中国での小さな悪事 無視できない屈折した自己実現 「術」をもって対応

 

 

ある時、地場の金融機関に防犯用の監視カメラを売り込みに行きました。

日本メーカーの製品は品質が非常に良いということは中国の人たちにも知れ渡っています。

わが社も日系企業ですから、当然日本メーカーの製品を売り込もうとしました。

「値段は中国国産よりも少し高いが、10年は心配なく使える品質です。」と。

すると、意外にもそんなものは要らないとの反応がありました。いったいその理由は?

 

 

 

10年使える品質は要らない 本当の理由

曰く、10年も使うと性能的には問題なくても、経年による陳腐化は避けられない。
日進月歩で発達する科学技術は、数年後には今よりもずっと魅力的な製品を生み出すはずだ。

だから、「値段は高いが10年持つ」製品は今の中国にはマッチしない。それよりも、リーズナブルな価格で数年使えるものの方がよい。となかなか説得力のある理屈を言ってくるのです。

 

やはり、日本人とは考え方が違うなあと思いつつ話を続けて聞きました。

彼は、いくら安価でも2年や3年で故障したのではだめだ、例えば中国国産品。もし、そんなものを採用したとしたら、上司から叱責されるのは間違いない。そう考えると5年ほど持つものが最善の選択だと彼は言います。

 

途中から、少しずつ彼の真意がわかってきました。

10年も使い続けると陳腐化するというのは、この変化スピードの速い中国には合わないという、一見もっともな理由ですが、実はその裏側に中国ならではの事情が隠されていたのです。

中国企業では、担当者が取引業者などからリベートを手にするのは習慣化されていて、よくないとはいえ、ごく普通行われている行為です。

もし、10年使える製品を購入するとしたら、彼が手にすることができるリベートは10年に一度だけ。これでは少ない。

しかし、3年程度で故障しては彼が叱責される。だから5年使える製品であれば、叱責はされないし、5年ごとにリベートを手にすることができる。というのが本音だったのでし。

 

半ば呆れて私はそこを後にしました。

中国では銀行や工場などでは保安業務を仕切る部門が置かれています。日本のように、総務部が保安業務も担当するのではありません。

それだけにその部門は権限も持っています。権限を持つと人はどうなるか?自己本位の考え方や拝金主義がはびこる社会です。容易に想像ができると思います。

スポンサーリンク

 

自分の立場を利用して

どこの会社でも社員は、自らの立場を利用して少しでも利益を得ようと考えています。もちろん、日本では首ものですが…。中国でそれをうまくやると、あの人はやり手だと、評価されますから価値観の違いも相当です。

 

日本人総経理としては、とんでもない奴だ、と思いますが、自分の会社にもそんな輩が知らないところで暗躍しているかもしれないと思うとゾッとします。

管理者としては、まったくもって油断はできません。

 

 

ある時、社員を中途採用することになり、面接に立ち会ったことがありました。大勢の応募者を面接するのですが、ある応募者が私に質問をするのです。「この会社は面接費はいくらですか?」

意味が理解できなかったのですが、その応募者は、あちらこちらの会社の面接を受けた時に面接費を取られたというのです。よく言えば受験料。

 

どうも、そういった会社の人事担当者が応募者から面接代を取っていたようです。自己の立場利用です。

もちろん「わが社はそんな費用は不要です。」と答えました。

拝金主義の影響でしょうか、よくそんなことを考え付くものだと感心します。

 

 

小さな悪事への対応

何千年もの歴史の中で培われてきた、自分の利益を作り出す考え方であり行為です。昨日今日来たばかりの外国人社長が、逆立ちして不正は許さんと叫んでみても何も変わるわけはありません。

それに、社員の協力を得られなくなるばかりか、全員を敵に回すことになってしまいます。しかし、決してそれを是認せよというわけでもありません。

テレビや新聞で報道される巨悪に比べれば、社員のこの手の不正は小さな悪事。
これをどう捌くかが老練な総経理(社長)の腕にかかります。

 

 

日頃から、社員をよく観察することが必要です。持っている携帯電話が新しくなったとか、何かを感じたら、探りを入れたり、或いは上手に人事異動を行うことも有効です。特に叱責しなくても、本人はそれだけでばれていたことに気がつくはずです。

 

但し、反省するようなことはないようです。たいていは、何もなかったように新しい部署で仕事をしています。

ですから、こちらもそんなに気を遣うことは必要ありません。サラッとやればよい。言わばゲーム感覚でやればよいのです。

 

 

総経理は「術」をもて

小さい時から道徳教育はほとんどない彼らに、今更モラル教育なんぞはもう手遅れ。

韓非子は「術を以て統治するのがよい。」と主張しています。

「術」とは、総経理(社長)として社員をマネジメントするノウハウであり、ツボを心得ることではないでしょうか。

社員の小さな悪事を見逃さず、勤務評価で総経理としての意思を示すこと。(悪事を働けばどうなるか、身をもって知らしめる。)

そして、そのためには、総経理として或いは老板(経営者)として、人事や金などの権力をしっかりと握り、組織の隅っこまで常によく観察し掌握しておくことが肝要です。

安穏とはしていられないのが総経理。大切な組織を預かり、或いは自ら作った事業体を発展させるというミッションを託されているのだから。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

无术而御之,身虽瘁臞,犹未益也 / 術なくしてこれを御せば、身は瘁臞(すいく)すと雖いえども、猶お未だ益あらず

◊中国語発音:[wú shù ér yù zhī, shēn suī cuì qú, yóu wèi yì yě]

◊日本語表記:無術而御之,身雖瘁臞,猶未益也

◊出典:韓非子(外儲説)

◊意味:”術” をわきまえずに経営すれば、身は疲れはてやつれるほどに、働いても益なく治まらない、との意。
瘁臞とはやつれ (瘁) やせる (臞)こと。

▶本文に戻る

▶「成功のツボ全貌」へ
▶「中国の諺・格言」へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です