ことわざ【自縄自縛】で何ができる 中国で万年低空飛行から抜け出るには…

中国・大連で12年半もの間、仕事を共にしてきた戦友ともいうべき最古参の社員の内の一人から、「定年退職」するとのメールが届きました。もちろん年齢が規定に到達したことによるものであって驚くことは何も無いのですが…

清廉正直

 瀋陽市に2004年に設立した支店の営業開始に合わせて、実は彼を瀋陽支店の責任者として大連から派遣したのです。大連瀋陽間は約400キロ、当時は移動に4時間ほどもかかり日常的に行き来することは楽ではありませんでした。支店で勤務する社員は現地で採用すれば何ら問題はありませんが、責任者をどうするか思案をしました。

現地でそれなりの人材をヘッドハンティングすることもできたのですが、会社理念や考え方をまったくわかっていない人が突然入社して、責任者を張ることは大きな不安がありました。それに、万が一、その責任者自身に不正があった場合のことを考慮し、結局、責任者だけは大連から派遣することに拘りました。

いずれにしても、新規に設立された遠隔地にある支店で、新人ばかり社員構成です。会社理念などを正しく伝承するには、大連で経験を積んだ信頼性の高い社員を責任者として選ぶ必要がありました。

 大連で生え抜きの社員の中で最も信頼できるのは誰か。仕事能力や営業力はさておき、最も正直であることを唯一の基準としました。そして彼に決めました。会社設立と同時期に入社し一社員として努力を続け、会社の中でも幹部の一角を占めていました。何より、清廉にして正直な性格は社内でも誰もが認めるところで、それが決め手になりました。

功を成す者は去る

 彼の努力によって瀋陽支店は無事に立ち上がり、順調に拡大していきました。まさに期待通りの活躍でした。その後、現地で採用した社員達が成長し、その中から後任者を輩出して彼は大連に戻りました。経営幹部の一員としてその後も勤務し、副社長にまで登りました。その間ずっと彼の仕事ぶりは彼自身の特徴である「正直」が底を流れていて、私は最大の信頼をおいていました。

 大連の我が社が設立されて間もなく入社した彼が、終に定年を迎えたのです。「四時の序、功を成す者は去る」とは史記にある格言。春が夏に変わるように、人も自分の役割を果たしたら身を引くのがよいと。私にも経験があり頭では理解できても、実際にはとても寂しいものです。

循に因りて旧きを守る

 さて、中国でも一般的には男性は60歳になると定年退職になります。大連の我が社は1993年に設立された比較的若い会社ですから、私が在任中に定年退職した社員は一人だけでした。今後は徐々に増えていくのでしょうが、「規定の年齢に達したら即定年退職」という考え方は如何なものかと常々思っています。

 定年に達した社員がどんなに有能で会社にとって必要な人材であっても、定年年齢で退職するという自分達で決めたルールをとにかく守ろうとするのは、あまりにも固定観念に捕らわれてはいないだろうか。

中国の古典の漢書には「循に因りて旧きを守る」と、古いことを死守し新しいことを創造する気持ちがないことを意味する格言です。中国で事業を展開する上で固定観念にとらわれた定年者への対応は、もったいないと思うのです。

自縄自縛

 企業は人によって構成されています。もちろん無駄な人は別ですが、余人をもって代えがたいような人材など、会社にとって必要な場合はその人材を留保することを考えた方がよい。もちろん組織にも新陳代謝が必要であり、幹部役職者が定年年齢に達した場合は交代すればよいのだが、それだけでは組織人材の層が厚くはなりません。

 白居易は「繭を作るに自らを縛す」と自分で自分を縛ることを例えています。自らルールを作り、自らそれをきちんと守り、結果自分が困るような状況になったのでは、特に中国では何の得にもならない。

そこで定年者を半自動的に退職させるのではなく、副役職者として会社内部に留保する方が会社全体の戦力アップになるというのが私の考えです。

 良くも悪くも変化幅が大きい中国で、内外の企業とマーケットで戦い、勝利するためには自軍がどうすればよいのか、勝つ確率が高くなるのか、柔軟に検討すべきではないでしょうか。極めて特徴的な環境を持つ中国で、まるでテレビのチャンネルを変えるようにころころ変えたのではいつまでたっても、墜落はしないけど高度を上げることもできない低空飛行状態から脱しきれません。(平凡な会社がよい、可もなく不可もない駐在生活を送り本社に帰る人にとっては無用の提言でありました)

「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

成功のヒント 中国のことわざ・格言

作茧自缚 / 繭を作るに自らを縛す

◆中国語:作茧自缚   [ zuò jiǎn zì fù ]

◆出典:白居易(江州赴忠州至江陵已来舟中示舍弟五十韵)

◆意味:蚕は生糸を出して繭を作る。何かをやろうとした結果、自身が自身を困らせることになることの例え。自縄自縛。(これでは戦いに勝てるわけがありません)

»本文に戻る

 

清廉正直 / 清廉にして正直

◆中国語:清廉正直   [ qīng lián zhèng zhí ]

◆出典:韩非子(奸劫弑臣)

◆意味:私心もなく正直で阿ることもないこと。

»本文に戻る

 

四时之序、成功者去 / 四時の序、功を成す者は去る

◆中国語:四时之序、成功者去   [ sì shí zhī xù, chéng gōng zhě qù ]

◆出典:史記

◆意味:四季が移ることに従って役割を終えたら次に譲ること。春は役目を終えると座を夏に譲る。

»本文に戻る

 

因循守旧 / 循に因りて旧きを守る

◆中国語:因循守旧   [ yīn xún shǒu jiù ]

◆出典:漢書(循吏传序)

◆意味:旧い決まりを踏襲すること。確信することを考えない、新しいことを創造する精神が欠乏していること。(チャレンジ精神がないと結局は失敗してしまう)

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!