北京五輪 四海兄弟と寿ぐが、やはり体面が大事 駐在者目線では…

 

約20年前、1998年の上海は既に空気がきれいではありませんでした。テレビなどでは「晴れ」といっても実際に霞がかかっていて青空はあまり見かけませんでしたから…。

しかし当時はまだまだ環境汚染の報道はされることもなかったのですが、その後、各地で汚染は悪くなる一方。

 

そして、首都・北京でも車の排気ガスなどの影響で年々汚染が進んでいたようです。

ところが、2008年8月8日突如北京に青空が戻ってきたのです!

 

▮体面を保つため想像外の努力

中国・北京で2008年に開催されたオリンピックの開幕式で、「四海兄弟」と中国は全世界からの人々の来訪を寿ぎました。

ただでさえ自国の体面を最優先する中国です。その威信がかかったオリンピックに、よどんだ空ではどうしようもありません。

そこで中国がとった方法はお国柄を表しています。

例えば、市街地を走る車をナンバープレートの偶数奇数で、日ごとに走行規制しました。無理やり走行車両を半減させたのです。加えて、排煙防止のために工場の操業を強制的に停止。

また、開会式当日、予測された雨を回避するために、何と、1100発のロケットを打ち、北京郊外で人工的に雨を降らせ雨雲を消滅させました。

そんな「努力」が実り、開幕式の日は見事な青空が戻り、世界に対しての体面が保たれました。

悪くなってきたとはいえ、まだまだ大連の空は青い。この大連ブルーはいつまでも変わらないことを祈ります。(写真は2014年2月撮影)

▮大連でオリンピック前と後で変わったこと

それでも、北京オリンピックが開催されたことで、身の回りでも感じられた変化がいくつかありました。

 

例えば、空港の出入国審査。従来はぶっきらぼうな表情の担当官が、肘をついてパスポートにスタンプを押し、もちろん、その間は無言。その後パスポートを投げ返すのが普通で、どうしようもないなと思ったものです。

それが、オリンピック以降は、嫌々仕事をしている態度は変化し、ニーハオと声をかけるようになりました。もっとも、審査ブースごとに担当官の態度を評価する押しボタンがつけられたことも一因かもしれません。

 

スーパーでの買い物の時も、レジでよくあったお釣りの投げ渡しもなくなってきました。これは買い物をしてお金を払う客側にも言えると思います。

お客がくしゃくしゃになった紙幣をレジのカウンターに放り出しているのをよく見かけました。そのたびにお金はもっと大事に扱わなければ…と思ったものです。

スポンサーリンク

 

▮日本人も的外れ…

少々、余談ですが…。

2008年当時の中国は高度成長の真っ最中で、新たに進出してくる日系企業も多数あり、その対応に「日本語人材」が不足していました。

本社に派遣を要請しても、YesともNoともつかない態度で埒があきません。そこで、現地で求職している日本人の採用を考え、何度か面接を行いました。

その際に応募動機を質問すると、ある応募者は「中国語をマスターしたい。」という日本人がいました。その人には、当社は学校ではありません、とお断りしました。また、別の応募者は「オリンピックまで中国にいたい。」と理解不能の受け答えをしていました。

そんな的外れな日本人が現地に多かったのもそのころでした。

 

▮底に流れるのは面子重視。でも付け焼刃では…

オリンピックのような一世一代のビッグイベントは、中国に限らずどこの国であっても自国の威信をかけて開催するのだと思いますが、その思いの深度はずいぶん違います。

 

ロケットを飛ばして天気をコントロールしたり、強制的に工場での操業を止め、車の走行を制御するなど、なかなか考えにくいことです。いずれも表層的な対策ばかりで、北京でもオリンピックが終わった後は、また大気汚染が戻ってしまいました。その後、むしろひどくなってしまったのではないでしょうか。

その時になって仏の脚に縋りつくような対策ではすぐに化けの皮がはがれるということですね。コツコツと毎日積み上げる努力が大切であると心得たいものです。

> 「成功のツボ カテゴリー別記事一覧」もご覧ください。

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説

四海兄弟 / しかいけいてい

◆中国語:四海兄弟   [ sì hǎi xiōng dì ]

◆出典:論語 顔淵「四海之内皆兄弟也」( 四海の内皆兄弟なり)

◆意味:四海は国内、世の中、天下、世界などの意。世界の人々が皆兄弟のように、親しみあうべきだ、という意。四海同胞。

◆2008年北京オリンピックの開会式のアトラクションで「四海之内皆兄弟也」と論語の一節を朗誦し全世界からの人々の歓迎しました。

> 本文に戻る

 

临时抱佛脚 / 付け焼刃、苦しい時の神頼み

◆中国語:临时抱佛脚   [ lín shí bào fó jiǎo ]

◆日本語表記:臨時抱仏脚

◆出典:唐·孟郊《读经》诗:“垂老抱佛脚,教妻读黄经。”

◆意味:その時になって仏の足に縋りつく。つまり、普段努力をしないで,その期に及んでむやみに慌てること。付け焼刃。苦しい時の神頼み。

> 本文に戻る

> 「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」もご覧ください。

Follow me!