何でもありの中国で コンプライアンスは必要? 「遠交近攻」

 

 

中国でコンプライアンスなんて屁のツッパリにもならない…

と言いたいところですが、日系企業である限り、やはり「必要」というのが答えです。

如何に何でもありの中国とはいえ、法令は遵守すべきです。
グローバルに展開する企業ほどその要請は強いものがあります。

しかしながら、問題として提議したいのは、コンプライアンスの運用強弱です。

当然、日本とは異なるレベルでの運用になる、というのが現場目線での私の持論です。

 

 

日本と同レベルのコンプライアンスは邪魔

何かの問題が発生すると「謝罪」を求められるのが日本社会。しかし、誰しも謝罪なんかしたくないので、そんな問題が発生しないように事前の対策をあれこれルールとして定めています。コンプライアンスを強く求めるのもその一つの表れだと思います。

 

そして日本とは大きく異なる環境にある現地子会社に対しても、まったく同じレベルでコンプライアンスの遵守を要求してきます。

法令を遵守することを否定するわけではありません。しかし「何でもあり」のこの国で、ルールを厳格に守ってばかりでは勝てないし商売にもなりません。

3車線の道路の赤信号で停止中、ちょっとした隙間に割り込んできて4列に並び、青信号になれば用意ドンでスタートする国です。同じ銀行で口座をいくつも開設できますし、その場でキャッシュカードをもらえます。そんなところと競争するわけです。

 

現場の匙加減

ひょっとしたら、コンプライアンスの厳格な要求は海外現地会社の活力を減退させている側面もあるように感じます。

日本とは習慣も法律も違う環境で、日本と同様のコンプライアンスを実行することは、現法にとって何の意義があるのか、というのが私の率直な思いです。

 

しかしながら、無視をすることは、サラリーマン生命が奪われることになりかねません。日本本社からの派遣出向社員である私にとっては、本社は殺生与奪の決定的な権限を持った怖い存在です。

 

土壌も国家体制も習慣も違う海外にあっては、自ずとルールの尺度は変わってきます。一方では私の眼前に現地の膨大なマーケットがあります。どちらも何とかしなければならないのです。その狭間で、海外現地としてコンプライアンス問題はどうあるべきなのか?

 

スポンサーリンク

 

コンプライアンスの運用も現地に委ねるのがベター

中国の兵法三十六計には「遠きと交わり近きを攻める」とあります。

日本本社、自分自身、現前のマーケットという位置付けを見た場合、日本本社はみなしの敵方です。その強大な「敵」とやり合って勝てるわけがありませんから、適度なコミュニケーションを保ちつつ、目の前の中国市場を攻める、という戦略です。

 

どんなに大口をたたいたとしても、そんなに無茶なことをする度胸は私たちサラリーマン駐在員には元来ありません。超えてはならない一線は心得ているつもりです。

 

いくら「何でもあり」とはいえ、外資企業として超えてはならない線を、もし超えてしまうと国内企業と何ら変わらないことになり、外資企業としてのアイデンティティはなくなってしまいます。

 

現法責任者として現地において、本社が要求するコンプライアンスを念頭に置き、目の前のことに対して正否を判断する基準を肌感覚で理解しています。この地では、自分の実力と自信が持つ人脈を合わせて、どの程度までなら自身で対処できるか、という基準を持っています。

 

大きな問題を発生させて、日本の本社の偉い方に謝罪会見をさせるわけにはいかないのですから、大それたことはできません。

 

私は、担当する大連現法のすべてに責任を持つべく腹をくくって、現場のマーケットを見据えて、現地の仲間社員と一緒に努力をすることにしました。

経験と環境の中で自分が身につけた「行動規範」こそが、事業成功の秘訣であると信じています。

 

そう考えると、海外現地で市場を拡大するための肝は日本の本社ではなく、現地の責任者にあると思います。本社からの派遣出向社員は、現法責任者として、運営のすべてに腹をくくって臨むべし。

これが私にとっての「是」です。

今の日本に漂う「誰も責任を取らなくてもすむ」というような風潮に焦燥感を抱きつつ、そんなことを考えていました。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

远交近攻 / 遠きと交わり近きを攻める

◆中国語発音: [ yuǎn jiāo jìn gōng ]

◆日本語表記:遠交近攻

◆出典:兵法三十六計(第二十三計)

◆意味:遠くの相手と手を結んで近くの敵を片付ける策略。

◆背景:秦の国は遠い斉や楚と同盟を結び、近い韓、魏、趙を攻め、やがて六国を平定して大陸の統一を成し遂げることになりました。

◆自身の解釈:自分の後ろ(日本本社)から鉄砲の球が飛んできてはひとたまりもありません。遠い本社を「敵」とみなし、適度なコミュニケーションと友好な関係を保ちつつ、目の前の市場を攻めるのがよい。

元に戻る

▶「成功のツボ全貌」へ
▶「中国の諺・格言」へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です