【絵に描いた餅】とのことわざ 部下が指示を守らないのは何故?

丸ごとのピリ辛焼き魚(マネジメントもピリ辛がよい 2012年7月)  

責任者として部下の先頭に立ち、進軍の旗を振った。立場上、それは当然のことです。しかし、ふと後ろを振り向くと誰もいなかった。若いころ日本でそんな失敗を犯してしまいました。

 

唱独角戯

 どんな立派な方針を立てたとしても、社内で社員から支持されなければ何の意味も持ちません。それは単なる独り相撲、中国では「唱独角戯(一人芝居をする)」という意味のことわざがあります。そんなことになっては双方ともに悲劇です。

 歴史的に市場競争の経験が十分ではない中国人社員に、方針や施策を徹底するのはそう簡単ではないのです。

例えば、中国現地の日系生産工場などでよく行われている「5S運動」。5Sとは、整理、整頓、清掃、清潔、躾の頭文字をとったもので、5Sが徹底されている職場は、管理レベルが高いと言われるそうです。

毎日の朝礼で5Sを唱和し徹底することを促していました。管理者はそれをもって実行されていると思っていましたが、ある日、そうでもないことに総経理が気付き、「なぜやらないのか!」と大きな声を出す。従業員は、日本人は細かいことばかり言う、と陰で愚痴をこぼしあう。そんな状況では業績の改善は期待できません。

 

貼り紙で何を期待

 また、日本人経営の飲食店。信頼できる(と経営者が勝手に思っている)中国人を店長に任命し、「ちゃんと管理しておいてください」と言い残して帰国。不在にしているときに備えて、「私語は慎みましょう」などという決め事を紙に書いて貼り出していました。その後、月1回程度、経営者が日本から様子を見に出張に来るのです。

 件の経営者が日本に戻った後は、従業員は貼り紙のことはどこ吹く風。昼過ぎの休憩時間中には、お店の玄関で調理人などが座り込んで、煙草を吸っているところを何度見たことか。

 月一で事が運ぶほどこの国は簡単ではありません。そのお店は結局撤退してしまいました。

 

治人不治、反其智

 総経理がどんなに張り切っていても、部下社員達に受け入れられなければ、会社組織として十分に機能しているとは言えません。部下たちは何故、総経理の言うことを聴き、指示を守ろうとしないのでしょうか。

 経営者としては口酸っぱく言っているのになぜできないのか、どうしようもない奴らだ、などと文句が聞こえてきそうです。

 しかし、孟子は「人を治めて治まらずんば、その智に反れ」と言っています。部下に対するそんな思いがあるときには、自分に知恵が足りず、やるべきことをやっていなかったのではないか、反省せよとの意味です。

 ルールが作られた背景や、会社方針の目指すところなど、社員、従業員に対して十分に説明し、理解、納得させていないことが、支持が得られない大きな理由ではないかと思います。

 実は、日本では説明する必要もない当たり前のことであっても、中国ではそうでもないということを経営者は知る必要があります。社員の一人ひとりが「なるほど」と腑に落ちる所まで納得させること。そして共感を得ること。共感するということは実行に移すということです。総経理として根気の必要なことですが、「労 而して功無し」とはならないのです。

 

餅を画き飢えを充たす

 総経理が自分一人で組織の隅々まで方針などを浸透させることは現実的には不可能に近いと言えます。そこで頼りにするべきは経営幹部としての社員です。まず、現地の経営幹部の数名に何度も、丁寧に説明をし理解納得させたならば、あとは彼らの努力で部下社員にきちんと正しく伝わるはずです。

 そのために社内会議とは別に毎月のように幹部懇親会を開催し、食事をしながら意見交流をする中で総経理としての思いを彼らに感じさせ、施策・方針を正しく理解させることを繰り返しました。

 日常的には、毎月の社内幹部会議、毎日の朝礼などの機会に、年間行事としての基本方針発表会を開催するなど、時間や労力はかかりますが、せっかくの方針やルールを「餅を画き飢えを充たす」という虚しい結果になってしまわないようにするための努力は惜しんではなりません。その労苦は成功のためにも決して無駄ではないのです。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

治人不治、反其智 / 人を治めて治まらずんば、その智に反(かえ)れ

◆中国語:治人不治、反其智    [ zhì rén bù zhì, fǎn qí zhì ]

◆出典:孟子

◆意味:リーダーが部下を掌握できないと感じた場合は、リーダー自身に知恵が足りず、やるべきことがなされていないのではないかと考えて反省せよ、との意。(元は国を治める政治について語った孟子の言葉です)

»本文に戻る

 

画饼充饥 / 餅を画き飢えを充たす

◆中国語:画饼充饥   [ huà bǐng chōng jī ]

◆日本語表記:画餅充飢

◆出典:晋·陈寿(三国志·魏书·卢毓传)

◆意味:餅の絵を画き飢えをしのぐ。空想によって自分を慰めること。絵に描いた餅。

»本文に戻る

 

唱独角戏 / 唱独角戯

◆中国語:唱独角戏   [ chànɡ dú jiǎo xì ]

◆出典:秦纪文(再生缘)

◆意味:一人芝居をする。自分一人で何かをするたとえ。

»本文に戻る

 

劳而无功 / 労 而して功無し

◆中国語:劳而无功   [ láo ér wú gong ]

◆日本語表記:労而無功

◆出典:管子(形势篇)

◆意味:労多くして功無し。無駄骨を折る、との意。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!