向日葵の種はオームの食べ物だと言ったら… 中国のことわざ【言多ければ必ず失する】

中国人は「瓜子」といわれるひまわりの種が大好き。スーパーやコンビニなどどこにでも売っていて実は栄養分が豊富なのだそうです。

食べるのにはコツがあって、前歯で殻をポリっと割って種の中身を食べるのです。中国人はそれがとても上手であっという間に殻の山を築きます。

私も何回も挑戦したのですがどうも上手に殻を割ることができませんでした。それが悔しくて「日本ではオームが(ヒマワリの種を)食べている」とユーモアのつもりで言ったところ、こっぴどく怒られたことがありました。

スポンサーリンク

綸言汗の如し

ヒマワリの種(瓜子)

こちらはユーモアのつもりで言ったことが相手は必ずしもそうは受け取らないことって結構あるのですよね。例えば東京と大阪では「笑い」が違うことを思い出しました。

ある時、大連の日本商工会が東京から超有名な落語家を招き文化イベントを開催したことがありました。その中で聴いたフランス小噺が、どこがおもしろいのか理解できなかったことを覚えています。私にとってはその小噺が高尚すぎたことの他に、私の育った関西との笑いの違いもそこにあったように思います。

 

まして国を跨ぐと笑いやユーモアは自分の感覚とは大きく異なることがあります。それは中国でも同様で、下手で不用意な冗談やユーモアが結果的であっても多くの中国人を敵に回し、巨大市場を失うようなことになると一大事です。

そうなってからどんなに謝罪をしても、一度出た言葉は取り消したりできないと、論語に「綸言汗の如し」ということわざで戒めています。

ユーモアは人との距離を縮め周囲から好感を得ることができます。豊かなユーモアは潤いのある人間関係を築く一助となることは違いありません。しかし自身の口から発したユーモアがその対象や場合、程度によっては人の自尊心や感情を傷つけることになることを忘れてはなりません。

ユーモアは時としてユーモアではなくなるという悲劇の側面も併せ持つので、気をつけなければなりません。

つい笑いを取ろうとする癖のある関西人は私も含めて要注意です。

言多ければ必ず失

冗長な発言の中にこそその危険がはらんでいる。言わなくてもよいユーモアのつもりのつまらない冗談の一言がその場の空気を一変させる。

中国人同士の会話の中でも気まずい空気を感じ取った時には「开玩笑  」(今のは冗談だよ)と念押しするほどです。

冗談を飛ばした本人が「今のは冗談だから気にしないで」、などと言うのはいささか白けた話ですが、相手との関係がこじれてしまうことを思うとその方が無難。

日本では政治家や芸能人が不適切な言葉を発し、後から謝罪する場面をテレビで目にすることがあります。中国古典には「言多ければ必ず失する」と口数が多くなると、つい失言してしまう、とあります。

 

日本本社の上司と面談した時の私の失敗が蘇ってきます…

今後の中国事業の展開について施策を検討しているときに、比較的口数が少ないその上司と私の間で沈黙の時間が発生し、その気まずさに耐えられず私が先に口を開くと、上司からは「それは違うだろう!」とカウンターをくらってしまう、そんなことが何度かありました。キジも鳴かずば撃たれまい、黙っていたらよかったのに…

スポンサーリンク

言行は君子の枢機

現地会社が小なりと言えども、そこの総経理(社長)は、立場上は一国の君主と同じ。総経理の不用意な一言が従業員の反感を買い、場合によってはストライキに発展することだってあり得ることを知らねばなりません。

中国古典の易経には「言行は君子の枢機な」とあります。総経理にとって言行が最も重要であるとの戒めです。

 

だからといって総経理が委縮してしまう必要はないと思います。そのために日頃から現地社員とのコミュニケーションを取り、総経理に対する支持と評価を得ておくことがとても大事なことです。そうすれば、多少の発言の齟齬があっても修復は十分可能です。それは何もすべての社員の支持を取り付けておけというのではなく、過半数の社員からの支持を得ておけば何とかなる、というのが私の経験値です。

 

自ら発するユーモアも含め総経理は自身の発言に責任を持つことは当然のこと。中国で成功を目指す者としては軽率な言葉での失敗は避けるべきです。どこかの国の政治家ではないのですから…

「中国ビジネス成功の決め手 現場目線で急所を解説」の目次はこちら

成功のヒント 中国のことわざ・格言

纶言如汗 / 綸言汗の如し

◆中国語:纶言如汗  [ lún yán rú hàn ]

◆出典:礼記(缁衣)

◆意味:汗がひとたび出ると元には戻らない。君主の言葉はひとたび発せられると取り消すことはできない。綸言とは君主の言葉のこと。

»本文に戻る

 

言多必失 / 言多ければ必ず失する

◆中国語:言多必失  [ yán duō bì shī ]

◆出典:鬼谷子·中经

◆意味:口数が多いと失言し易くなり、そのせいで失敗を招くことになる、との意。

»本文に戻る

 

言行,君子之枢机 / 言行は君子の枢機なり

◆中国語:言行,君子之枢机   [ yán xíng, jūn zǐ zhī shū jī ]

◆出典:易経(彖辞上传)

◆意味:言行は君子にとって最も重要である、との意。

»本文に戻る

「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

 

Follow me!