大連瀋陽 道中400キロ 中国ならではのよもやま話 感恩戴德

 

2004年に瀋陽市に支店を出しました。その前後から頻繁に大連瀋陽を行き来するようになりました。
そんなある日、高速バスで瀋陽へ行った時のこと。

瀋陽のバスターミナルに到着し、外に出たところで待ち構えていた中国人のおばちゃんが、使用済みの乗車券が欲しいと言っています。こんなものを貰っていったいどうする? 乗車券を集めるのが趣味なのか、はたまた…

 

 

 

▮聡い! 乗車券の使い方

鉄道や長距離バス、飛行機など、その乗車券などを会社で費用精算する際に領収書として使います。従って、改札出口で係員が確認した後、その券を返してもらわなければなりません。

旅行などプライベートの場合はそんな必要はありませんが。

 

で、そのおばちゃんたちは何のために使用済みの乗車券を要求しているのでしょうか?

中国事情に詳しい方ならピンと来ているかもしれませんね。

聞くところによると、使用済みの乗車券をもらって、それを必要とする人に転売するのだそうです。

使用済みの乗車券を交通費の社内精算に使うという仕組みを活用(?)して、少しの現金を手にする。つまり、カラ出張の証拠書類として重宝されていたそうです。そしておばちゃんも昼ご飯代が浮くというからくり。

 

▮完全な人はいない 電話魔との遭遇

大連瀋陽間を移動するには、会社の車で約4時間、飛行機で飛行時間が約40分、高速バスで約4時間、特急列車で約4時間とどの方法でも結構時間がかかります。

経験上では特急列車の寝台コンパートメントが最も楽な方法だと思います。

例えば、私がよく使った特急列車は、個室に2段ベッドが2つあり、定員が4人。

朝の8時ごろに大連駅を出発してお昼頃に瀋陽に到着。その間約4時間、寝台に寝転がっていられるので楽です。

ただ、見知らぬ中国人3人と同室で4時間過ごすのは結構きつい旅です。

 

中国人の乗客は他の乗客にはお構いなしに電話をするのです。中には瀋陽につくまで約4時間、電話をかけ詰めの人も。それも、「俺は今から瀋陽へ出張します。そのあと長春と北京を回って何日に大連に戻ります…」と、そればっかりをいろんな人に延々と電話している人がいました。

 

きっと、当時は遠くに出張すること自体が他人に自慢できるステータスだったのでしょうね。そんな場面に居合わせるともう最悪。イライラがつのります。

たまたま乗り合わせた他の人に完全さを求めてはならない、というのが教訓でしょうか。まぁ、自分だって大したことのない人間なのだから、人に求めるのは如何なものか、ということです。

 

そんなことの一方で、ほのぼのとすることに遭遇することもありました。

小さな子供とおばあちゃんの二人旅。

おばあちゃんは子供寝かしつけようとしています。「早く寝なさい、でないと警察が来るよ」  昔の親はよくそんなことを子供に言ってましたよね。

その子供は、「おばあちゃん、僕を騙さないでよ。」って。子供は脅し文句だとわかっていたようです。子供の方が一枚上でした。でも、微笑ましい光景にホッとしたことがありました。

 

▮感恩戴德

意外、と言えば語弊がありますが、例の高速バスは静かで快適なのです。

そのバスは虎のイラストが描かれた「虎跃快客」という名の高速バス。一人掛けの列と二人掛けの列があり、一人掛けを選べば隣を気にせず、リクライニングさせてゆったりと座れ、よく眠れるのです。

このバスは現地の日本人の間では通称「虎バス」と呼ばれていて、結構人気がありました。

大連側の始発と終着点が私の住んでいたアパートの真ん前にありましたので、利便性は最高です。

 

で、この「虎バス」、終点に近づいたころ、いつも「感恩的心」というタイトルの曲が車内に流れます。

日本でも活躍した台湾の歌手、欧陽菲菲(オウヤン・フェイフェイ)が歌った曲だそうです。「どんな苦難にも負けないで、運命にも感謝し、恩義を大切にする。」そんな感じの歌詞なのですが、なかなかいい曲でメロディーが心に入ってきます。

人間、「心からありがたく思って感謝する」ということは大事なことです。

 

▮高鉄で情緒は無くなったか?

今では、高鉄(新幹線型の高速鉄道)がはるかに便利で、当時のような情景はなくなりました。なんたって大連瀋陽間が最速約2時間。この高鉄、静かで乗り心地は最高です。惜しむらくは、電話の音声。電車は素晴らしくきれいになりましたが、乗っている人は以前と何ら変わりないことですかね。でも考え方によればこれこそ今も残る昔の情緒ですね。

大連瀋陽間を走る高鉄。

»「成功のツボ カテゴリー別記事一覧」もご覧ください。

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言

与人不求备 / 人と与(とも)にするには備わらんことを求めず

◆中国語:与人不求备   [ yǔ rén bù qiú bèi ]

◆日本語表記:与人不求備

◆出典:書経(尚経)

◆意味:他の人に接する時、相手の人に「完全」を期待してはならない。自分を含め完全な人などいるわけがない。しかし、自分は「完全」を求めて日々努力を続けたいものです。

» 本文に戻る

 

 

感恩的心 / 感謝の心(欧阳菲菲のヒット曲のタイトル)

◆中国語:感恩的心  [ gǎn’ēn de xīn ]

◆欧陽菲菲(オウヤン・フェイフェイ)は、台湾生まれの歌手。1971年、日本デビュー曲の『雨の御堂筋』が 大ヒット。ちなみに私が二十歳すぎのころのことです。

◆「感恩的心」「雨中徘徊  (雨の御堂筋の中国語版)」タイトルをコピペしてネットで検索、試聴してください。

» 本文に戻る

 

 

感恩戴德 / かんおんたいとく

◆中国語:感恩戴德  [ gǎn ēn dài dé ]

◆出典:三国志(吴志·骆统传)

◆意味:心からありがたく思って感謝すること。

» 本文に戻る

»「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」もご覧ください。

スポンサーリンク

Follow me!