論語には【侃侃而談】と 中国では負けるが勝ちという議論は…

今日も白熱の議論が…(2019年5月大連・森ビル)

何としても相手の理解を得なければならないときの議論。絶対に負けてはならない議論を敢行する時には、論理の組み立てとともに、理屈をこねまわしてでも納得させる必要があります。勝つためにはこじつけることも時には必要なのです。

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

▮今回のことわざ(五十音順)

 

侃侃而谈 / 侃侃 而して談(かた)る

  • 中国語:侃侃而谈   [ kǎn kǎn ér tán ]
  • 出典:論語
  • 意味:「侃」は剛直。憚ることなく議論すること。侃侃諤諤。

»記事へ

 

吴越同舟 / 呉越同舟

  • 中国語:吴越同舟   [ wú yuè tóng zhōu ]
  • 出典:孫子(九地)
  • 意味:もともと呉の国と越の国の人達は互いに憎み合っていたが、たまたま同じ船に乗り合わせ、途中で大風に遭遇したような場合には互いに協力し助け合う。

»記事へ

 

强词夺理 / 詞 強く理を奪う

  • 中国語:强词夺理   [ qiǎng cí duó lǐ ]
  • 日本語表記:強詞奪理
  • 出典;三国演义
  • 意味:道理の無い強弁をすること。屁理屈をこね、こじつけをする。

»記事へ

 

以退为进 / 退くを以て進むと為す

  • 中国語:以退为进   [ yǐ tuì wéi jìn ]
  • 日本語表記:以退為進
  • 出典:揚雄(法言·君子)
  • 意味:謙遜して相手に譲ることを道徳的な進歩であるとする。その後、転じて、前進するためにひとまず後退するとの意。負けるが勝ち。

»記事へ

 

人多手杂 / 人多く手は雑(ま)じる

  • 中国語:人多手杂   [ rén duō shǒu zá ]
  • 出典:红楼梦
  • 意味:手を付ける人がやたらと多くいること。船頭多くして船山に上る。

»記事へ

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

「カテゴリー別 成功に拘る中国のことわざ」索引はこちら

 

記事:【侃侃而談】 中国で負けるが勝ちという議論は…

▮侃侃而して談(かた)る

 出先から意気揚々と会社に戻ってきた若い社員。「顧客と議論して勝ったぞ!」と。「お客と議論してどうする気だ」とたしなめられ、負けたのならまだしも勝って帰って来たのに…と納得できない様子。

 中国では屁理屈も含めて、理屈っぽい人、やたらと弁の立つ人が多い。とにかく彼らは議論が好きで議論に勝つことに快感を覚えるように見えます。

 上海のある設立後四年程度経過した日中合弁企業。中国側の出資企業は口を開けば「四年も経つのにまだ一元の利益ももらっていない」と文句。ここから「侃侃而して談(かた)る」という口角泡を飛ばす議論が始まります。日本側は「事業の性格上、利益が出るのに五、六年かかる」と応戦しますが、「利益が出ないのは経営を主導する日本人総経理(社長)が悪いせいだと。

 

▮人多く手は雑(ま)じる

 その中国側企業が更にイラつくのが利益の出ていない合弁企業の「人多く手は雑(ま)じる」体の経営機構。合弁企業出資者の日中双方から派遣された経営層に加え、日本本社が北京に設立したホールディング会社から派遣された副総経理の三人が、会社経営を担うという構図。会社内が三派に分かれ、それぞれがまるで利益代表のように口を出し指図をするという、なんともややこしい状態であったことです。何をやるにもまとまりを欠き、どこに向かうのかわからない、船頭多くして船山に上るとはこのことか。

 

▮呉越同舟

 お互いに口を開けば相手への悪口三昧。本来中国市場の開拓に注ぐべきエネルギーは社内でくすぶっていました。会社運営を行う幹部に団結も何もあるはずはなく、そんな状態では、成功するわけもありません。

 孫子は「呉越同舟」といっています。元は仲の悪い者同士であっても、たまたま同じ船に乗り合わせ、嵐に総具した場合には助け合うものだという言葉を残しています。

 出身母体はそれぞれ異なっていても、皆が同じひとつの会社の運営を担っているというのに、なぜこんなに揉めるのか。

 実は、仲の良くない三者が同じ船に乗っているようなもの。それぞれの思いや考え、担当する職務は違うからと言って、目指す方向に船が向かわなければ大変なことになってしまう。

 よって、出身母体の違いを乗り越えて、多くの社員達と一緒に乗っているこの船が、ちゃんと目的地に到着できるようにリードし、運営に努力をすべきなのです。

 

▮退くを以て進むと為す

 日本では様々な議論のシーンで、「負けるが勝ち」とばかりにその場を収めることを優先することも少なくありません。中国にも「退くを以て進むと為す」との古いことわざがあるにはありますが、現実にはそのようなことはまったくと言っていいほどありません。

 相手が合弁相手方であれ、自社の中国人社員であれ理論や議論で負けてしまっては、その後、力関係で不利を招き、場合によっては制御不能の事態となりかねません。

 ですから唾を飛ばしながらの論争になった場合でも、中国の現場では一歩たりとも退いてはなりません。もちろん恫喝したり大きな声を出すのではなく、どこまでも冷静に、理路整然と。たとえ理屈をこねてでも負けてはならないのです。

 

▮詞 強く理を奪う

 論争好きが多い中国社会で、相手に議論で負けないためには、正論による議論が基本。自社の経営理念は錦の御旗、日頃から社内に周知させておくと、それが正論の軸になる。次に、自分の利益だけを考えたのでは相手の理解を得るのは困難であり、あくまで自他共の精神がベースに無ければならない。特に中国では論争の勝ち負けには関係なく、相手のメンツは守ることを疎かにすると相手は承服しない。その結果、しこりを残すことになる。

 三国演義には「強詞奪理(詞 強く理を奪う)」とあります。決してスマートな議論にはなりませんが、勝つためにはこじつけることも時には必要なのです。

 何としても理解を得なければならないときの議論。絶対に負けてはならない議論を敢行する時には、論理の組み立てとともに、理屈をこねまわしてでも納得させる気合が必要があります。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!