中国ことわざ【酒入れば舌出づ】 春節は自重するのがよい 男の三欲と酒にも

宴席は楽しいことばかりではない(2009年7月)

会社のある幹部社員。いつもと違って冴えない顔をしている。人づてに聞いてみると、昨夜酒を飲みすぎて途中から意識がなくなり、気がつくと持っていたはずのバッグや財布、着ていた背広上着などが無くなっていた、とのこと。やらかした失敗を悔いていたようです…

 

乾杯で酩酊

 皆さんと食事をする際に出された料理をより美味しくしてくれるのがお酒。社員達との懇親会や顧客との会食など、お酒は欠かすことができません。円卓を囲みお酒を酌み交わすことで、語らいが盛り上がり人との距離を縮めてくれるのです。

 問題は、日本とは違いマイペースでちびちび飲るのは中国ではマナー違反であるということです。一口飲みたくなった時には座の誰かを相手に「乾杯」。他の人から乾杯を求められることも多くあります。そして乾杯の基本は字ずらのとおり飲み干すこと。すると、結局飲みすぎてしまうことになってしまいかねません。

 中国古典にも「酒を飲むに酩酊を成さしむる莫れ」と、泥酔を戒める格言があることを忘れてはなりません。程よい酒量で一層コミュニケーションを深めることを心掛けたいものです。

 

兵法三十六計とお酒

 大連に赴任してまだ時間が経っていなかったころ、顧客との宴席でこんなことを言われました。「飲みすぎて酔っぱらっただと? 本当の酔っぱらいは、自分で酔ったとは言わないものだ。さあさあもっと飲んで!」「まだまだ酔ってはいないだと? だったらもっと飲んで飲んで!」

 中国の宴席で一般的に飲まれているのはアルコール度数52度の白酒。時にはワインのがぶ飲み。これを呑んで酔わないことはあり得ない、が、どんな場面でも醜態をさらすわけにはいきません。

 自分がホストの場合は飲みつぶれては御役目失格です。では、乾杯の嵐にどう対応するのがよいのか? 結論は、もう駄目だと思ったら、白旗を上げて降参するのが一番。中国の兵法三十六計にも「走ぐるをもって上計とす」とあるではないですか。日本式の玉砕戦法は誰も褒めてはくれません。

 

危険がいっぱいの春節前

 酒を飲む機会は年中ありますが、中でも多いのが元旦から春節の間です。旧暦で動いている中国では顧客など関係先に一年の謝意を表し、新しい年もよろしくと一席を設けるのには絶好の季節です。

 この時期、世間では元旦前から「新年好」と挨拶が交わされ、春節に入ったら「過年好」に変わります。つまり新暦の1月1日は新しい年をお祝いする「新年好」、旧暦の1月1日には正月を祝う「过年好」と「新年おめでとう」を約2カ月にわたって使い分けるのです。

 新年で浮ついていているところに酒が入ればどうしても人は冗舌になります。ここに失敗の落とし穴が待っています。中国の格言に「酒が入ると舌が出」とあります。しゃべりすぎが原因で身を滅ぼすなんてことにならないようにしたいものです。

 

男の三欲

 男の三欲とは「飲む、打つ、買う」だそうな。また、何かの問題が起こったとき、その裏には必ずといってよいほど酒、金、女の存在がある、といわれます。それは何も日本に限ったことではありません。中国のことわざには「欲は度無きに生ず」とあります。欲望は規制がないことから生じるというのです。

 であるならば、自己規制をする以外にはなさそうです。一歩外に出ると人を惑わすことがいっぱい。溺れないように自己を高みに置くこと、常に自分を磨くことなど、中国で活躍しようと考える総経理にはやるべきことはたくさんあるのです…

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

走为上计 / 走ぐるをもって上計とす

◆中国語:走为上计   [ zǒu wèi shàng jì ]

◆出典:南斉書(王敬则传)

◆意味:戦いを避けるのが最善の策略であるという策略。もし戦うことになっても、勝算がなければ戦わない方がよい。戦うことを始めた後も、不利と見たら退却することが肝要である。日本人が好きな(?)「当たって砕けろ」という考えかたは中国には存在しません。

»本文に戻る

 

 

饮酒莫教成酩酊 / 酒を飲むに酩酊を成さしむる莫れ

◆中国語:饮酒莫教成酩酊   [ yǐn jiǔ mò jiào chéng mǐng ding ]

◆出典:安乐窝

◆意味:酒を飲むのは良いが泥酔してはならない。この言葉に続いて「赏花慎勿至离披」とあります。これは、花を愛でるには花が完全に開ききる前にみるべきだ、との意。つまり、物事は絶頂の後には衰退が待っている。絶頂の手前でやめるのがよい、との教えである。行く春を惜しんで詠んだ詩の一節です。

»本文に戻る

 

 

酒入舌出 / 酒入れば舌出づ

◆中国語:酒入舌出   [ jiǔ rù shé chū ]

◆出典:韩诗外传

◆意味:原文は「酒入者舌出,舌出者弃身」。酒を飲むと人はおしゃべりになる。おしゃべりが過ぎると失言が伴い身を滅ぼすことになる。

»本文に戻る

 

 

欲生于无度 / 欲は度無きに生ず

◆中国語:欲生于无度   [ yù shēng yú wú dù ]

◆出典:戦国(尉缭子·治本)

◆意味:欲望は規制のないことから生ずる。この言葉に続いて、「邪生于无禁」とあります。これは邪心は規則がないことから生じる、との意。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!