【実事求是】大連・友好広場付近を街歩き 見えてくる現代世相は…

友好広場の1996年に作られた巨大球形モニュメント(2015年9月)

大連市街の中心部にある友好広場。その周辺は大連随一の商業エリヤです。漢書に「实事求是(実事 是を求む)」とあるように、物事を人づてに聞くのではなく、街の表通りや脇道を歩き自分の体で感じることは大切ではないでしょうか。さあ、のんびりと街歩き、現代中国の世相を体感しましょう。

友好広場

 大連の中心部の大連駅から徒歩で約5分のところに位置する友好広場。昔は西広場と呼ばれていたそうですが、1950年代に中国と当時のソ連との同盟友好を記念するため、友好広場と名づけられました。広場と言っても、いわゆるラウンドアバウト式交差点で、真ん中のスペースに巨大な球形のモニュメントがあり、夜は電飾照明が入ります。

 この環状の交差点にはいくつかの道路が放射状に接続されていて、車両はこのモニュメントの周りの道路を反時計回りに通行します。接続された道路からこの交差点を通過しないと目的の道路に入れないので車両がここに集中し時として交通のネックになっているようです。友好広場に沿って建てられた建築物も歴史を感じさせてくれます。

友好広場の肯德基(KFC)元はキリスト教会だったそうです(2018年5月)

異想天開

 友好広場付近はショッピング街、映画館、飲食街や文化娯楽等大連随一の商業エリヤです。この友好広場は観光スポットではありませんが、私の居住地から徒歩で約5分の距離でしたので、休日にはよく歩いていたエリヤです。

 友好広場の一角に台湾から出店したというタコ焼き屋さんがあり、味見をしたことがあります。店員さんから「わさびを付けますか?」と聞かれ、びっくりしたことを覚えています。

 タコ焼きにわさびとは一体どういうことか? 地元が大阪の私にとっては「異想天開」、想像をしたこともない組み合わせ。物は試しと食べてみたのですが…

 奇妙な味であったことを思い出します。それにしても日本人の既成概念をいとも簡単に破ってくれるこの感覚に脱帽!

 

随随便便

 友好広場から青泥洼桥(青泥洼橋)商業街の方に向かってぶらぶら歩いていると、歩道に中国の郵便ポストがありました。緑色をしているのは、郵便事業を行っている中国郵政のイメージカラーのためだと思います。

中国の郵便ポスト

勝利広場の近くの郵便ポスト(2014年2月)

 ところで、郵便ポストは中国語では「信筒」または「郵筒」。私がいた当時は郵便を出しても、届かないことや届いても遅かったりしたようです。「随随便便」という成語、いい加減という意味ですが、当時は信頼性が高くなかったのかも知れません。

 わが社ではユーザー宛の文書は郵便ではなく、もっぱら「快递」と呼ばれる宅配便を使用していました。その後の郵便事情はよくなったのでしょうか?

 

錯綜複雑

 大連駅南口広場の南側に続く広場と言えば勝利広場。広場の地上にはコーヒーショップ、家電販売店、ピザハットなどがあるだけの何の変哲もない広場ですが、地下に降りると景色が一変。

大連勝利ショッピング広場。英語名はVICTORY PLAZA。このすぐ横にも肯徳基のお店があります。

勝利広場购物中心ショッピングセンターの入り口(2015年9月)

 地下3階まで無数の小さな店舗がひしめき合っている「大連勝利広場購物中心」。とにかく「錯綜複雑」に入り組んだ、それも広大なショッピングセンターです。

 おしゃれ感は別として、ファッション、飲食などありとあらゆるものがありますが、通路が狭く店も非常に多いので、一度通り過ぎるとその場所に戻るのは至難の技。

 聞けば台湾の蔡さんという方が1992年に大連の視察に来た“際”に、地下ショッピングセンターの建設を提案したことがきっかけで建設を始め、1998年に完成したのだそうです。

 

ここ駐車場?

歩道上も車に占拠されています(2015年9月)

 私が大連に赴任した2000年当初は道路を走る車と言えばほとんどがタクシーでしたが、経済がものすごい勢いで拡大するにしたがって日に日にマイカーが増え、渋滞が頻発するようになりました。その後も車は増え続け市街地のいたるところで、歩道が駐車場化していきました。

 車は歩道に駐車しても違反にならないが、人は危険を冒して車道を歩いている、と憤ってみても所詮は庶民の声なき声。「人よりも車優先」という意識があるのでしょうかね。

 そういえば、会社の車が事故を起こしたときには、「車の損傷程度は?」と人の怪我よりも車の心配を先にしたものです。人と車の値段が逆転(?)し、人命の方が重視されるようになったのは今世紀に入ってからのことなのです。

☛ 「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

实事求是 / 実事 是を求む

◆中国語:实事求是   [ shí shì qiú shì ]

◆出典:漢書(河间献王刘德传)

◆意味:事実に即して問題を処理する、との意。

»本文に戻る

 

 

异想天开 / 異想天開

◆中国語:异想天开   [ yì xiǎng tiān kāi ]

◆出典:镜花缘

◆意味:奇想天外。思いもよらぬほど奇抜な考えのこと。

»本文に戻る

 

 

随随便便 / 随随便便

◆中国語:随随便便   [ suí suí biàn biàn ]

◆出典:官场现形记

◆意味:気ままであること。いい加減であること。

»本文に戻る

 

 

错综复杂 / 錯綜複雑

◆中国語:错综复杂   [ cuò zōng fù zá ]

◆出典:周易(系辞上)

◆意味:複雑に入り組んでいる。錯綜していること。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!