【天壌之別】ということわざ スッポンも登場する名月への想い

大連のあるレストランにて(2017年11月)

親元から遠く離れて暮らしていても、中秋の名月には実家に帰省し、家族団欒のひと時を過ごす、これが中国の中秋節。美しい月を愛でつつも、現実社会ではビジネスに関わりひた走る経済人として、また一人の人間として…

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮今回のことわざ(五十音順)

 

阿谀奉承 / 阿諛奉承(あゆほうじょう)

  • 中国語:阿谀奉承   [ ē yú fèng chéng ]
  • 出典:东鲁古狂生(醉醒石)
  • 意味:「阿谀」、「奉承」どちらもおもねること、またお世辞を言う、おべっかを使うとの意。

»記事へ

 

双喜临门 / 双喜 門に臨む

  • 中国語:双喜临门   [ shuāng xǐ lín mén ]
  • 日本語表記:双喜臨門
  • 出典:二十年目睹之怪现状
  • 意味:二つのおめでたいことが一緒にやって来た。盆と正月が一緒に来たよう。二重のおめでた。

»記事へ

 

天壤之别 / 天壌(じょう)の別

  • 中国語:天壤之别   [ tiān rǎng zhī bié ]
  • 出典:抱朴子(内篇·论仙)
  • 意味:「天壌」とは天と地のこと。天と地ほどの違い、差が大きいことの例え。月とスッポン。

»記事へ

 

天道无亲 / 天道は親無し

  • 中国語:天道无亲   [ tiān dào wú qīn ]
  • 出典:老子(第七十九章)
  • 原文:天道无亲,常与善人(天道は親無く、常に善人に与す)
  • 意味:天の道はえこひいきせず、常に善人に味方する、との意。

»記事へ

 

共饮一江水 / 共に飲む長江の水

  • 中国語:共饮一江水   [ gòng yǐn yī jiāng shuǐ ]
  • 出典:李之仪(卜算子)
  • 原文:「我住長江頭,君住長江尾」(我は住む 長江の頭、君は住む 長江の尾)「日日思君不見君,共飲長江水」(日日君を思えど 君を見ず、共に飲む 長江の水)
  • 意味:お互いに長江の水を飲む。共通の感情があること、また、隣国同士の友好の意味もある。という風に、離れ離れの二人が同じ長江の水を飲み、互いに相手を想うという情景が浮かんできます。長江と同じように、離れた二人が同じ月を見るという「城里的月光」という題名の歌もしっとりします。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:【天壌之別】ということわざ スッポンも登場する名月への想い

▮双喜臨門

 とある宴席。ホスト役の挨拶に続いて、ゲスト側の代表が答礼の挨拶。曰く「今日は双喜臨門だ。まもなくおめでたい中秋節が来る。且つ今日はあなたにお会いできて、共に食事をすることができました。まるで盆と正月が一緒に来たような、二重の喜びです!」と。

 中国で中秋節は春節と並んでとても大切な伝統行事です。従って「中秋節おめでとう」は当然だとしても、歯が浮くようなお世辞を面と向かって言われると、お尻のあたりがむず痒くもなります。

 古来、中国では「阿諛奉承」というおべっかを使うという意味のことわざがあります。それが、おべっかであるとわかっていても、何とも言えない面はゆい気持ちになるとはいえ、なかなか耳ざわりがよく悪い気がしなかったので、まあいいか…

 

▮天壌の別

 本社から派遣された現地会社の総経理。長く務めていたが、本社命により辞して帰国。以来何年も経ち、久しぶりに連絡があった元部下たちは一様に「総経理!」と呼ぶのです。一見、おべっかを使っているように聞こえるかもしれませんが、実は必ずしもそうではなく、むしろ「情の深さ」が現れた言葉ではないでしょうか。そう呼ばれると、共に苦労した往時のことが甦ります。おそらく生涯、それは変わらないのではないかと思います。

 一方で、現職の時には「総経理」と呼んでいたのに、辞令が発効した翌日には「…さん」とさん付けで呼ぶ日本人。勿論、そう呼ぶのは間違いではありません。が、中国人に比べ、情の薄さとして感嘆します。

 「天壌(じょう)の別」という中国のことわざがあります。天と地ほども違うことの例えです。情の深さの大きな違いは、美しい「月」と、醜い代表格の「スッポン」ほどの違いが感じられます。

 

▮共に飲む長江の水

 仕事や学業など何かの理由で離れて暮らす家族や恋人同士。しかし眺める月は同じ。北宋代の詩人である李之儀は「共に飲む長江の水」と詠んでいます。逢うことはできないが、長江の流れに佇み、夜空の「月」を眺め、相手のことを想うという光景が心に沁みます。

 拝金主義など、ともすると何かと殺伐とした社会にあっても、何ともしっとりとした情の深さを感じさせてくれるではないですか。

 また、老子は「天道は親無し」という言葉を残しています。すべてのことは昼間は太陽が、夜には「月」がお見通しであるというのですから、うわべだけを追いかけ繕う適当な仕事では成功するわけがありません。情にも厚い善人でありたいと思います。

 そして、数々の紆余曲折を経てきた日中関係。関係が良い時にお付き合いするのは簡単かもしれませんが、悪い時であっても変わらずつき合いを継続する。これも人間として情の深さがなせる業ではないでしょうか。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!