運転、通訳… 担当職務以外は何もしない社員 何故そんなことになった?

 

 

我が社が入居しているテナントビルの一室で、
ビルテナントの運転手が集まり、世間話や自社の総経理の噂話などをしながら、
マージャンをしている光景を見かけることが時々ありました。それも勤務時間中に。

総経理が外出するという会社からの連絡を受けて、
その社の運転手はやおら駐車場に車を取りに行って運転業務をするのです。
つまり、彼らは運転業務がない時間はそこで遊んでることになります。

 

 

 

「運転」はいまだに特殊技能?

なんでそんなことになるのでしょうか。

一昔前までは車の運転免許を持った人は限られていて、ある種の「技術者」でありました。
ですから運転手さんには「師傅」(中国語表記は「师傅」)という尊称があったくらいです。
例えば張さんという運転手さんには今でも「張师傅」と呼びかけることになります。

また、レストランでは、出来上がった料理を厨房からテーブルの近くまで運ぶ係、それをテーブルの上にのせる係と 一人で十分できそうなことを二人がかりでやっているのをよく見ます。
昔、計画経済のころに、少ない仕事をみんなで分け合ったことの名残りでしょうか。

そんな歴史があってか、会社で総経理用の社有車を運転する社員を「運転手」として採用した場合、彼は「運転」以外のことは何もしないのが一般的です。
日本であるような、「私は今、暇だから忙しそうな君の手伝いをしようか?」なんて殊勝な考え方の人はここにはいません。

 

担当職務以外は何もしない

むしろ、「運転手」が暇なときに他の仕事をさせようとしたら、彼はおそらく運転手として採用されているのに、
運転業務以外にも仕事をしなければならないのなら、その分の給料を追加するよう要求してくることでありましょう。

結果として、その運転手さんは運転だけしかしなくなり、運転のない時は控室でたむろすることになってしまうのです。

「通訳」もよく似た現象を見ます。総経理が出席する会議や、顧客訪問時などは、通訳としての業務を行うのですが、それがない時は、自席で本を読んだりしています。

一般の社員にはない特殊技能を持っている職種に共通する事象です。

経営者としては限りある戦力でできるだけ多くの業務を、と考えます。ある時は一人二役です。

ですから、所定外の仕事をするのなら給料を上げてくれなどといった要求をしてくる社員に議論で負けてはなりません。

労働契約の更新時期には、更新後の仕事内容について十分説明し、押し切ってしまわないと、いつまでたってもこういったつまらない問題が残ってしまいます。
また、新規に採用する場合は最初から、「運転のできる総務部社員」や「通訳のできる総務部社員」という形で採用する、という対策が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

君臣の交わりは計なり

孟子は君主と臣下の関係を「君臣義あり」と言いました。一方、韓非子は「君臣の交わりは計なり」と言っています。今風に言えば、会社のためにわが身を犠牲にする社員などいない、という感じでしょうか。

もっぱら性善説の日本人にとしては、孟子の考えに同意をしたいのですが、現実はどう見ても「韓非子」に分がありそうですね。少々切なくなりますがこれが現実…。

「仕事は自分で捜すもの」、とか「人の背中を見て部下は育つ」というのは日本だけの文化だと思います。

現地では「言われたことができる」社員はまだレベルが高い方ではないでしょうか。もちろん素晴らしい能力を持った人もたくさんいます。

安易に人を採用したり、職掌名をつけたりすると後々面倒なことに…。
総経理としてしては、よくよく自分で考えて実行することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

君臣有义 / 君臣義あり

◊中国語発音:[jūn chén yǒu yì]

◊日本語表記:君臣有義

◊出典:孟子「五倫(ごりん)」。(儒教における5つの道徳法則)

◊原文:父子有亲,君臣有义,夫妇有别,长幼有叙,朋友有信。

◊意味:上下の正しい道。君は臣を礼し、臣は君に忠であること。

▶ 元に戻る

▶「成功のツボ全貌」へ
▶「中国の諺・格言」へ

 

[解説]

 

君臣之交计也 / 君臣の交わりは計なり

◊中国語発音: [jūn chén zhī jiāo jì yě]

◊日本語表記:君臣之交計也

◊出典:韓非子(飾邪編)

◊原文:君以计畜臣,臣以计事君。君臣之交计也。

◊意味:君主は計算ずくで臣下を養い、臣下もソロバン勘定で君主に仕えている。君臣は所詮打算で結びついている。
※現代の企業の経営者と社員の関係についての例として、言われることが多いようです。

▶ 元に戻る

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です