密な交わりのこと。
▶ 「忘形交(忘形の交わり)」を引用した記事はこちら。

» Index 


 

忙中閑を偸む

▶中国語:忙里偷闲   [ máng lǐ tōu xián ]
▶日本語表記:忙里偸閑
▶出典:宋·黄庭坚《和答赵令同前韵》
▶意味:忙しい中にも暇を見つける。(忙中閑あり)
▶「忙里偷闲 (忙中閑を盗む)」を引用した記事をご覧ください。

» Index

 

ま行・や行・ら行・わ行

[人に元気を 充実人生 -  ま行・や行・ら行・わ行  のリスト]

[ま] 水を得た魚の如し 701
路(みち)遥かにして馬の力を知り、日を久しくして人の心を見る 702
[や] 薬食同源(医薬同源) 801
蓬(よもぎ)も麻中(まちゅう)に生ずれば、扶(たす)けずして直し 802
[ら] 龍擡頭(龍が頭を擡げる) 901
烈士暮年、壮心已まず 902
六十にして耳 順(したが)う 903
[わ] 禍に因り福とす 001

»目次へ

[人に元気を 充実人生 -ことわざ・格言の説明  ま行・や行・ら行・わ行  ]

水を得た魚の如し

▶中国語:如鱼得水   [ rú yú dé shuǐ ]
▶出典:三国志
▶意味:水を得た魚のように、所を得て生き生きしている様。
▶「如鱼得水 (水を得た魚の如し)」を引用した解説記事はこちら

»Index


 

路(みち)遥かにして馬の力を知り、日を久しくして人の心を見る

▶中国語:路遥知马力、日久见人心   [ lù yáo zhī mǎ lì, rì jiǔ jiàn rén xīn ]
▶日本語表記:路遥知馬力、日久見人心
▶出典:元の時代の芝居、《争报恩》
▶意味:遥かな路(長距離)を走らせれば馬の力が分かり、長く一緒にいれば人の心が分かる。
▶ 「路遥知马力、日久见人心(路遥かにして馬の力…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index  


 

薬食同源(医薬同源)

▶中国語:药食同源   [ yào shí tóng yuan ]
▶日本語表記:薬食同源
▶意味:薬と食物は起源が同じ(唐朝时期の“黄帝内经太素”)で、双方の間には明確な境界線はない。日本で言われている「医薬同源」の語源。
▶「药食同源(医薬同源)」を引用した記事はこちら。

» Index


 

蓬(よもぎ)も麻中(まちゅう)に生ずれば、扶(たす)けずして直し

▶中国語:蓬生麻中,不扶而直    [péngshēng má zhōng, bù fú ér zhí]
▶出典:荀子(劝学)
▶意味:蓬は普通は地面に沿うように生えている。しかしまっすぐ上に伸びる麻の中に植えると、支えがなくともまっすぐに育つ。人間も同じで、 環境や良い交友関係に恵まれれば、それに感化されて立派な人間に育つのだという意。
▶ 「蓬生麻中,不扶而直(蓬も麻中に生ずれば…)」を引用した記事をご覧ください。

» Index   


 

龍擡頭(龍が頭を擡げる)

▶中国語:龙抬头   [ lóng tái tóu ]
▶日本語表記:龍擡頭
▶中国伝統の風俗の呼称。「二月二,龙抬头,剃毛头」(旧暦2月2日、龍が頭を擡げ、頭の毛を剃る)
▶中国では、春節(旧正月)が終わってから「竜抬頭」までは、髪を切ると縁起が悪いとされている。また、旧暦の2月2日に散髪すると逆に縁起が良く、運が高まると考えられています。
旧暦2月上旬にあたる時期に乾季から雨季へと変わることから、その年の豊作を期待して竜に雨を願うとの習慣。
現代でも、「竜抬頭」の日に散髪をして、気分一新、さわやかな気持ちで春を迎えたいという民の心が生きています。<この言葉はことわざではありませんが、中国社会に根付いた風習の名称ということで掲載しました>
▶「龙抬头[龍擡頭] (龍が頭を擡げる)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

烈士暮年、壮心已まず

▶中国語:烈士暮年,壮心不已   [ liè shì mù nián, zhuàng xīn bù yǐ ]
▶出典:曹操(步出夏门行·龟虽寿)
▶意味:男らしい男は晩年を迎えても、心は若々しくチャレンジ精神をも持っている。
▶「烈士暮年,壮心不已(烈士暮年、壮心已まず)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

六十にして耳 順(したが)う

▶中国語:六十而耳顺    [ liù shí ér ěr shun ]
▶日本語表記:六十而耳順
▶出典:論語
▶意味:60歳になればどのような意見にも素直に耳を傾けるのがよい、との意。
▶原文:吾十有五,而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳顺。七十而从心所欲,不逾矩。
▶ 「六十而耳顺(六十にして耳 順う)」を引用した記事をご覧ください。

» Index


 

禍に因り福とす

▶中国語:因祸为福   [ yīn huò wéi fú ]
▶日本語表記:因禍為福
▶出典:史記(管晏列传)
▶意味:悪いことが善いことに変化すること。
▶「因祸为福 (禍に因り福とす)」を引用した解説記事はこちら

  »Index

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら