ことわざ【変態百出】 中国・大連で有名な労働公園って…

労働公園から見たビル群

労働公園から見たビル群 手前はアカシアの花(2017年5月)

大連駅から南へ中山路を越えて約10分のところに労働公園という名の公園があります。正門や東門などから中に入るとそこには中国らしい風景が溢れています…

 

重々しい名付けの労働公園

 「労働公園」という重々しい名前です。面積100万㎡のとても大きな公園で、市街地のど真ん中にありながら緑が溢れ、四季ごとに花も咲き、老百姓  (一般庶民のこと)の憩いの場になっています。

また園内にはテニスコート、観覧車やメリーゴーランドもあり高齢者だけでなく子供たちも楽しんでいます。

 労働公園の歴史は古く1899年に遡ります。当時の帝政ロシア時代に作られ、その後、日本統治時代に拡張、1949年中華人民共和国成立後に「労働公園」と名付けられました。

 120年もの間、中国古来のことわざである「変態百出」の如く、次々に変遷する歴史を目の当たりにしてきた大公園も、今では林立するビル群が公園を取り巻いています。設立当時には想像もできなかったであろう中国の経済発展を鮮明に感じられます。現代では都会の中のオアシスのような労働公園です。

 それにしても、もうちょっとしゃれたネーミングはできなかったのかと思わなくはないですが。実は大連には他にも「解放路」や「勝利橋」、「高尔基路(ゴーリキー路)」といった新中国らしい名前を見ることができます。

 

広場舞とは

 中国全土で大流行の「広場舞」。ここ、労働公園でも多くのおばちゃんたちが踊りに興じています。場所によっては騒音などで騒ぎになっているようですが、労働公園はそんな心配もなく練習に余念がありません。それにしても、皆さん楽しそうに踊っています。眺めている方も何となく心が軽くなりますよね。

広場舞

初夏の木陰で広場舞 楽しそうです (2017年5月)

 ところで写真は労働公園の正門から入ってすぐのところです。踊っているおばちゃんたちの向こうには「光荣榜」という文字が見えます。「光荣榜」とは模範的労働者の方の表彰掲示板で顔写真と名前が掲示されています。中国らしい光景です。

 労働公園の東門を入ったところにある大きな柳の木の下でも広場舞。公園内にはあちこちに柳が植えられています。いずれも立派な柳で、「柳に雪折れなし」と言われるように、「柔よく剛を克す」とのことわざを想起させます。中国の巨大市場に立ち向かう小さな我が社はこう戦うべきと教えてくれているように感じ入ります。

 

荷花池(ハス池)

 労働公園の東門を入ってすぐのところにある通称「荷花池」。荷花とは中国語でハスの花のこと。小さな池ですが、季節によって異なる趣が楽しめます。池の中央にある建物を舞台代わりに、地域のイベントが開催されています。

 池の畔では自分の子供のパートナー探しをしている親御さんが大勢います。自慢の息子、娘の略歴を書いた釣書のようなものを木に貼り付けています。見ると、「我が家の娘は美人で頭がよく…」などと書いてあるのです。自己主張の社会ですからこれくらい言わないとね…

労働公園のハス池 庶民のさまざまな集まりが (2019年5月)

 最高の経典であると言われる法華経には、「不染世間法如蓮華在水」とあります。「世間の法に染まらざること蓮華の水に在るが如し」と。蓮は泥の中にあっても汚れることなく美しい花を咲かすと言われています。おじさんがこの俗世間で「純」に生きるのは不可能に近い、とはいえその心は失いたくありません。

夏には行け全体がハスに覆われます(2015年9月)

 ラーメンや中華料理で用いる「れんげ」の名は、その形が蓮華の花びらによく似ていることによるものだそうです。また、ハスを国花としているベトナムでは、お土産の定番は蓮茶です。

真冬のハス池は凍結 (2014年2月)

 ハス池も冬には凍結し、子供たちがそり遊びに興じています。池が凍り付くのですから尋常ではない大連の寒さです。最高気温がマイナスと聞いただけで、寒さが苦手な私は完全装備で外出します。

 

菊花が見事

 秋には毎年恒例の菊花展が公園内で開かれ目を楽しませてくれます。

 北宋の散文「爱莲说」には「菊,花之隐逸者也」と書かれています。「菊花はこれ、隠逸なる者なり」と。菊とは俗世間から逃れた者、つまり俗世間から交わりを絶った隠逸者の花であるというのです。ここから「菊」は別名「隠逸花(いんいつか)」と呼ばれています。私には花の知識はさほどありませんが、美しい花を愛でるのは季節を感じることができて悪くありません。

労働公園菊花展

色とりどりの見事な菊の花 (2016年10月労働公園内で)

 鑑賞用の菊ではありませんが、実際の菊をお茶として飲用する菊花茶も有名です。癖のある香りが病みつきになります。比較的安価。私は愛飲しています。

 

労働公園正門を出ると…

労働公園正門の対面からの風景 公園の後ろにあるテレビ塔が(2013年5月)

 静かな労働公園で、ゆったりとした時を過ごしても、一歩外に出ると街の喧騒がそこにあります。公園の正門の前の五恵路という道路、信号はありますが、やってくる右折の車などを避けてわたらねばなりません。せっかく労働公園で癒されたのに、すぐに現実に引き戻されます。ですから、また明日も来よう、ということになるのでしょうか。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

柔能克刚 / 柔よく剛を克す

◆中国語: 柔能克刚   [ róu néng kè gang ]

◆出典:三国演義

◆意味:柔弱な手段をもって強い人を征服する、との意。柔よく剛を制す。柳に雪折れなし。

»本文に戻る

 

变态百出 / 態の変わること百出す

◆中国語: 变态百出   [ biàn tài bǎi chū ]

◆日本語表記:変態百出

◆出典:新唐書(芸文志)

◆意味:次から次へと姿や形が変わること。「変態」は形が変化すること。「百出」は次々と出現すること。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!