【臨陣磨槍】ということわざ 脆い! 十分な準備も無くスタートすると

大連・労働公園 サッカーボールのオブジェ(2016年10月)

「好きこそ物の上手なれ」と言われるように、好きであれば自然と上達するはずですが、それはそれなりに準備や体制づくりなどの基礎がしっかりとしているから。もしそうでなければ計画はもろくも崩れ去る。思い付きだけではとても…

 

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

 

怨气冲天 / 怨気 天を衝く

 

◆中国語:怨气冲天   [ yuàn qì chōng tiān ]

◆日本語表記:怨気衝天

◆出典:東周列国志

◆意味:怨み憤りの気持が天を衝く。激しい憎しみを形容した言葉。

»記事へ

 

岁月不饶人 / 歳月は人を饒(ゆる)さず

 

◆中国語:岁月不饶人   [ suì yuè bù ráo rén ]

◆日本語表記:歳月不饒人

◆出典:梁实秋(中年)

◆意味:歳月には情実は無く常に人を老化させる。歳月は人を容赦しない。(古代中国ではなく現代中国の文学者である梁实秋が残した成語)

»記事へ

 

临阵磨枪 / 陣に臨みて槍を磨く

 

◆中国語:临阵磨枪   [ lín zhèn mó qiāng ]

◆日本語表記:臨陣磨槍

◆出典:紅楼夢

◆意味:戦の陣場で作戦を立てる際にやっと槍を磨くこと。危機や災難が降りかかってから準備をすることの例え。にわか作り。

»記事へ

 

戮力同心 / 戮力(りくりょく)同心

 

◆中国語:戮力同心   [ lù lì tóng xīn ]

◆出典:左傳(成公十三年)

◆意味:力を合わせて心をひとつにすること。一致団結。

»記事へ

 

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」索引はこちら

 

記事:【臨陣磨槍】脆い! 十分な準備も無くスタートすると

▮怨気衝天

 それは、大連で行われたJリーグのあるチームと大連のプロチームの親善試合を観戦した時のことです。

 サッカーの試合を生で見るのは初めてということもあって、ちょっぴり緊張しながらスタジアムへ。両チームの動きが一番わかりやすいと思ってバックスタンドの中央辺りに席を確保、陣取りました。試合の開始時刻が近づくにつれ周りに人が増えてきました。日本にとってはアウエーですから当然と言えばそれまでですが、埋め尽くされた中国人ファンに囲まれてしまいました。

 いよいよ試合開始。臨場感がテレビで観るのとはまるで違います。年甲斐もなく少々興奮しながら戦況を眺めていました。大連のチームがチャンスを迎えるとスタジアム全体に地鳴りのような声援が沸き起こります。が、一方、日本のチームがチャンスのときには、聞くに堪えない激しい憎しみの言葉が叫ばれ、飛び交って来ました。「怨気衝天」ということわざ。天まで届きそうな激しい憎しみの気持…ということでしょうか。

 遂に居たたまれず前半が終わったところでスタジアムを後にしました。日本人であると悟られると危害を加えられそうな感じすらしたのです。

 

▮戮力同心

 それにしても、中国人は無類のサッカー好きです。ある日、そんな社員達に「サッカーチームを作ろうか」と社内でつぶやいたところ、これが大反響! サッカー好きの彼らに異論があるわけは無くさっそく準備。メンバーの募集、会社のロゴをあしらったユニフォーム等々取り揃えて意気揚々の結団をしたのです。

 実は、当時、会社としては大きな目標を掲げ、その達成のために時には辛辣なことを言い、前進することを社員に強力に促すというプレッシャーの強いマネジメントをしていました。ただそれだけでは潤いのない無味乾燥でギスギスした組織になってしまいかねません。

 それに個人主義の色濃い社員達を団結させるために少しでも役立てば、との思いがあったからです。中国古典の左傳には「戮力(りくりょく)同心」ということわざがあり、一致団結の必要性を説いています。

 

▮歳月不饒人

 そんな背景もあって発足した「サッカー部」。土日には借りたグラウンドで練習を開始。真新しいユニフォームのロゴマークが躍っています。練習だけでは飽き足らなくなって、自社でサッカーチームを持っている顧客に申し込んで試合も行いました。みんな生き生きと動き声を出し、チームを作ってよかったと実感させる光景でした。

 しかし、その喜びもつかの間、怪我をする社員が続出。「サッカーが好き」ということだけで構成したチームで、メンバーは若手社員だけでなく中年社員も多数いました。中年のメンバーは普段の運動不足も影響し体がついていかないことが原因。

 「歳月は人を饒(ゆる)さず」という中国のことわざ。例え中年おじさんであったとしても、頭ではそう思っていない。ところが歳月は容赦なく体力を奪っていくのです。

 中年社員は仕事上でも中堅でありリーダーとして活躍している社員もいます。中には試合中に転んで骨折し長期休暇を余儀なくされたというようなことも起こり、仕事への影響が懸念される状況になってしまったのです。これは考えもしなかったことでした。

 

▮臨陣磨槍

 みんなから大好評であったのにこんなに脆くも崩れてしまうとは…

 実は「臨陣磨槍(陣に臨みて槍を磨く)」ということわざのように、準備や体制ができていなかったことによるのもだといえます。チームにあったものはカッコいいユニフォームだけ。指揮官不在、もちろん組織だっていない等々、というように、にわか作りの当然の結果でありました。

 社内にスポーツチームを作ることを否定するわけではありませんが、好きだからということで成功するとは限らない。何事も準備を十分にしておかねばならないということです。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

Follow me!