大熊猫と三国志演義 逞しさとリーダー論が四川省成都市に息づく

icon-arrow-right  icon-arrow-right

 

ジャイアントパンダは中国語では大熊猫。

上野動物園ではジャイアントパンダの子供、香香(シャンシャン)がいよいよ一般公開されるというニュースと共に、愛くるしい「香香」の様子が人気を呼んでいるようです。

 

 

▮ジャイアントパンダ(大熊猫)の本場 中国四川省成都市

 ジャイアントパンダといえば、中国四川省成都にある大熊猫繁育研究基地が本場。

実際に行ってみると、パンダだらけ。ゴロゴロしているのや、お座りして食事をしている姿など、どのパンダも本当に可愛い。目の前の愛くるしい姿を見ていると大人でも時間がたつのを忘れてしまいます。(写真はいずれも2011年4月撮影)

 

生まれたてジャイアントパンダの体重は通常は100~200グラム程度。とても小さいのですが、大人になると100キロを超えてきます。立ち上がると170センチにもなりなかなかの迫力です。

ジャイアントパンダの外見や動作はこの上もなく愛らしさと映りますが、気性が荒いという一面も持っており、飼育員や見学者が襲われた事件が過去にはあったようです。

 

下世話な話ですが、ジャイアントパンダをつがいで借り受けるには、年間1億円ものレンタル料がかかるそうです。

また、大熊猫繁育研究基地では約2万円を払えば、ジャイアントパンダを抱っこできるサービスがあります。私は午後に行ったのですが、そのサービスは午前中のみということで、抱っこは実現できませんでした。

それにしても、レンタル料といい、抱っこ代といい、ジャイアントパンダをネタにしたビジネスを行う逞しさには脱帽です。

 

スポンサーリンク

 

▮三国志の歴史が息づく成都

大熊猫繁育研究基地がある成都市は四川省の省都で、市街地人口は約800万人、その発展ぶりは目を見張るほどの大都市です。

ところで、成都は中国の長い歴史の中で三国時代と呼ばれた当時の蜀の都でした。

229年までに魏(初代皇帝:曹丕)、蜀(初代皇帝:劉備)、呉(初代皇帝:孫権)が成立し、中国内に3人の皇帝が同時に並び立ちました。互いに覇権を争った三国時代については、『三国志演義』をはじめとする数々の物語が書物で残されています。

 

 

蜀の皇帝であった劉備玄徳は、言葉は少なく、偉ぶらず、男気があり、若者は争って彼についていったそうです。

三国時代の3人の皇帝の中では、私はそんな劉備の生き様がもっとも好感できます。

武侯祠漢昭烈廟(劉備殿)

成都市郊外にある三国時代の蜀の宰相・諸葛亮を祭った社です。成都武侯祠漢昭烈廟(劉備殿)。

門前に「明良千古」と記された額があります。「明」は劉備が賢明、「良」は諸葛孔明が忠誠という意味。「千古」とは後世まで伝わるということです。

建物の中に入ると正面で南に向って座しているのが劉備の像で、ここに「業紹高光」と書かれた額が掛かっています。

「業」は業績、「紹」は越えている、「高」は前漢の開国皇帝の高祖劉邦のことで、「光」は後漢の最初の光武帝劉秀のことです。業紹高光とは劉備は劉邦、劉秀よりも業績が上であるとの意味です。

 

▮リーダーとしての心得

蜀の丞相であった諸葛亮(諸葛孔明)。劉備亡き後の二代目皇帝の劉禅に対して「鞠躬尽力、死して後已まん。」という言葉を残しています。

国のために身を粉にして働き、死んでからゆっくりとする、との意ですが、そのようなリーダーの下では部下も働かざるを得ません。周恩来首相が亡くなったときに贈られた言葉もこの言葉だったそうです。

成都には、ジャイアントパンダ(大熊猫)の愛くるしさと、劉備玄徳、諸葛孔明の身の引き締まるリーダーの物語を彷彿とさせる歴史が息づいています。

 

icon-arrow-right 成功のツボ カテゴリー別一覧」もご覧ください。

スポンサーリンク

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説

鞠躬尽力、死而后己 / 鞠躬(きくきゅう)尽力、死して後已まん

◆中国語:鞠躬尽力、死而后己    [ jū gōng jìn lì, sǐ ér hòu jǐ ]

◆日本語表記:鞠躬尽力、死而後已

◆出典:三国志(諸葛亮の「後出師の表」の一節)

◆意味:うやうやしく身を屈めて尽力し、死ぬまでやめません。との意。

諸葛孔明が蜀の二代目皇帝の劉禅に対して、この身を捧げて死ぬまで全力でやり続けるという強い決意を表明をしたもの。

 icon-arrow-right 「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」もご覧ください。

Follow me!