ビックリ! ナマコの姿煮だって食べるぞ! 医薬同源

 

ちょっとした宴席で欧米人と丸テーブルを囲んだ時のことです。料理が運ばれてくるごとに彼は「What is this?」と隣に座っている通訳の中国人に尋ねるのです。

もちろん中華料理です。おそらく、見たこともない奇妙な料理が出てくるので驚いたのだろうと思います。例えば、皮蛋(ピータン)やナマコ…。「What is this?」を連発!

 

 

▮ナマコの姿煮…?

1998年、上海に赴任して一週間後に大連に出張した時のことです。会議の打ち上げで会議参加メンバーの会食にナマコが出てきました。日本ではナマコは薄切りにして酢の物として生で食べることが多いですが、中国での食べ方は全く違っていました。

 

お皿に結構大きなナマコが、そのまんまの形で、餡かけ状態で出されたのです。言わばナマコの姿煮。あまりにもグロテスクで、もともと好きではなかったせいもあり私はぎょっとしたことを覚えています。

夏目漱石は、「はじめてなまこを食べた人の勇気や精神力には敬服するべきだ」と著書に書いています。私にもちょっと無理だったようで、結局、食べませんでした。(高級食材なのにもったいないことをしました。)

大連名物料理。右の黒いのがナマコ。煮込んでとても柔らかいので、レンゲで小さく切ってご飯と餡かけを一緒にいただきます。美味!(2017/11/3撮影)

 

▮何と、ナマコを毎日食す

その後、2000年に大連に赴任。さすが、大連の特産品のナマコは、会食時にはしょっちゅう出てきます。そうすると食べないわけにはいきませんので、徐々に慣れていきました。

2004年、狭心症を発病し、入院、ステント治療後、仕事に復帰した際に、合弁のパートナーでもあり信頼のおける中国の友人が言うには、ナマコは免疫力を高める作用があるから、毎日、1個でいいから続けて食べると健康に良いと。

 

聞けば、大連の老百姓(一般市民)は冬の間、毎日ナマコを食べる習慣があるそうです。
中国には「药食同源」という古い言葉があります。薬と食物は起源が同じだというのです。

 

その忘形の交わりの友のアドバイスがあり、私も物は試しと始めました。スーパーで乾燥ナマコを買ってきて、水で戻し、お湯で温めてからそのまま食べる、という感じです。でも味も何もないので、少し蜂蜜を垂らして食べるようにしました。これを続けると、心なしか元気になったような気がするからナマコの効用は馬鹿にならないということでしょうか。おかげでそれ以降、冬でも風邪もひかず仕事に専念することができました。

 

▮海参ってすごいぞ!

ナマコは英語では「Sea cucumber」。「海のきゅうり」というそうです。形が似ているからでしょうか。日本では「海鼠」。海のネズミとは…。

 

中国では「海参」と呼ばれています。海の人参。人参と言っても日本でいうニンジンではなく滋養強壮などの多くの効能があると言われている朝鮮人参のこと。つまり、「海の朝鮮人参」がナマコ。

ナマコには新陳代謝を促進、肌・皮膚を若々しく保つ効能があり、それらは朝鮮人参にも匹敵するゆえに「海の人参」と言われてと中国古代の医学書に書かれているそうです。

 

大連から少し北に行ったところにナマコの養殖場が多数あります。聞くところによればナマコの養殖ノウハウは大連にしかなく、実は相当儲かっているそうな。

 

▮医薬同源

ナマコともう一つ、例の友人から勧められたのが生ローヤルゼリー。(写真左)大連地元の会社が製造販売しているものを毎日食べるようになりました。これが結構臭いが気になるので、少量のぬるま湯にスプーン1杯の生ローヤルゼリーと蜂蜜を入れます。毎朝、10年近くそれを続けていると、習慣は自然の如くになってしまい、帰国後も、未だに続けています。

 

「薬食同源」の思想は何千年もの時を経て今も息づいているのです。現代の中国社会は大気汚染などの環境問題も大きくなり、むしろ以前よりも体の健康を考え、実行することが増えたのかもしれません。また、自分の健康管理もこれでやってみるのも悪くないのでは…

☛「中国ビジネス成功の決め手 現場目線で急所を解説」はこちら

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言

 

药食同源 / 医薬同源

◆中国語:药食同源   [ yào shí tóng yuan ]

◆日本語表記:薬食同源

◆意味:薬と食物は起源が同じ(唐朝时期の“黄帝内经太素”)で、双方の間には明確な境界線はない。日本で言われている「医薬同源」の語源。

» 本文に戻る

 

 

海参 / ナマコ

◆中国語:海参   [ hǎi shēn ]

◆中国語では「海参」(海の人参)。英語では「Sea cucumber」(海のキュウリ)。日本語では「海鼠(海のネズミ)。日本でいうにんじんは中国語では「红萝卜  」と言います。

» 本文に戻る

 

 

忘形交 / 忘形(ぼうけい)の交わり

◆中国語:忘形交   [ wàng xíng jiāo ]

◆出典:新唐書(孟郊传)

◆意味:地位や風采などの外形的にはとらわれず、心と心に隔たりのない、極めて親しく親密な交わりのこと。

» 本文に戻る

 

 

习惯成自然 / 習慣、自然と成る

◆中国語:习惯成自然   [ xí guàn chéng zì rán ]

◆日本語表記:習慣成自然

◆出典:漢書(贾谊传)

◆意味:物事が規則正しくなされたならば習慣化される。そしてとても自然なことに成る。(是非良い習慣を身につけたいものです。)

» 本文に戻る

スポンサーリンク

☛「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

Follow me!