自分らしく ありのまま 一生懸命に生きる 桜梅桃李の原理

 

 

上海に赴任したとき私は49歳。

「チャンス到来」とばかりについ力んでしまいました。

予備知識もなく中国初体験であった私は、日本で長年やってきたことと同じ手法で、
中国人社員に接し、会社を運営しようとしました。

しかし、それではうまくいくわけがないですよね。

 

 

普通であることを主張する

私は一介のごく平凡な社員。高学歴を持ったエリート社員でもありません。社内で出世コースに乗っていたわけでもありません。

むしろ、サラリーマンとしては上手に生きられない不器用な方でありました。中国赴任が決まった際には、同僚から「また何か、やらかしたのか」と言われたくらいです。

 

まして、5000年にもなる悠久の歴史の持っている今の中国人の中に、突然やってきた私ごときがどれだけ逆立ちし、力んで向かって行っても歯が立つわけがありません。

そこに気がつくと、大上段に構えることなんてさほどの意味を持たないことがわかりました。
自分の性格から考えても似合わないのは間違いありません。

総経理(社長)になったからといっても、偉ぶった態度や上からの目線で地元社員に接したりするのは、肩がこりそうで私には似合わないのです。

自分らしく、ありのままに、一生懸命仕事をすることにしました。

桜梅桃李

「桜」「梅」「桃」「李」、この4種類の木は、おたがいが近い仲間で、よく見ないと違いが判らないほどよく似た花を咲かせます。

しかし、花の形や色、香り、それに咲く時期も微妙に違います。けれど、どれも可憐な花が咲きます。

 

こんなふうに、それぞれ違うけど、どれもすばらしい。それが「桜梅桃李」の意味です。

桜には桜の、梅には梅の、それぞれに良さがあります。桃が「李になりたい」と思っても、李にはなれませんし、そんなことを思う必要もありません。桃として、堂々と咲くところがきれいであるはずです。

大事なことは、「自分らしく」。気負いも衒いも必要ないということです。

 

スポンサーリンク

 

中国古典の「荘子」には、「順に処(お)れば、哀楽入(い)る能わず」、流れに逆らわない自然な生き方がよいとあります。

 

人は出世やノルマ達成など必死で頑張ろうとします。中には流れに逆らってまで無理をすることもあります。頑張るのはよいことですが、しかし無理はすればするほど、ちょっとつまずいたりしたときにがっくり肩を落とすことになってしまいます。それではあまりに切ないではありませんか。

 

自然に生きるとはいざというときに戦うこと

自分のやり方をゴリゴリ押し通すような会社運営方法も私は好きではありません。

結果として私が取った方法は「自然の流れに乗る」というものでありました。

但し、社員や市場に迎合する、いわゆる「ポピュリズム」では決してなく、自分の意思をもって流れに乗るというものです。

 

自然の流れに乗るとは一見のんびりしているように思えるかもしれませんが、ここ一番というときには俄然、頑張るんです。意地も通します。

 

心底のんびりしてしまっては、何時が「ここ一番」なのかわからなくなってしまいます。ぷかぷか浮かぶ水草のごとくのんびりしているように見えて、実はアンテナを高くして周囲の情報や変化をキャッチする、研ぎ澄まされた感性を日々磨くことを怠ってはなりません。

どこまでも自分らしく、ありのままで一生懸命に生きる、桜梅桃李の原理を忘れずに…。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

安时而处顺、哀乐不能入也 / 時に安んじて順に処れば、哀楽入る能わず

◊中国語発音:[an shí’ ér chǔ shùn, āi yuè bù néng rù yě]

◊日本語表記:安時而処順、哀楽不能入也

◊出典:荘子

◊意味:時のめぐりあわせに安んじ、自然の流れに従っていれば、哀も楽もない。自然な生き方がよい。

▶本文に戻る

▶カテゴリー「謙虚に自己を高める」の他の記事を読む

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です