口は禍の元 ”日本語、わかりますか?” このフレーズに異議あり

 

 

先日、日本人のあるお役人が反対派の日本人に対して、

「日本語わかりますか?」と発言したことが物議をかもしました。

実は私も、中国で同じことを言われたことがあります。

さて、その場面とは…

 

 

上海で… 「日本語わかりますか?」

中国生活にようやく慣れてきたころのことです。

一時帰国するために上海の浦東空港のチェックインカウンターに並んでいた時にこんなことがありました。

 

私の前に並んでいた子供を連れた日本人のお母さんが、やおら、私の方を振り向き、こういいました。「日本語わかりますか?」と。もちろん日本語で。

私を日本人とは思わなかったのでしょうね。面食らった私は思わず「少しだけなら…」とお答えしました。

話はそれだけなのですが、どうも、そのお母さんは、列を外れた子供を連れ戻す間、スーツケースを見ておいてほしかったようです。

面子をつぶさないように答えた私は、内心、「ナイスリカバリー」とつぶやいておきました。

 

 

大連で… 「私、日本語わかりません」

私が住んでいたアパートメントはホテルに併設されていたので、フロントがありそこには日本語を話す中国人スタッフもいました。

 

ある時、突然、部屋が停電しました。しばらくして、内線電話でフロントに復旧の予定を中国語で尋ねました。

すると、フロントのスタッフはたどたどしい日本語で「私、日本語わかりません。」と言うのです。

再度中国語で尋ねたのですが、同じ答えが返ってきました。私はせっかく中国語で話しているのに、と思いつつもあきらめました。

翌日会社でその話をしたらみんなから大笑いされました。

 

内線電話でかけたので、フロントに表示された部屋番号は、日本人が住んでいるということがわかります。

フロントスタッフは、日本人が中国語をしゃべるはずはないという先入観があったのでしょうか。それとも私の話す中国語が中国語とは思えない発音だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

もう一つ、大連で… 「日本語が上手ですね」

懇意にしていた中国人のある事業家が、彼の友人である日本人を私に紹介してくれました。

その中国人事業家は日本語ができませんので、中国語で私に紹介してくれたのです。

私は紹介を受けた日本人の方に、簡単に挨拶をしたところ、その方から「日本語がとても上手ですねぇ。」と言われたのです。

「あの~、私は日本人ですから…」と対応。お互いに大笑い。

中国人が紹介したのですから、当然中国人だと思ったのです。人間って思いこむとこんなことになってしまうのですね。

 

 

ちょっと下ネタ…

大連の地元金融機関幹部との会食の席上でのことです。私の両側には顧客の中国人が着席していました。

左側の方とは、「いつ日本から大連に戻ったのか」という話題。ちょうど一時帰国から戻った直後でしたので、彼はそう尋ねてくれたのです。

 

その時、私は中国ではタクシーに乗ることを「打出租車」という風に「打」を使うことを知っていましたので、「昨日飛行機で帰った」という意味のことを言うところを、「打飛機」と表現してしまいました。(※「出租車」はタクシーのこと。「飛機」は飛行機のこと)

 

その話題の直前に、右側の方とは「毎日何をしているのか」ということについて話していたのです。たまたま、右側の方は、その話題の途中で別の方とお話をしていました。

で、私の方を向き直ったときに「打飛機」と私が発した言葉を聞いたのです。

 

中国で「打飛機」とはマスターベーションを意味する隠語です。つまり右側の彼は、私に「毎日何してる?」と聞いたところ「打飛機」と私が答えたと理解したのです。

彼は絶句し目を丸くしていました。誤解が解けた時に、みんなで大笑いが…。

 

 

口は禍のもと

私の経験談は他愛もないただの楽しかった笑い話ですが、時と場合によってはそうはいかないことがあります。
口は禍のもと」とはよく言ったものです。

まして、会社の総経理(社長)や老板(経営者)といった立場の人は、自身の発言には十分注意をしなければなりません。

最悪の場合は、皆から総スカンを食らうことにもなりかねません。無用のトラブルの発生は避けたいものです。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスを成功に導く ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

祸从口出 / 口は禍のもと

◊中国語:祸从口出 [huò cóng kǒu chū]

◊日本語表記:禍従口出

◊出典:晋朝·傅玄《口铭》:“病从口入,祸从口出。”(病は口から入り、禍は口から出る)

◊意味:うっかり発した言葉が思いもかけない禍を招くことがある。不用意な発言はしないこと。

▶「成功のツボ全貌」へ
▶「中国の諺・格言」へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です