【天無絶人之路】とのことわざ 人生は敗者復活戦 一度負けてもチャンスが…

如何に勝ち組と言われる人であっても、一生にわたって勝ち続けることは不可能に近いし、時には負けることもあります。まあ、生涯の勝ち負けを総合して「終わりよければすべてよし」となればいいのですが…

ヘマをやらかす癖

 中国の古典である史記にある「雌雄を決す」とは、勝敗を決めるとの意味のことわざ。高校野球は一度負けるとそこで終わる「トーナメント」です。しかし人生は一度負けても再び立ち上がれば次の勝負に臨むことができるいわばリーグ戦型、一発勝負ではありません。

 私が大連に総経理として駐在していた時に副総経理(副社長)に任じたある社員は、会社設立直後に入社した生え抜き。入社した時から経営幹部から一目置かれる存在でした。彼は以後常に中堅どころで活躍をしていましたが、調子がよくなった頃にへまをやらかす癖があり、「中堅どころ」から脱却できませんでした。

事は三を過ぎず

 そんな彼がとうとうやってしまいました。今度は会社業務の根幹を揺るがしかねない致命的なへまです。「事は三を過ぎず」とは西遊記にある言葉です。日本では「仏の顔も三度」と言ったところ。これを許せば組織全体へよからぬ影響を及ぼしかねずやむなく解雇を決め、彼の上司に伝えました。

 すると、彼の上司が私の所に談判にやってきました。「主旨は理解できる。しかし彼は生え抜きの一人。自分が責任を持つからもう一度チャンスをやってほしい」と。

そこまで言うのであれば、と彼の復活に賭けるとともに、談判に来た彼の上司のメンツと指導能力を更に磨いてもらいたいとの思いで、私は同意しました。

重起炉灶

 本人には経過とともにこれが最後のチャンスであること、彼の上司から涙ながらに訴えられたことなどを直接語りかけました。中国古来の「重起炉灶」とのことわざは「一からやり直す」という意味ですが、彼はその後、一念発起し見事に立ち直りました。部門責任者として活躍し、努力を認められ副総経理に任命することになりました。

例え大きな失敗をしても、それを上回る努力をすれば、失ったものを回復することができる、という好例を彼は作ってくれました。

二度の大失敗

 「泪を揮(ふる)いて馬謖を斬る」とは十八史略にある言葉です。生え抜きの戦士である彼を解雇することにしたのは、真に残念で辛いことで、言わば「泣いて馬謖を斬る」の心境であったのですが、それは私自身の過去とダブっていたことも否めません。

 彼のことをとやかく言っていますが、私自身もサラリーマン人生を左右するほどの大失敗を二度やらかしてしまった経験があります。一度目は気に入らない上司の足を思いっ切り引っ張って追い出したら、自分が役職を解かれ冷や飯を食うことになってしまったという大失敗。若気の至りでやらかしてしまいました。その後、上司から引き上げてもらうまで六年も費やしました。

 二度目は、部下が大きな過ちを犯すということが三カ月間に連発し、管理責任を問われまたもや役職を解かれ左遷異動の憂き目に。この時ばかりは「終わった」と思いました。退職を覚悟しましたが、同僚や先輩方の支えがあってかろうじて踏みとどまりました。そして約10か月後に復活し中国勤務が始まることになりました。

腐ったら終わり

 人間ですから失敗することもあります。大事なことは負けた時にどのように考えるか、であると思います。その責任を人に押し付けたり、自分は腐ってしまったりしたら、本当に終わってしまいます。

復活するには、自分が犯した失敗の原因を分析し、もちろん反省し再発防止のための対策をしっかりと定めることが非常に大切だと思います。同時に、決して腐らず真摯に努力を続けることに他なりません。

 辛いかもしれませんが、そうすると必ずチャンスが巡ってきます。中国古来の格言に「天は人の路を絶つこと無し」とあります。どこかで誰かが努力ぶりを見ていてくれているのです。捨てる神あれば拾う神あり、人生棄てたものではないということです。

トーナメントではない人生を戦っている我ら。負けても次は勝てばよい。例え負けても怠らずに努力を続けるとチャンスが来る。それを逃がさなければきっと成功の人生になると信じたい。

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

成功のヒント 中国のことわざ・格言

事不过三 / 事は三を過ぎず

◆中国語:事不过三   [ shì bù guò sān ]

◆出典:西遊記

◆意味:何事であれ三度を超えるのはよろしくない。仏の顔も三度。

»本文に戻る

 

决一雌雄 / 雌雄一決す

◆中国語:决一雌雄   [ jué yī cí xióng ]

◆出典:史记(项羽本纪)

◆意味:高低、勝ち負けを一回で決めること。雌雄を決す。一発勝負。

»本文に戻る

 

重起炉灶 / 重起 炉灶(ろそう)

◆中国語:重起炉灶   [ chóng qǐ lú zào ]

◆出典:北伐途次

◆意味:挫折に遭遇しても、もう一度最初からやり直すこと。

»本文に戻る

 

天无绝人之路 / 天は人の路を絶つこと無し

◆中国語:天无绝人之路   [ tiān wú jué rén zhī lù ]

◆出典:货郎担

◆意味:(絶望に瀕しても)天は常に活路を用意している、だから希望をあきらめる必要はない。捨てる神あれば拾う神あり。天道人を殺さず。

»本文に戻る

 

挥泪斩马谡 / 泪を揮(ふる)いて馬謖を斬る

◆中国語:挥泪斩马谡   [ huī lèi zhǎn mǎ sù ]

◆出典:十八史略

◆意味:情としては忍びないが全体の規律のために処分する、との意。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!