総経理が交代 そこからリスタート でも中国では簡単ではない

 

本社から中国に派遣された駐在員は、現地で様々な問題にぶつかり、紆余曲折を経験しながら、現地社員との意思疎通を図り、現地のマーケットや状況を時間の経過に連れて理解を深め、中国ビジネスの成功に向かっていきます。

しかし、悲しきかなサラリーマン。
総経理(社長)は何年かすると次の人にバトンタッチをすることになります。

そして、ここにひとつの問題があります。後任者の現地理解は前任者に及ぶべくもないので、バトンタッチ後、企業の総経理職としては一旦、ゼロクリア。

会社として、何歩も後退してからのリスタートになってしまいます。

その結果、中国現地社員が戸惑うことになり、それが原因となって会社業績への影響が少なからず出てしまいます。

さて、どうする?

 

 

▮現場マネジメント経験者のみが持つ肌感覚

私たちの世代の駐在員は、日本国内の事業所で現場のマネジメントをした経験を持った社員が数多くいました。

そして、同じ事業でも国や環境が違うので、通り一遍のマネジメントではうまくいかないことを知っていたのです。

つまり、サラリーマンとはいえ本社の考え方や方針をそのまま伝達することはしないで、現地の状況に合わせて咀嚼し、自社の方針や施策をリメークして現地会社を運営したのです。

それを可能にしたのは日本国内での現場マネジメントの経験があったからだと思います。中国の現地において、そのさじ加減が肌感覚でわかっていたのです。

 

▮現場を知らない本社好みの総経理

一方で最近の人事を見ていると、頭が良くて本社に従順な人が新しく現法トップとして赴任することが多いように感じます。現場経験の浅深はあまり考慮されていない感じです。

彼らは現場でのマネジメント経験がないものですから、ただただ厳しい管理をし、時には内部で軋蝶を起こしたり、ひとりよがりになったり、組織としてうまく機能しないことが間々あるようです。

 

本社の方を見て仕事をする従順な社員は、いわば本社のお気に入りです。しかし残念ながら実際には、マネジメント実務を知らない社員の場合が少なくありません。現地の経営責任者として管理強弱のさじ加減がわかっていないリーダーになってしまいます。

そうするとどう見ても業績が落ちてしまい、中国の現場がわかっていない本社からは「もっとしっかりやれえ!」と叱咤され、ただ「はいっ。わかりました。」と答えはするものの、どうすればよいのかわからない。

結局、管理者は一人相撲で空回り、部下は誰もついてこない…。

一番かわいそうなのは部下の現地社員です。それでは、事業の急拡大は望むべくもありません。

 

スポンサーリンク

 

▮バトンリレー時点でのリスタート

少しはましな新旧リレーができないものでしょうか。

日本人が得意とする「決めたルールはとにかく守る」、それはいいことですが、たとえそれが中国現地の状況にそぐわなくても、守ろうとするいうのは如何なものか。

まるで広いサッカー場の片隅で(温泉旅館にあるような)ピンポンをするようなことは、考え直すことが必要ではないでしょうか。

その硬直した思考を改め、臨機応変の運用を取るべきです。でないと広大なグレーゾーンが横たわるこの中国では勝てっこありません。成功はおぼつきません。

 

経験の浅深がものをいう中国のマネジメント。日本側の波風立たないことを優先するような愚をやめるべきではないでしょうか。ここは日本ではないのですから。

 

バトンを受けたらゼロクリアで一からやり直しするのは避けて、バトンをリレーした時点でリスタートがかかるように、考えるべきだと思います。陸上競技のリレーゾーンのようなイメージです。

それには前任者をほんの一時、現地に残し副役職の立場で後任者を補佐するような仕組みがいいと思います。

中国でのビジネスで勝ち抜くには、日本のルールや習慣は時には邪魔になります。中国にあったツボを見つけるべきです。

▶「成功のツボ カテゴリー別一覧」もご覧ください。

スポンサーリンク

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説

运用之妙在乎一心 / 運用の妙は一心に存す

◆中国語:运用之妙在乎一心   [Yùn yòng zhī miào zài hū yī xīn]

◆出典:十八史略

◆日本語表記:運用之妙在乎一心

◆意味:兵法の定石はもちろん必要であるが、肝心なのは臨機応変の運用である。

▶ 本文に戻る

▶「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」もご覧ください。

スポンサーリンク

Follow me!