ことわざ【孤軍奮闘】は勝利の因 中国では総経理が活路を見いだす…

私が上海に赴任したのは1998年。赴任直前に本社の上司から「中国ではカラオケとゴルフの時代は終わった。これからはしっかりと仕事をして業績を上げるように!」との檄が飛ばされました。何故わざわざそんな当たり前のことを…

現地会社はすねかじり

 93年頃から中国に進出しビジネスとして立ち上げを重点においたいわば第一世代では、連日のようにビジネスパートナーや当局関係者などとの宴席が設けられていたようです。当時はまだまだ高級料理を腹いっぱい食べる機会はそう多くなかったころです。日本から派遣された総経理(社長)は会社の代表者としてそれらの席に参加せざるを得ません。しかしいつの間にかそれが常態化し、本社の方では「利益も出ていないのに本社の金ばかり使って飲み食いをして…」と思われていました。

 私が中国に赴任したのは、現地会社を立ち上げて概ね五年ほど経過し、一往は会社としての体裁ができたころです。まだ利益は出ていませんでしたが、いよいよベネフィットセンターのひとつとして拡大に向かう時に当たりました。言ってみれば第二世代ですね。当時の中国は高度成長期を迎えようとしていました。日本本社も利益を出すことを中国ビジネスに求め出したのです。

「いつまでも親の脛かじりではダメだ。自分の食い扶持くらいは自分で稼げ!」と言いたかったのでしょうね。

孤軍奮闘

 本気で中国市場の開拓をやろうとすれば、様々な問題や課題が浮かび上がってきます。そのいずれもが初めて経験することばかりで身近に相談相手もなく、遠く離れた日本本社何度放しても理解が得られず援軍もなし。現地に派遣された責任者は目の前の現実と日本本社との間で、それこそ孤軍奮闘することになります。時には押しつぶされそうになることもあるかもしれませんが、実はそうでもないのです。

 松下幸之助翁は自らが成功した理由をこう言っています。「学歴がなかった」「貧しかった」「病弱だった」と。普通はどれも「成功しなかった理由」に挙げそうなことばかりです。その分、大変な苦闘があったのだろうと思います。しかし「苦闘の中にも、常に喜びや希望があった」とも語っています。

どうせ孤軍奮闘するのなら、経験がなかった、知識がなかった、援軍が無かった等々、うまくいかなかったときの理由にするのではなく、いくつものハンディがあったからこそ、うまくいったといえるようにしたいものです。

 論語には「徳は孤ならず、必ず隣あり」という言葉があります。初めての中国ではあっても総経理自身が、懸命にそして真摯に努力している姿は周囲に伝わり、いずれ協力者や理解者が現れるに違いありません。

臨難苟免

 日本の考え方や中国の習慣などに適応する二つの定規を使い、あれやこれやを考え抜いて、正しいと思えば、例え日本の考え方とは違っていても自分を信じることです。

中国古典の礼記には「難に臨んでは苟(いやしく)も免れんとするなかれ」と書かれています。困難な問題を避けたり逃げたりしてはならないというのです。

 中国ビジネスを成功させる「道」を切り開くのは、現地に駐在して采配を振るう総経理にしかできないことです。もちろん容易ではありませんが、苦労の中にある喜びや希望を決して見失わないことです。

自身の中国ビジネスの目標達成のためには、カラオケやゴルフ三昧にのめりこまず、仕事に打ち込み、孤軍奮闘を楽しむのがよいと思います。大変な環境の中で、思いもしなかったことを、「成長の因」にするのも「後退の因」にするのも全て自身の心の強さ次第ということなのでしょうね。

☛ 「成功を収めるための重要ポイント 現場目線で見たツボ」 はこちら

成功のヒント 中国のことわざ・格言

临难苟免 / 難に臨んでは苟(いやしく)も免れんとするなかれ

◆中国語:临难苟免   [ lín nàn gǒu miǎn ]

◆日本語表記:臨難苟免

◆出典:礼记(曲礼上)

◆原文:临难毋苟免

◆意味:自分が正しいと信じて進んだ道は、前途にどんな困難が待ち構えていても、避けて通ってはならない、との意。

»本文に戻る

 

德不孤,必有邻 / 徳は孤ならず、必ず隣あり

◆中国語:德不孤,必有邻   [ dé bù gū, bì yǒu lín ]

◆出典:論語

◆意味:徳を備えた人は孤立するようなことはない。必ず親しい仲間(理解者)が現れる。

»本文に戻る

 

孤军奋战 / 孤軍奮戦

◆中国語:孤军奋战   [ gū jūn fèn zhàn ]

◆出典:魏書(赵瑕传)

◆意味:援軍が無い状況下で単独で奮戦すること。転じて一人で難事業に立ち向かって努力すること。日本では「孤軍奮闘」。

»本文に戻る

 

啃老 / 親の脛を齧る(すねかじり)

◆中国語:啃老   [ kěn lǎo ]

◆ことわざではありません。

◆意味:すねかじり。长大不成人=体は大きくなったが大人ではない人。そういう人たちを「啃老族」と呼ばれています。ニート。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!