トップに据えた信頼できる現地社員 短絡的なその現地化、大丈夫?

 

 

多くの日系企業で日常的に叫ばれている中国現地会社の「現地化」。

年々改善される現地のビジネス環境や、至上命令としてのコスト削減の流れが、拍車をかけています。

そういった背景があって、信頼できると思われる現地出身社員を抜擢したり、
現地でヘッドハンティングした門外漢を招聘したり…

しかしながら、その結果はどうでしょうか?

 

 

総経理を現地スタッフに代えると日本人に比べ費用は激減する

いわゆる現地化のひとつのパターンとして、日本人総経理を帰国させ現地において適当な人材を総経理に任ずることです。

例えば合弁パートナーの人脈を使って外部から「優秀」な人材を招聘し、総経理に任命するなどがそれに当たります。

 

日本人を派遣した場合にかかる多額の費用が不要になりますので、それだけでも年間でかなりのコストが削減できます。

私は、上海時代に上海現法を黒字にするには私が帰国することだ、と本社から言われたことがあります。

日本本社の、コストに対する思いは理解できますが、しかし、そこに落とし穴が待っているのです。

 

現地で総経理をヘッドハンティング

日本本社は合弁パートナーに、現地化の主旨を説明し、その後、「地元マーケットを熟知した優秀な人材」を紹介されます。

(おそらく、何らかの思惑があってのことでしょうが…)日本本社側はパートナーの言葉を信用し、或いは疑問を感じてもパートナーの申し出を押し返すことができずに、結局、総経理(社長)に任命することになります。

 

本人は自分の人脈を駆使して販売を行い、会社を運営することになります。推薦人の日本本社に対する面子がありますので、何としても評価を得なければない立場にあります。

その結果、ややもすると売り上げを伸ばすことに偏重して、会社運営を考えるようになります。

 

一般論として、「現地の優秀人材」が実行する会社内部のマネジメントは、やはり中国式(一言でいえば強権的)、日本のようなマネジメントは不得意分野です。彼が手っ取り早くポイントを稼げるのは、自分の人脈を活用した売り上げ拡大です。

そこで、彼は合弁パートナー側の投資金を早期に回収するというミッションを果たそうと懸命の努力をします。

彼のボスは日本の本社ではなく、自分を推薦してくれた合弁パートナー側です。

ボスのために、売り上げを伸ばせるのなら何でもやる、と言えば少々オーバーですが、それくらいの考えを持っています。

 

門外漢の苦悩

一方で、総経理就任時に少しばかりのオリエンテーションで学んだ企業知識しかなく、それでは十分に企業理念に裏打ちされた方策による会社運営ができるはずもありません。

 

また、突然やってきた門外漢の彼よりも、元から仕事をしている現地幹部社員の方がよほど会社業務を理解・精通しています。

その場合、理解不足の総経理に対して現地社員から意見具申などをし、彼がそれを受け入れるのであればそれはそれでよいのですが、現実にはそうでもありません。

 

中国は縦社会なのです。経験や知識がなくても最も権力が大きい総経理に対して、部下の方から諫めきれない上下関係が存在することになります。取り巻きの中に日本人社員がいたとしてもその状況は変わりません。

 

スポンサーリンク

 

矛盾を見ようとしない

そういった現実の問題を日本本社に訴えても、コスト削減の「手柄」を手にした日本本社経営層は、今更それに逆行するような具申に耳を貸そうとはしません。残念ではありますが、現実は自分の身の安全を確保することを優先する考えが支配的です。

 

そして気が付いた頃には、現地会社は日本と同じ看板を上げていても、中身は似ても似つかぬ会社になってしまった、ということが珍しくありません。

 

そもそも、自社の企業理念や事業運営のノウハウは、入社以来10年20年という長い間の積み重ねがあって、身につけたものです。日本で社内研修を何度も受け、日常の実践の中で培ってきたのです。

 

 

規模が小さいとはいえ、現地会社を運営・経営するのに、表面的に理解しているだけで本質を分かっていない人には、無理だと言わざるを得ません。

自分が勤める会社の理念や風土の何たるか、何もわかっていない人を現法トップに任命し、

業務を丸投げするのは愚行であるとともに無責任なことであると思います。

 

もちろん現地法人の責任者としての資質を備えた人物であれば、その国籍にかかわらず素晴らしいことですので、外部からの招聘が悪いとは言えませんが。

 

しかし現地化ありき、で安易に走ってしまっては中国での事業は決して成功しないと私は断じます。

 

日本と中国の役割

現地会社のトップである総経理は、事業経験や理念を体に染みつけた社員を日本本が派遣する。総経理以外の幹部社員は可能な限り現地社員の中から登用する。日本側と中国側で分化された役割を担うのが、中国事業を成功させるツボであると考えます。

もちろん、日本本社は自ら派遣した社員を信頼し、運営状況を検証し、必要であれば交代させる。中国人幹部には相応の待遇を行う。そういった緊張感のある形態の現地化がよいと考えます。それは現地で仕事をした経験値です。

事業を失敗させてしまうことになりかねない安易な現地化は、なんとしても避けなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

明哲保身 / めいてつほしん

◆中国語··:明哲保身 [míngzhébǎoshēn]

◆出典:詩経

◆原文:既明且哲,以保其身,夙夜匪懈,以事一人。

◆意味:本来の意味は、聡明な人は巧みに身を処して、その結果、自分の地位を守ることができる、という褒め言葉。それが転じて、現在は、自分の身の安全を確保するために、要領よく立ち回る、という意味で使われるようになりました。

▶本文に戻る

 

 

 

[解説]

 

冰冻三尺,非一日之寒 / 氷凍三尺、非一日之寒

◆中国語:冰冻三尺,非一日之寒 [bīngdòng sān chǐ, fēi yī rì zhī hán]

◆出典:王充(後漢の文人、思想家)の自伝。《论衡》

◆意味:川に3尺の氷が張るのは1日の寒さによるものではない。事柄の原因は一朝一夕に生まれるものではない。長い間の積み重ねに由来するものである.

◆同類のことわざ:ローマは一日にして成らず。(中国語では:罗马不是一天建成的。英語では:Rome wasn’t built in a day)

▶本文に戻る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です