孤掌難鳴。中国で事業成功には現地社員の支えが欠かせない理由

 

 

日本での経験やノウハウを如何にたくさん持っていても、
だからと言って中国での事業が成功するとは限りません。

なぜなら、中国は日本人にとっては異国の地であり、
習慣や考え方など、わかり得ないところが少なくないからです。

そこのところを軽く見て途中で挫折したり、撤退を余儀なくされたケースがどれだけあったことか。

日本人にとってのそのハンディを埋めてくれるのが現地スタッフです。

信頼できる中国人スタッフの支えは中国での事業を成功させるためには、必要にして不可欠です。

 

 

秀でた能力があっても中国事業が成功するとは限らない

中国で起業した人、サラリーマン社長として日本から派遣された人、状況は様々でしょうが、皆さん、その道のエキスパートであり、能力的にもすばらしい方ばかりだと思います。

責任者自身の能力が如何に優れているとしても、日本とは大きく異なる中国現地のことがわからないまま、事業や会社運営を始めても、そう簡単にはうまくいかないのが中国です。

 

ひと口に中国と言っても、市場性や習慣、人々の考え方は地域によっても異なります。島国の日本育ちではすぐには理解しがたいことです。

ややもすると意気込みばかりで空回りに陥り、目指すところとはマッチしないことが容易に想像できます。

また、例え、5年、10年現地に住んで理解が進んだとしても、地元で生まれ育った中国人にはかないっこないのは明白です。

ましてや、中国に来てしばら経っただけで、「中国がわかったよ」と言う日本人に至っては、何をかいわんや、です。

 

スポンサーリンク

 

一人ではできないことが

古来、中国では「片手では手をたたけない、つまり、一人では何もできない」と言われています。外国からやってきた人にとっては、なおさらのことです。中国で自身が一人でできることはたかが知れたものです。

 

その如何ともしがたい問題を解決するのに、きわめて重要になるのが、現地のスタッフです。責任者の足りないところを埋めてくれる現地スタッフの存在は欠かせません。

そしてできれば心から信頼のできる中国人をスタッフとしなければなりません。その良し悪しが事業成功のカギを握っていると言っても過言ではないと思います。

 

私の場合は、すべての社員の中から、能力、経験、性格など全方位で選んだ社員を幹部として任命し、彼らの足りない所は私が補い、私に不足する部分は彼らの協力にゆだねる形が、見事に出来上がりました。

そうなるまで時間はかかりましたが、心を一つにし、互いが全面的に信頼しあうことができるようになりました。心底より感謝したいと思っています。

 

中国で事業 成功の肝は総経理自身にあり

どのような業種であれ、また、規模の大小を問わず中国で事業を成功させるには、責任者の燃え上がるような情熱、努力・工夫、それに自分の人間力が必要であることは言うまでもありません。

そして、もう一つ不可欠なのは、責任者を支えてくれる現地の有能で信頼できるスタッフです。

もちろん、そういった優秀なスタッフから支えてもらえるような総経理でなければなりません。
総経理たる自分が精進することがすべての前提です。

 

蛇足になりますが、安定した生活と充実した仕事は不可分の関係にあると思います。しかし、くれぐれも、会社の現地スタッフに、自分の私的な生活面(買い物やレジャーなど)での関わりを持ってもらうことは、絶対に避けるべきだと思います。心得たいものです。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスを成功に導く ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

孤掌难鸣 / 孤掌、鳴らし難し

◆中国語発音:[ gū zhǎng nán míng ]

◆日本語表記:孤掌難鳴(くしょうなんめい)

◆出典:「韓非子」功名

◆注釈:片手では手は鳴らせない。一人では何もできないことのたとえ。

▲元に戻る

 

 

[解説]

 

众人一条心,黄土变成金 / 皆が心を一つにすれば黄土も金になる

◆中国語発音:[ zhòng rén yī tiáo xīn, huáng tǔ biàn chéng jīn ]

◆日本語表記:衆人一条心、黄土変成金

◆本文:众人一条心,黄土变成金。

◆意味:皆が心を一つにすれば黄土も金になる。皆が一致団結すればどのような奇跡も生まれるとの意。

▲元に戻る

Follow me!