詩経には「白頭到老」と 驚きの中国結婚式 祝福の気持は…

新郎新婦が到着 まず写真を(2014年3月大連)

人生で最大の慶事にポロシャツ姿で参加? 披露宴が始まる前から乾杯して盛り上がるテーブル? 驚きだらけの結婚式… 

 

目に溢れる熱い涙

 上海に赴任して4か月ほどたったある日、初めて中国人社員の結婚式に参加しました。

 中国の一般的な結婚式は言うならば「人前結婚式」です。证婚人  (結婚立会人)が、政府が発行する結婚証明書を読み上げます。どこの誰さんとどこの誰さんが結婚し、そのことが政府から認められた、という旨の宣言がなされます。それが中国での結婚式という儀式です。

 それが終わると、日本の披露宴に当たるパーティが始まります。新郎新婦が腕をクロスしてワインを飲む“交杯酒”。これは夫婦の固めの盃といったところでしょうか。もちろんケーキ入刀や両親への感謝の言葉などが続きます。「熱泪盈眶」(熱い涙が目にあふれる)とのことわざはいずこでも同じ。結婚式は中国でも感動が溢れる儀式です。

 暑い上海では、日中を避けて夜に行われることもあるようです。その場合は仕事帰りに参加するケースも。披露宴が終わると、新郎新婦はホテルの部屋に入り、参加していた小さな子供たちを部屋に招き入れ、ベッドやテーブルの引き出しに隠した飴などの宝さがしに興じています。微笑ましい習慣ですよね。

 

始まりも終わりも適当

 大連では12年半も駐在していましたので、何組かの社員の結婚式に参加しました。広い中国ですから、大連の結婚式は上海とはかなり違う雰囲気です。最初にびっくりしたのは普段着で参加すること。ネクタイを締めているのは新郎と私だけ、というときもありました。

 それに、テーブルに料理が並ぶと、司会者の開始の言葉がなくとも、そのテーブルで勝手に乾杯をして食事が始まるのです。そしてお腹が膨れたころ、三々五々と会場を後にし、段々と人が少なくなっていきます。“お開き”の宣言もありません。「天馬 空を行く」と言わんばかり。形式にとらわれることがなく自由で非常に合理的と言えなくもありません。言葉を換えればいい加減とも見えるのですが…。まあ、これも中国流といったところでしょうか。

 結婚式は、だいたいお昼どきに合わせてセッティングされているので、まあ昼食を食べに来たようなもの?

 新郎新婦が白酒、煙草、飴をもってそれぞれのテーブルを回り、招待客の一人一人に挨拶をし、招待客はその時に用意していた红包  (ご祝儀)を渡します。にぎやかで和やかな時間が過ぎていきます。

 

外国人が中国語で祝辞

新郎が社員の場合、私は主賓として招かれ、お祝いのスピーチをよく頼まれました。自分が勤める会社の社長である外国人が主賓としてのスピーチをするということは、親戚の方々に対して結構メンツが上がるようです。

 主賓のスピーチは、日本と同じように中国でも大体のパターンがあって、それを基本に少しアレンジをして原稿を準備します。大連時代は少し中国語ができるようになっていましたので、いつも中国語でスピーチをしたのですが、話し始めると、会場からは驚きのどよめきが起こり、同時に皆さんから喜んでいただいたのは言うまでもありません。

 ある時、四川省出身の社員の結婚式のこと。その社員のお父さんが最初にスピーチをしましたが、四川訛りがとても強く、ほとんど聞き取れません。それは大連の中国人も同様であったようです。そのあと、私が中国語でスピーチをしました。すると司会者が、外国の友人が話した中国語の方がよっぽどわかりやすかった、とアドリブを利かせ場内を和ませていました。

 

手ぶらで参加もあり

 支店を置いていた瀋陽でも社員の結婚式に何度か参加しましたが、非常に不思議な習慣を経験しました。

 案内された席に座ると、その丸テーブルに祝儀袋(紅包)とボールペンが置いてあるのです。どうも、参加者は、そこで名前を書き袋にお金を入れるようです。つまり、自分で袋を用意する必要がないのです。

 それに宴もたけなわ、食事が進むと新婦側の招待客が帰り始めます。新郎側はそのあとも延々と続けるそうです。その理由を中国人に尋ねたのですが誰も知りませんでした。また、初婚の場合は午前中に行い、再婚の場合は夜に行われると聞きました。

 

祝福する気持ちは

 中国はとても大きな国ですからそれぞれの地方で習慣の違いがあって面白い。しかし、スピーチの締めくくりは定番の「白頭到老」(共に白髪の生えるまで)という言葉です。 国は違っても結婚式は一世一代の大イベントであることに変わりなく、本人たちの喜びとともに親御さんのたいへんなご苦労があったことを忘れないでと願うばかりです。

 社員の希望に応えてこのようなイベントに喜んで参加することも、仕事を円滑に進めていく上で大切であると考えます。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

天马行空 / 天馬 空を行く

◆中国語:天马行空   [ tiān mǎ xíng kōng ]

◆日本語表記:天馬行空

◆出典:元・廷振(萨天锡诗集序)

◆意味:自由闊達で躍動感にあふれていること。

»本文に戻る

 

白头到老 / 共に白髪の生えるまで

◆中国語:白头到老   [ bái tóu dào lǎo ]

◆日本語表記:白頭到老

◆出典:詩経

◆注釈:夫婦が共に白髪になるまで添い遂げるとの意。

日本でいう「偕老同穴」(生きているときは共に老い、死んでからは同じ墓に入る)と同じような意味です。

»本文に戻る

 

热泪盈眶 / 熱泪盈眶(ねつるいえいきょう)

◆中国語:热泪盈眶   [ rè lèi yíng kuàng ]

◆出典:姚雪垠(李自成)

◆意味:熱い泪が眶を盈す。盈は満たすこと。眶はまぶたのこと。熱い涙が目にあふれる、との意。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!