中国の【事上に在って磨く】とは ここにしかない成功の要因 それは…

学びて厭わず 生涯勉強の姿勢が求められる(大連・労働公園2019年5月)

日本本社の命によって中国現地会社の総経理(社長)として赴任。総経理といえば現地会社のトップ。トップに君臨すると言ってもそれは横綱ではない…

 

学びて厭(いと)わず

 やる気満々で中国に赴任した人、或は嫌々赴任した人、と様々であろう。いずれにしても現法の経営トップとして采配を揮うことになります。帰国指示を待つだけの総経理は論外であるが、自分は偉くなったと誤解をし成長意志が希薄なことが間々あります。その場合は現地社員からは自分たちのリーダーとして魅力を感じることができず、会社組織や業績などへのマイナス影響が出てしまいます。

 日本では、上司からの指導や周囲からのサポートなど自分を高める機会も少なくないでしょう。しかし、現地に赴任すると自分がトップですから、それらを期待することはできません。日本におけるこれまでの経験をベースとして、現法総経理として赴任した機会に、改めて自身で磨き直すことが必要です。言ってみれば中国現地に対応した仕様に自分をリニューアルするようなものです。

 論語には「学びて厭(いと)わ」とあります。トップとなったことで満足をせず、飽くことの無い学びが大事だというのです。多くの現地社員である部下をかかえる会社経営トップとして、その任に耐えうるような人格に自分で自分を高めることが必要であると考えます。

 現法責任者である総経理は、最高位に行きついた横綱ではなく、まだまだ成長途上にある大関なのです。努力を怠れば陥落することだってあるのですから。

 

事上に在って磨くべし

 中国における最前線の組織運営者として、期待される最大の効果を引き出すにためには、当然「リーダーとしてのツボ」を会得し外すことはできません。

 日本におけるそれとは違う中国ならではというものもたくさんあります。そういったツボを身につけるには、自分自身を磨き感受性を高める必要があります。

 ではどうすれば自身を磨くことができるのか。

 中国・明代の王陽明は「人はすべからず事上に在って磨くべし」との格言を残しています。日本には多くの関連書籍があり、それらを読み学ぶことももちろん大事なことではあります。しかし日本人が習慣も考え方も異なる中国の地で自身を磨き高めるには、何と言っても中国で実際のことに当たってこそ自身を磨くことができるのではないでしょうか。つまり、現場でこそ自分を磨くことができるとの格言です。人は人の中でこそ磨かれるのです。

 

断じて敢行する

 任された事業を拡大させるには、自分をさらに磨き経営トップらしい行動と強い決意が大切なのは言うまでもありません。中国古典の史記には「断じて敢行すれば、鬼神も之を避く」とあります。鬼神も道を譲るほどの強い決意による行動の向こうには、輝かしい成功が有るとの格言です。

 その堅い決意があるところには、少々のことではぶれない心が醸成されます。孟子は言っています。「己を枉ぐる者にして能く人を直くする者はあらず」と。少しのことで自分を曲げて相手に迎合する人には立派な指導者はいないというのです。

 リーダーたる者は強い決意によるぶれない心で邁進することは、今も昔も変わらないリーダーの条件ではないでしょうか。

 中国の現法や個人で起業した事業など、その規模の大小を問わず現地社員やマーケットをマネジメントするには、目の前にある現場で自身をみがき高めることが何より大事であります。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

成功のヒント 中国のことわざ・格言

断而敢行,鬼神避之 / 断じて敢行すれば鬼神も之を避く

◆中国語:断而敢行,鬼神避之   [ duàn ér gǎn xíng, guǐ shén bì zhī ]

◆出典:史记(李斯列传)

◆原文:断而敢行,鬼神避之,后有成功。(断じて敢行すれば鬼神も之を避け、後 成功有り)

◆意味:強い決意のもとには何ものも妨げるものがない、という例え。

»本文に戻る

 

人须在事上磨 / 人はすべからく事上に在って磨くべし

◆中国語:人须在事上磨   [ rén xū zài shì shàng mó ]

◆出典:(明)王阳明(传习录)

◆意味:自分を磨くには先達の教えに耳を傾けることも大事だが、それだけでは生きた知恵が身につかない。書物で学んだことを身につけるには結局、実際のことに当たりながら自身を磨くことが必要である。事上とはまさに現場です。

»本文に戻る

 

枉己者,未有能直人者也 / 己を枉ぐる者にして未だ能く人を直くする者はあらず

◆中国語:枉己者,未有能直人者也   [ wǎng jǐ zhě, wèi yǒu néng zhí rén zhě yě ]

◆出典:孟子(滕文公章句下)

◆日本語読み:己を枉(ま)ぐる者にして未だ能く人を直(なお)くする者はあらず

◆意味:自分の持っている原則を曲げて相手に迎合する人に立派な指導者はいないとの意。妥協することも必要だが、譲れない一線は断固として守りとおす心構えが必要である。

»本文に戻る 

 

学而不厌 / 学びて厭(いと)わず

◆中国語:学而不厌   [ xué ér bù yàn ]

◆日本語表記:学而不厭

◆出典:論語(述而)

◆意味:飽くことなく学ぶ、との意。(満足することなく学ぶ、学問好きの例え)

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

 

Follow me!