中国ビジネスを手掛ける会社 いない方がよい社員 どうする?

 

中国現地で事業が拡大していくと社員の人数も徐々に増えていきます。
すべての社員は「仲間」であり、ずっと一緒に「戦友」として市場で戦い続けたいと私は思います。

しかし、残念ですが実際にはそうもいかないのです。

大勢の社員には、必要で不可欠な社員、どっちでもよい社員、それにいない方がよい社員
の三種類がいると聞きました。

最もうっとうしいのは「いない方がよい社員」をどうするか、ということです。

権力を持つ総経理(社長)だからといって、バサッとやってしまうと、
場合によっては厄介なことになる可能性があります。

日本人ですから中国人社員に対してどう対応するかは、結構悩ましく、また微妙な問題なのです。

 

「いない方がよい社員」ではあるけど、うっとうしいからということで手を出さずにいると、その害毒が他の社員にまで及ぶことが危惧されます。

やはり、そういう社員は退場してもらわなければなりません。

次の問題はその方法です。この手順を間違えると厄介ですから、慎重にことを進める必要があります。

 

会社の変化についていけない社員

会社社は少しずつであっても、年々大きくなって変化しています。それに伴って会社から期待される社員像もレベルがだんだんと上がっていきます。

しかし、社員の中には、5年前10年前と全く変わらない社員もいます。

それでも真面目に一所懸命努力をしているのであればよいのですが、社内に悪影響を与えている場合は見過ごすことはできません。

 

見過ごせない悪影響を与える社員

ある10年選手の古参社員が、自分よりも後輩の社員を使って副業をしていることがわかりました。若い社員は年上のその社員に抗うことができないのか、周りには変な雰囲気が漂っていました。

さらに、自分の社内での立場を利用して、出入りの業者からリベートをもらうという、不当な利益を得ていたこともわかりました。実は日本とは違って、中国ではそういったことはそう珍しいことではありません。

気がついたとき、私は幹部社員に質したのですが、多くの幹部はそれを見て見ぬふりをしていたようです。

その古参社員は、かなり強力な政治的背景をもった人脈を使って入社した経緯があり、皆は自分への影響を恐れて黙っていたのです。

しかしながら、それでは組織運営上良くありませんし、まして発展途上にある企業としてそれを放置することはできません。

さてどうしたものか思案をしましたが、私は、その社員は会社にとって「いない方がよい」社員であると結論を出しました。

 

スポンサーリンク

 

まずは幹部社員とのコンセンサスを

私は「やめてもらおうと思っている。」と幹部に話したのですが、その古い社員の背景にある人脈の影響を心配する声が多く、積極的な賛意は得られませんでした。

かと言って私の意見に真っ向から反対する人もありません。

きっと、みんなの考えも辞めてもらう方がよいと一致していたと思いますが、自分の口から意思表示をする立場にはないと思っていたのだろうと思います。

その社員の後ろ盾の人脈の、会社への悪い影響力を予測しつつ、何回か幹部社員と意見交換を重ね、急がず慎重に周囲の理解を得る努力をしていきました。

急がず、幹部社員から理解、納得、共感を得、コンセンサスを図りました。まず外堀を埋めて、次に本人に通告することにしました。

 

ひと悶着を覚悟していたが…

私は、ついに本人に通告しました。
ひと悶着があることを覚悟していたのですが、意外にも抗うことは何もありませんでした。

契約社会の中国にあって、雇用契約の更新する、更新しないということは日常的なことです。更新できませんと伝えたことに対して、その古参社員は特に理由や原因を突っ込んで聞いては来ませんでした。

抗うことで返って自分のメンツがなくなることの方を心配したのだろうと思います。

また、「私は、人脈をいっぱい持っているから、契約を更新してくれなくても、ちっとも困りませんよ。」という形をとることで、自身の体面を保とうとしたのかもしれません。

心配していたわりには、その難題はあっさりと解決しました。「案ずるより産むがやすし」、とはこのことかと思うほど。
結果的にはその社員も円満に退職することになりました。多分、本人もそれでよかったのだと信じています。会社にとっても良い結果になりました。

 

人事上の対応は「きっぱりと」「サラッと」「面子は守る」「手順に注意」…

①きっぱりと決断
正論は誰が聞いても正論です。考え抜いたうえの結論はぶれずに。実行するときに少し注意さえしてやれば、ほとんどのことは思い通りの結果を得ることができる。

②サラッと対応
無用の感情論は出さず、正論をもってサラッと対処するのがよい。
中国は会社と社員は労働契約という契約関係で成り立っています。労働契約の更新、不更新は単なる事務処理である。

③相手のメンツは絶対につぶさない
社内で良くないことを隠れてやっていたことをことさら追及したりしない。雇用契約は継続できない状況になったとだけ伝える。

④手順はよく考える。幹部社員にも相談をする。

 

スポンサーリンク

 

 ▮▮▮ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ▮▮▮ 

 

车到山前必有路。 船到桥头自然直。 / 案ずるより産むがやすし

◆中国語:车到山前必有路

◆中国語発音:[ chē dào shān qián bì yǒu lù ]

◆日本語表記:車到山前必有路

◆意味:行き詰まっても案外打開の道がある。

 

◆中国語:船到桥头自然直

◆中国語発音:[ chuán dào qiáo tóu zì rán zhí  ]

◆日本語表記:船到橋頭自然直

◆意味:船が桟橋のたもとに着くと、自ずと真っ直ぐになる。

◆いずれの言葉も、「窮すれば通ず。案ずるより産むがやすし。」の意。

▲元に戻る

Follow me!