部下の可能性を信じる 社員間の競争で中国の自社を活性化

 

 

1992年以降、中国では改革開放政策が推し進められ、
市場競争経済による経済発展が急速に進展しました。

しかし、当時の大連では競争といっても、まだまだ見様見真似の状態でした。
例えば、努力し会社に貢献した社員もそうではなかった社員も、
評価や給与に差がないのが現実でした。

そんな状態では、社員間に競争意識が出てくるはずもなく、会社にも活力が生まれません。

それでは事業展開のスピードにも影響し、
結果としては社員達の生活の向上には繋がらないことになります。

社員間で競争することは、お互いの幸福を産むことを説明し、説得する繰り返しでした。

 

 

横一列の組織

私が大連で中国ビジネスの展開に奮闘を始めたのは、市場が開放されて約8年たったころでした。
わずかそれだけの時間で計画経済時代の習慣が払拭されるなんてありえないことです。

当時の大連では、大きな鍋でみんな平等に飯を食うことができる、「大鍋飯」の意識が社員達の中にもまだまだ残っていました。

まるで、手をつないで横一列になって、皆が一歩一歩前進するというように。

当時は、会社も社員に対して評価を行い「差」をつけること自体が、幹部社員にとって煩わしいことであったのかもしれません。避けていたのだと思います。

 

繋いだ手を放し…競争の始まり

そういう「ぬるま湯」のような考え方が、私はとても気になり、どうにかしたいと強く思い行動に出ました。

「横一列」という中にあっても、能力の高い社員は他よりも二歩三歩前に出たいと思っているに違いない。

私は、つないでいる手を一旦放し、お互いに競争しようと説得しました。

 

しかし、社内で同僚と競争することに慣れていない社員の多くは、及び腰でした。競争すると同僚との関係がまずくなるというのです。

 

社員同士で競争することが結果として互いに幸せになるという、その意味するところを理解してもらうために言葉を換え、何度も訴えました。

 

スポンサーリンク

競争を始めた社員の可能性を信じる

競争の考え方を理解し、他の社員以上に努力をしようとする社員に対しては、私はその可能性を信じることにしました。

たとえ、その月の目標が達成できなくても、懸命の努力を続けるならば、いつかは達成できるようになる。毎日のコツコツとした努力を続けるならば、必ず成功することができるはずです。それを信じました。

そして社員は自分が総経理から信じられていることを感じると、より努力をすることになりました。

 

水滴石を穿つ」という諺のとおり、わずかでも努力を続ければ、どんなことでもできるはずです。

総経理などの管理者は、如何にして部下社員達に、「懸命の努力」を継続させることができるかが、管理者としての能力であると私は考えました。

 

つまり、部下が自身の目標を達成できるか否かはひとえに管理者にかかっています。部下に可能性を自覚させ、管理者はそれを信じ、共に努力を重ねていけば必ず実現できる。

その結果は、自分も他人も共に成功を勝ち取ることができるということです。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスを成功に導く ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

水滴石穿 / 水滴石を穿つ

◆中国語発音:[ shuǐ dī shí chuān ]

◆出典:南宋、羅大経

◆原文:一日一钱、千日一千、绳锯木断、水滴石穿

◆意味:一日に一銭というわずかなお金でも千日で一千銭という大金になる。縄で作ったのこぎりでも木を切ることができる。水滴でも石に穴をあけることができる。わずかずつでも努力を続ければどんなことでもできる、との意。

※もともとは金庫のわずか一銭を盗んだ官吏が、少額だから死刑になることはないだろうと開き直ったところ、長官が戒めとして説いたもの。結局この官吏は斬首されました。

▲元に戻る

 

 

[参考]

 

大锅饭 / 大鍋飯

◆中国語発音:[ dà guō fàn ]

◆意味:すべての人が同じ待遇を受けること。

◆背景:1950年代末、人民公社には食堂が設けられ、そこでは誰もが平等に食事を供されたそうです。      (働いても働かなくても飯にありつけるということになった。)

▲元に戻る

 

Follow me!