ことわざには【舌は兵なり】と 下手くそでも自分で話す中国語の効用とは…

大連・労働公園の色づく銀杏(2017年11月)

上司から「言葉よりも大事なのは仕事のセンスだ」と励まされ(?)、中国語が全く分からない私が中国に赴任。言葉は通訳に任せ仕事を始めたのですが…

 

言葉でイラつく

 顧客との対話であれ総経理(社長)としての部下に対する指示であれ、通訳が間に立つのですから単純計算で二倍の時間がかかります。それでも自分の思いが相手に伝わればいいのですが、その核心は持てません。それがイライラを募らせることになり、大きなストレスが溜まっていく事になります。

 しかし、中国語が全くできないまま中国に赴任した私にとっては、社内や顧客とコミュニケーションを取るには通訳を頼らざるを得ません。もちろん大いに助かるのですが、それでもなかなか自分の思いがうまく相手に伝わらないことにストレスを感じてしまうのです。結局一人では行動できず、ニコイチの行動を余儀なくされるのです。金魚の糞(失礼!)がないと自分ではどうしようもないという情けない話ですが…

 

目は心の窓

 ストレスを感じなくても済むレベルの高い通訳を活用すればよい、という考え方もあるでしょう。しかし、高レベルの通訳にはそれなりの高い水準の給与が必要です。そうすると、他の従業員との給与バランスがゆがんでしまい、会社運営に支障が発生することになりかねません。

 また、通訳という仕事は、日本人と中国人の間に立ちますので、面倒なことが発生しかねません。例えば日中間の不幸な歴史に由来することです。私はかつて、自分の通訳が相手の中国人から「お前は日本人の味方か!」と言われているところを見たことがあり心が痛んだことを経験しました。

 あまりにもたまるストレスと効率の悪さに、言葉を使わずに自分の思いを伝える方法は無いものかと真剣に考えたことがあります。身振り手振りで頑張ったところで、中国人社員の中に異質の日本人が突然飛び込んで、マジックは無いということです。孟子は「眼睛是心灵的窗户(目は心の窓)」という言葉を残しています。日本にも同様のことわざがあります。しかしそれは日本人同士、中国人同士の間で初めて言えることではないかと思います。

 日本人が中国で仕事をし、生活をする場合に物言わずして周囲との意思の疎通ができるわけがないのです。だが会社という組織を動かす責任は総経理(社長)にあるはず。従って総経理はその高い障壁を何としても越えなければ成功の二文字は見えてこないのです。

 

言為心声

 部下社員であれ取引先であれ、また政府機関の人であれ、気持ちを通い合わせることが、成功させるためにどうしても必要です。特に日中という二国間でひとつの事業を共同して行い、成功に導く上ではコミュニケーションほど大事なものはないと考えます。そして中国土俵で戦うには、その最大の成功ツールは「言葉(中国語)」であり、中国ビジネスの成否を大きく左右します。

 「言為心声」とい中国古典のことわざがあります。心を表すのが言葉であるというのです。どんなに相手を愛していても、「我爱你(愛してるよ)」と言葉に表さなければ、相手はわかってはくれないのと同じことです。

 自分の持っている「仕事のセンス」が仮にいくらハイレベルなものであったとしても、それを活かすにはどうしても「言葉」というツールが必要です。これが、中国語がわからないままに中国に赴任した私が学んだことです。赴任前に上司が「言葉よりも仕事のセンス」と言ったのは、不安に負けそうな私の背中を押そうとして発した言葉であって、実際には「言葉も仕事のセンスも両方とも必要」ということに他なりませんでした。

 

舌は兵なり

 中国古典の説苑には「言を出して当たらざれば、反って自らを傷(そこな)う」という名言があります。一度発せられた言葉は元には戻せない、というのです。微妙な言葉が正確に伝わらない場合には、事業がスムーズに進展しないであろうし、総経理としても不本意でもあり、通訳に対しても申し訳ない結果になってしまいます。

 一方では言葉を口に出さないことには何も始まらないこともまた事実です。言葉という繊細なものは可能な限り他人(通訳)に頼らないというのが私の持論です。下手でもいいから自分の口で話す方が、総経理としての気持ちが伝わるように思います。

 少ない中国語ボキャブラリーを駆使して思いを必死に伝えようとする総経理。相手は、私が何を言おうとしているのか懸命に理解しようとする、そういう思いが両者の間に作用するのだと思います。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

眼睛是心灵的窗户 / 目は心の窓

◆中国語:眼睛是心灵的窗户   [ yǎn jīng shì xīn líng de chuāng hù ]

◆出典:孟子

◆意味:「心灵」は心、「窗户」は窓のこと。目は口程に物を言う。何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだという意。(レオナルドダビンチの言葉だそうだが、実はその千年も前に孟子が同様の言葉を残している。

»本文に戻る

 

 

言为心声 / 言は心声を為す

◆中国語:言为心声   [ yán wéi xīn sheng ]

◆日本語表記:言為心声

◆出典:法言(问神)

◆意味:言葉は人の考えや情感を反映する。言葉は心を表すものであり思想の表出である。

»本文に戻る

 

 

舌者兵也 / 舌は兵なり

◆中国語:舌者兵也   [ shé zhě bīng yě ]

◆出典:説苑

◆原文:口者关也,舌者兵也,出言不当,反自伤也。(口は関なり、舌は兵なり。言を出して当たらざれば、反って自らを傷う。

◆意味:口は関所、舌は兵のようなもの。発した言葉が適当でなかった場合は、かえって自分を傷つけてしまう。慎重にとの警告。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!