会社のナンバー2が辞めた 【逢凶化吉】ということわざ さてどうする…

労働公園菊花展

丹精込めて育てれば立派な花が咲く(大連・労働公園2016年10月)

ある生え抜きの幹部社員から突然の退職申し出が。彼は現場にも精通していて営業部門のリーダーでもありました。信頼していただけに受けた衝撃は小さくありませんでした。さて困った…

 

恩を仇で報ずる

 本人から会社を辞める理由を聞いてみると、独立して自分で起業したいとのことでした。男子一生の夢でもある起業は十分理解できます。それに、30歳代後半から40歳代の年齢層はちょうど子供の教育費などお金のかかる年代で、サラリーマンではなかなか叶わず、より多くの収入を得るために独立を目指すことのごく一般的なことでした。

 彼もその内の一人であり、会社にとっては痛手ではありましたが、我が社との競合はしない、とも言っていたこともあり、引き止めることはせず快く送り出すことにしました。ささやかな送別会を持ち、在職中の労をねぎらうとともに記念品を贈り今後の成功を祈りました。

 しかし、しばらくするとあろうことか彼は私の会社と競合する会社を作ったのです。残念なことに彼の言っていたことは嘘であったのです。彼は「恩将仇报(恩を仇で報ずる)」ということをやってしまったのです。裏切られ、やるせない気持ちでいっぱいでしたが、同時に今後の営業部門の立て直しに大きな不安を感じたのです。

 

詭計の端多し

 こんなこともありました。

 総経理である私の右腕と目されていたナンバー2の幹部社員によからぬ事態が起きました。彼は部下社員に対して自分の言うことを聞くように巧妙に仕向け、社内に自分の派閥を作ったのです。部下社員にとっては総経理が二人いるようなもので、それでは会社方針や指示事項が組織の隅々にちゃんと伝わるわけがありません。

 また、顧客に対して会社が取扱うハイグレード製品を売らずに、こっそりと安価な他社製品を会社名義で販売し、個人で利益を得ていたという黒い噂が耳に入りました。さらに自分の生まれ故郷で、会社の看板を勝手に掲げてニセの会社を作ったというとんでもない話もありました。

 こうなってはどうしようもなく、辞めてもらうことにしました。中国古典にある「诡计多端(詭計の端多し)」と、悪知恵がよく働き、人をだます計略をたくさんもっているとの意味で、彼はそういった類の人物であったのです。

 ただ、黒い噂であってもあくまで噂。調べても確たる証拠は見つかりませんでした。しかしそのまま放置することはどう見ても会社のためにはなりません。そこで、本人にさらっと退職を勧奨することにしました。

 彼を呼んで通知しようとしたとき、彼は私が話す前に、「会社を辞めろという通知でしょう?」と、自分から先に言い出したのです。彼は私の考えを察していたようで、退職を通告される前に自ら退職することにしたようです。抵抗すると自分のメンツが立たないのでそうしたのかも知れません。結局、彼はすんなりと退職することに同意し、結果としては“騒ぎ”は一切ありませんでした。

 

吐故纳新

 いずれも無くてはならない人材だと思われていたので、辞めていなくなった後の営業業績が落ちることが多分に予測され、大丈夫かと心配する声が社内に多くありました。ところがどっこい、後任者がとても頑張り不思議にも以前よりも業績が良くなったのです。

 察するに、地中で力を蓄えつつ機会を窺っていたのだと思います。そして、頭上に覆いかぶさっていた重石が取れたことで、芽を出したのではないでしょうか。中国の改革開放期には「破土而出(土を破り芽が出る)」という言葉が使われていたそうですが、中国社会は浮かび上がろうと努力をしている人が大勢います。

 中国古典には「吐故纳新(故きを吐きて新しき納る)」とあります。中国ビジネスを展開している総経理としては、時には漬物石のような重石を外してやり、地中で努力している人たちにチャンスを与えることも大事な役目だと言えます。幹部社員の退職は、むしろ新しい人材登用のチャンスなのです。

 

凶に逢い吉と化す

 中国を知っているベテラン日本人、といっても所詮は外国人。マーケット事情や政府人脈など、自分の足りないところは中国人幹部社員に頼らざるを得ません。その頼りにしていた幹部社員に辞められると困ることになると思うのが普通かもしれません。しかし、そういう思いが会社という組織内で仇になることも少なくないということですね。

 要はその幹部社員が会社にとって必要か否かを客観的に判断することが肝要であり、例え退職したとしてもほとんどの場合、恐れることはないと私は思います。中国・水滸伝には「逢凶化吉(凶に逢い吉と化す)」とあります。幹部社員の退職は一時は凶事に見えることでしょうが、それを吉事に変えることができるのです。

 そのためには、日頃から社員教育、適切なマネジメント、社員とのコミュニケーションなどを十分に行い、社員の成長を常に促すことが不可欠です。そうしておけば患部社員の退職などという事態が起きてもあわてることは無いのです。

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

恩将仇报 /  恩を仇で報ずる

◆中国語:恩将仇报   [ Ēn jiāng chou bào ]

◆出典:西游记

◆原文:「我若一口说出,他就把公主杀了,此却不是恩将仇报?」(私がもしきっぱりと言い出せば、彼は王女を殺すことになります。これは恩を仇で返すということではありませんか?)

◆意味:恩を仇で返すとは、恩返しをしないで、かえって恩人に害を与えること。恩を仇(あだ)で返す

»本文に戻る

 

 

逢凶化吉 / 凶に逢い吉と化す

◆中国語:逢凶化吉   [ féng xiōng huà jí ]

◆出典:明·施耐庵(水浒传)

◆意味:遭遇した危険なことを愛でたいことに転じること。禍を転じて福となす。

»本文に戻る

 

 

诡计多端 / 詭計(きけい)の端多し

◆中国語:诡计多端   [ guǐ jì duō duān ]

◆出典:宋・苏辙(论吕惠卿)

◆意味:詭計とは計略のこと。多端とは多くもっていること。悪知恵がよく働き、人をだます計略をたくさんもっているとの意。

»本文に戻る

 

 

吐故纳新 / 故きを吐きて新しき納る

◆中国語:吐故纳新   [ tǔ gù nà xīn ]

◆出典:庄子(刻意)

◆意味:濁った空気を吐き出し、新鮮な空気を吸い込む呼吸のこと。転じて、古いものを捨て、新しいものを取り入れること。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

 

Follow me!