ことわざ【天涯比隣】 えっ意外と近い! 中国・大連って…

大連駅

外国ではありながら、日本からわずか2~3時間という意外なほどの近さにある大連。疲れるだけのコンクリートジャングルではなく、中国のスタンダードの街でも…

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮今回のことわざ(五十音順)

 

威风凛凛 / 威風凛凛

  • 中国語:威风凛凛   [ wēi fēng lǐn lǐn ]
  • 出典:三国演義
  • 意味:大いに気勢が上がること。武者震い。

»記事へ

 

有缘千里来相会 / 縁あれば千里能(よ)く相会(あいかい)す

  • 中国語:  有缘千里来相会      [ yǒu yuán qiān lǐ lái xiāng huì ]  
  • 出典:宋·无名氏《张协状元》第14出
  • 原文:有缘千里来相会,无缘对面不相逢。(縁あれば千里能く相会し、縁なければ面(めん)を対しても相逢はず)
  • 意味:「縁が有れば千里離れていても互いに出会うことができるが、縁が無ければ互いに向かい合っていても、知り合うことなくすれ違ってしまう」との意。縁は大切にしたいものです。

»記事へ

 

杞人忧天 / 杞人憂天

  • 中国語:杞人忧天   [ qǐ rén yōu tiān ]
  • 出典:列子
  • 意味:杞の国の人が、天が落ちてきたらどうしようと毎日心配し、ご飯も食べられず夜も眠れなかったという故事。余計な心配、取り越し苦労をするとの意。

»記事へ

 

丝毫不差 / 絲毫不差

  • 中国語:丝毫不差   [ sī háo bù chà ]
  • 出典:资治通鉴
  • 意味:ごくわずかの足りないものも無いこと。

»記事へ

 

天涯比邻 / 天涯比隣

  • 中国語:天涯比邻   [ tiān yá bǐ lín ]
  • 出典:杜少府之任蜀州
  • 意味:「比邻」は近所、隣り合うこと。たとえ遠く離れていても、すぐ近くにいるように親しく思われること。 親しい友人などのこと。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:【天涯比隣】 えっ! 意外と近い 中国・大連って…

▮杞人憂天

 国内の転勤であっても知らない土地は緊張するもの。ましてや初めての海外転勤となるとなおさらです。果たしてちゃんとやっていけるだろうか、不安は募るばかり。まるで「杞人憂天」とばかりにあれこれ心配するのはやむを得ないこと。

 しかし、ここ大連は中国にあって少しばかり他とは異なる姿を見せてくれます。

 空路、成田からだと約3時間、関西空港からであれば2時間ほどの所にあるのが中国・大連。日本からとても近いのですが、間違いなく異国の地。国家体制、言葉、習慣等々大きく異なります。

 

▮有缘千里来相会

 遼東半島の南端にある大連は、黄海と渤海に面し、北側以外はすべて海に囲まれています。

 そのためか、中国にありがちなくすんだ埃っぽい街ではなく、木々の葉がちゃんとした緑色をした、中国の中では見事な青空も見ることができます。

 大連は北緯約39度に位置し、日本の仙台市と同じくらいです。真冬の最高気温が零度という日がひと冬に何回かあります。一方、夏はさわやかな感じです。四季が比較的はっきりしていて、どことなく日本の風情を感じさせる街です。

 広大な中国大陸にあって、南方のように暑くなく、北方のような厳冬もなく、住みやすいことが大連人の自慢。中国人にとっても、次に住みたい街のトップにランクされるくらいです。

 古代中国の「千里来相会」という言葉。「縁あれば千里能(よ)く相会(あいかい)す」とあります。敵として相見えたりした歴史も含めて、特に満州時代からのゆかりが街のそこかしこに感じられて、日本人にとってはすっと入っていける、親しみを持てる大連。仕事で疲れた心身を癒してくれる街でもあります。

 

▮大連駅

 街のそこかしこに現存する歴史的建造物も親しみを感じさせてくれます。そのうちのひとつが大連駅。瀋陽、長春、北京方面への旅客列車の起点である鉄道の駅。南口側の駅舎は、日本の統治時代の1937年(昭和12年)に、上野駅がモデルとなって建築されました。設計者は旧南満州鉄道の太田宗太郎氏です。

 鉄道駅としては珍しく2階が出発、1階が到着と空港のような造りで、2階には巨大な待合室があります。以前は大連・瀋陽間の約400㎞を最速の特急で約4時間もかかったのですが、2012年12月に新幹線型の高速鉄道が開通し、約2時間に短縮されずいぶん便利になりました。

 この大連駅の周辺は昭和初期には既に整備され、道路のアスファルト舗装や、レンガ造りの不燃建築物が立ち並ぶ町並みができあがり、ほぼ現在の形になりました。そんな歴史を思い浮かべながら散策するのも趣があります。ただ、街の中心部は何処も車のクラクションなどで喧騒が溢れていますが…

 

▮威风凛凛

 大連は遼寧省の遼東半島の南端に位置する重要な港、貿易、工業、観光都市です。都市部の人口は約350万人、市管轄エリヤのすべてを含めると総人口は600万人を超えます。遼寧省では省都の瀋陽市に次ぐ規模で、また副省級都市です。

 広大な中国の中ではごく一般的な規模の都市ですが、大連ほどこなれた街は他にあるでしょうか。それがすなわち大連のマーケットです。膨大なマーケットを眼前にして、さあやるぞと「威风凛凛」、大いに気勢が上がります。

 他方、中国に進出するときに、まず上海へ出店することを考えることが多いと思われます。しかし、上海は中国の中で突出した超大都会。無いものがない、まるで別世界のようなのです。つまり、上海でいくら考えても中国全体は見えてこないのです。

 その点、上海には比べるべくもない大連が、中国全体のマーケットを俯瞰するにはちょうどいい。「絲毫不差」というほどではないものの、最も適していると言えます。

 

▮天涯比隣

 外国ではありながら、日本からわずか2~3時間という意外なほどの近さ。正に「天涯比隣」、隣り合っていると言っても過言ではありません。

 上海や北京などの突出した巨大都市ではないが、中国のスタンダード的な街。大連は都会でありながら癒しをくれる街。疲れるだけのコンクリートジャングルではなく、よくこなれ住みやすい街、それが大連なのです。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!