【日月は梭の如し】とのことわざ 中国・国慶節や春節 一週間休みに何をする?

ハワイの何とも言えないこの空気感(2014年6月)

中秋節が終わると間もなく中国では国慶節の大型休暇がやってきます。前後の若干の振り替え出勤の調整があったとしても、サラリーマンにとって七連休は魅力的。家族や友人たちと中国国内旅行を楽しむもよし。現地に居残ってゴルフ三昧もあり。でも、そんな楽しみも落とし穴と背中合わせ…

 

天安門広場の迫力

 10月1日は中華人民共和国の建国記念日です。1949年のこの日、北京の天安門前広場に約 30万の人民を前に、毛沢東主席が「中華人民共和国中央人民政府は本日ここに成立した」と宣言しました。以来、毎年この日を国慶節として祝っています。

 上海に赴任した翌年の1999年の国慶節休暇に上海の駐在員仲間と北京へ旅行に行きました。その年はちょうど建国50周年の節目に当たり例年にも増して北京は人が多かったようです。当時の中国は経済発展が始まった頃で、一般庶民にとっては旅行ブームまだまだ。でも、建国50周年記念の国慶節を北京でお祝いしようと、全国から集まった人たちでごった返していました。

 天安門の地下鉄出口から出てくる人の波は、まさに「風起きて 雲涌く」が如くで、あまりの迫力に立ち止まってしまったことを覚えています。

 もうひとつ驚いたことは、その年の北京が寒かったこと。上海の気候に体が慣れていたのかもしれませんが、北京はとにかく寒く防寒用の服を持っていませんでしたので、セーターを買いに秀水街へ行きました。当時の秀水街と言えば露店が並ぶ市場で、しかも大使館エリヤに隣接していたこともあり外国人の買い物客も多くてにぎわっていました。

 ある店でセーターを物色し老板(店主さん)と値段交渉、しかし折り合いがつかず店を出たとき背後から「不买不要问(買わないのなら値段聞くな!)」と怒鳴られました。その後、秀水街は立派なビルに生まれ変わっています。

 

暇な凡人

 単身赴任の駐在員にとって一時の安らぎを味わえる国慶節の七連休。もし居残ってゴルフ三昧と言っても三日もすれば飽きてくるかも。気がつけば日本人の友人達もどこへ行ったのか、自分の周囲には誰もいなくなっていつの間にか一人ぼっち。

 こうなると邪悪な心が芽生えてくるのです。中国の古典である大学には「小人閑居して不善を為す」と。凡人は何もしないでごろごろしていると、よくないことをしがちである、と言っています。ここにとんでもない落とし穴に落っこちてしまう可能性が潜んでいます。そう考えると、我らはマグロの如く決して止まることなく、泳ぎ続けることの方が似合っているのかもしれません。

 

日月は梭(さ)の如し

 国慶節と同様に春節休暇も七連休です。日本にはない爆竹や花火で祝う旧正月の雰囲気を感じることができるので、何度か中国に居残りで過ごしたことがありますが、「中国ベテラン」になると長すぎる時間を持て余します。ということで駐在14年目の春節は、初めてハワイに行ってきました。

 中国古典には「日月は梭(さ)の如し」と、月日が経つのは速いものだと言っています。中国にどっぷりつかって来たけれど、よく考えたら人生はそんなにも長くない。14年もの間ずっと中国で奮闘してきたのですから、このあたりで自分にご褒美を、と考えちょうど日本や中国では寒い冬の季節、春節休暇に思い切って常夏のハワイへ行ってみようと。

 

自分の目で見る

 日本から7時間余りの空の旅、ホノルルに降り立つとそこはまったく経験したことの無い空気。ホテルのベランダに出るとザーという波の音が一日中聞こえます。 

 もちろんここで生活するには家賃や物価の高さなどの問題はあるようですが、街を歩いてもストレスフリーで何とも言えない優しく心地のよさを感じるこの空気感。お金があればここで暮らせばきっと長生きできるに違いない。よく芸能人などが毎年のようにハワイに来るわけがわかったような気がしました。

 ハワイに来る前にガイドブックやネットなどで調べてはいましたが、実際に現地に来ると良さやすごさなど比べることのできない多くのすばらしいところを知ることができました。

 中国古来の言い伝えにある「名を聞くは面(おもて)を見るには如かず」とはこのことだと思います。もちろん日頃の仕事にも言えることで、何事も自分自身の目や肌で感じることの大切さを思い知らされました。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

 

成功のヒント 中国のことわざ・格言

日月如梭 / 日月は梭(さ)の如し

◆中国語:日月如梭   [ rì yuè rú suō ]

◆出典:侯鲭录

◆意味:歳月はめまぐるしく過ぎる。月日が経つのが速いことの例え。光陰矢の如し。「梭」とは機織りの横糸を通す道具のこと。

»本文に戻る

 

闻名不如见面 / 名を聞くは面(おもて)を見るには如かず

◆中国語:闻名不如见面   [ wén míng bù rú jiàn miàn ]

◆出典:北史(列女传)

◆意味:人づてに評判を聞くよりも、直接対面した方が正確な判断ができる。

»本文に戻る

 

小人闲居,为不善 / 小人閑居して不善を為す

◆中国語:小人闲居,为不善   [ xiǎo rén xián jū, wéi bù shàn ]

◆出典:大学

◆意味:凡人は何もしないでごろごろしているとよくないことをしがちである、との意。

»本文に戻る

 

风起云涌 / 風起きて 雲涌く

◆中国語:风起云涌   [ fēng qǐ yún yǒng ]

◆日本語表記:風起雲涌

◆出典:苏轼(后赤壁赋)

◆意味:大風が吹いて黒雲が沸き起こるさま。すさまじい勢いで次々と出現することの例え。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!