悠久の中国・中秋節 同じ名月にも思いは様々 月餅を食べながら願うことは…

 

中秋節が近づくと会社では月餅を社員にも配るのが慣わし。ある日突然、税務局が会社にやってきて、社員に配る月餅に課税するぞ、とのこと。いやはや、古来、中国の習慣である中秋節ですが、どうも情が薄れ世知辛くなってきているようです。こんなことでいいのかなあ…

 

 

まん丸は完璧の象徴

中国の「中秋節」は、旧暦の8月15日で、十五夜の名月を愛でながら秋の豊作を祝う伝統行事。日本とは違うのが、中秋節は春節と並ぶたいへん重要な日で、国家の祝日になっています。

古来中国で言われる「白玉無瑕」とは一点の曇りもない真珠のことで、人の憧れを集めてやみません。

同じように、まん丸でどこも欠けていない満月は「円満・完璧」の象徴と考えられ、中秋節は別名「団円節(だんえんせつ)」とも呼ばれ、中秋節の日には普段は別に住まいしている家族が実家に集まり、円形の食卓を囲んで、久々の一家団欒を楽しむのです。家族を大事にする中国人にとって、一家円満の喜びを満喫するおめでたい伝統行事ということです。こんな大事な日に日本人が一杯やろうよ、などと社員を誘うと迷惑がられることは間違いありませんよ。

 

 

中秋節は大事な大事な行事

中秋節は3000年以上の伝統を持ち、その深さに圧倒されます。

この時に食べる「月餅」も丸い形をしていて、満月と同じ「円満」を意味します。

月餅の丸い形が「家族の輪」「家族の団らん」を意味する縁起物で、中秋節に月餅を食べる習慣は明から清にかけて中国中に広まったようです。

 

元々は素朴で日持ちのするお菓子であったのですが、経済成長と共にアワビなどが入ったものなど年々豪華になってきています。

まあ、長い長い歴史の中で続けられてきた中秋節も、現代中国では大事な人脈への付け届けをする恰好の行事として活用(?)されている現実があります。

 

近年は、中秋節のひと月以上も前から月餅のプロモーションが始まり、会社でも社員贈呈用と顧客に贈呈するやや高級のものを注文し、会社の幹部社員や営業員がそれぞれに配るのが恒例となっています。街に出ても、月餅の入った大きな紙袋を持った人がいて、季節感を感じることができます。

 

月餅が原因で…

お世話になった顧客に月餅を配る、といっても、日本のようにひと箱だけ持って行って「皆さんでどうぞ…」という訳にはいきません。中国は個人主義の国ですから、実際には、お世話になった担当者や役職者の方など個人に贈ることになります。

 

ある年のことです、「あの人がもらって、何故私にはないのか!」というクレームをつけられたことがありました。

他にも、昨年は貰ったのに今年はない、など、返って問題を引き起こす厄介者でもあるのです。よくよく注意しないと、せっかくの気持ちが仇になってしまうことになってしまいます。

 

月餅はひと月以上も前から配りますので、もらった方は、それを親戚や知人に回し、それをもらった人がまた別の知人友人などに配ります。頂き物であっても、相手の顔を思い浮かべながら、高級、普通と、ランクを定めて配るのです。

そんなことで、人々の間を一つの月餅が次々に手渡されて回っているわけです。すべてが自分で買ったのではなく、他から貰ったものをよそに回す、生活の知恵ですね。(だから日持ちするように作られているのでしょうか。)

私は豪華なものよりも地のスーパーで、ばら売りしている昔ながらのものが好きです。

 

 

千里離れていても同じ月を見るロマン

そんな少々ドロドロしたこの社会ですが、せっかくの伝統行事ですから、中秋の日には心を穏かに月を愛でたいものです。「但愿人长久,千里共婵娟」と蘇軾が詩に詠んでいます。どんなに離れていようと、懐かしい人は同じ美しい月を見ることができる、と。

殺伐とした現代社会であればなおさら、浪漫の心をしっかりと持ちたいものだと思います。

 

ところで、この季節になると、中国で仕事を始めて何年か経過したある年の中秋節の直前に、高官と食事をしたことを思い出します。彼は最初のあいさつで「今日は双喜臨門だ」と言うのです。

曰く「まもなくおめでたい中秋節で、なおかつ今日はあなた(私のことです)にお会いでき、共に食事をすることができました。二つの喜ばしいことが同時にやってきた。」と。

なんとまぁ、歯の浮くようなお世辞です。

 

ことほど左様に中秋節はとても大事な伝統行事ということですね。

 

意のままにならない中国ビジネスですが、少しでも「円満に」推移してくれれば、という願いを込めて中秋の満月を愛でたいと思います。

 

☛「中国ビジネス成功の決め手 現場目線で急所を解説」はこちら

 

中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言

白玉无瑕 / 白玉に瑕なし

◆中国語:白玉无瑕   [ bái yù wú xiá ]

◆日本語表記:白玉無瑕

◆出典:宋·释道原《景德传灯录》

◆意味:白玉とは真珠のこと。美しい真珠の表面には斑点のひとつもない。人や物事が少しの欠点もないことの例え。

» 本文に戻る

 

 

双喜临门 / 二重のおめでたが来た

◆中国語:双喜临门   [ shuāng xǐ lín mén ]

◆出典:二十年目睹之怪现状

◆意味:二つのおめでたいことが一緒にやって来た。

» 本文に戻る

 

 

但愿人长久,千里共婵娟

◆:中国語:但愿人长久,千里共婵娟   [ dàn yuàn rén cháng jiǔ, qiān lǐ gòng chán juān ]

◆日本語表記:但愿人長久、千里共嬋娟

◆出典:蘇軾(水调歌头)

◆意味:すこしでも長く生き千里へだてた名月を共に眺めようではないか、との意。婵娟とは「月」のこと。中国の有名な歌手・王菲はこの詩に曲(曲のタイトル:但愿人長久)をつけて歌っています。

» 本文に戻る

☛「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら

 

Follow me!