離陸前の飛行機 機内の天井から水ポタ! 何だ、こりゃあ… 

 

赴任半年後、上海から北京へひとりぼっち出張の時のこと。北京行の飛行機に搭乗してしばらくすると、私の前席の頭上から水がぽたぽた落ちているではないですか!

こんなことがあるのかと驚いたが、この後更なる驚きが…

 

 

▮機内の天井から水漏れっ!…中国国内線

1998年6月に上海に赴任、その約半年後に北京へ出張をしました。まだまだ言葉がわからず、それに一人ぼっちで…。

今では上海浦東空港や北京空港も巨大に整備され、迷子になるほどの規模ですが、98年当時、上海は虹橋空港という小さな空港、北京もターミナルが一つだけの規模で、現在の様相からは想像できないほどのちっぽけな空港だったのです。

ということで上海から北京へのひとりぼっち出張は虹橋空港から出発しました。

搭乗してしばらくすると、前席の頭上から水がぽたぽた落ちているではないですか。おそらく、空調の排水が漏れているのだと思いました。その席の乗客がCAの女性にそのことを指摘していました。

すると、そのCAは、水が漏れている天井の隙間に、やおらおしぼりを詰め込み、OKですと立ち去りました。しかし、所詮それはその場しのぎであることは明白で、しばらくすると同じ場所から再び「ぽたぽた」が始まりました。

その乗客は黙って立ち上がり、くだんのおしぼりを抜き取るや、その場で絞ったのです。ジャーとばかり床に水が落ちたのは言うまでもありません。そしてその乗客は水漏れの隙間に再び絞ったおしぼりを詰めていました。CAの対応に怒るわけでもなく、冷静な「自己完結」の対応に妙に感心しました。それは乗客とCAがよく口喧嘩をしていた時代の話でした。

 

▮案内表示盤に搭乗する便がない…20年前の北京空港

一人ぼっちの北京出張を終え、上海に戻る際の話。

当時の北京空港は今では想像できないほどみすぼらしいものでした。チェックインをして搭乗口に向かう途中で、出発便の案内電光掲示板にはどう見ても私が乗る便の表示がないのです。

下手な中国語で空港の係員に搭乗券を見せながら尋ねたところ、搭乗券に記載された搭乗口に行けとのこと。でも、搭乗口にもやはり表示はありません。

しょっちゅうアナウンスがされているのですが、早口で私には何を言っているのか聞き取れません。仕方なく待合室の隣に座っている人が持っている搭乗券を横目で見て、自分と同じ便名が書かれていることを確かめました。

結局、無事に搭乗したのですが、誰も間違わずに皆さんちゃんと飛行機に乗っているのを見て、感心したことを覚えています。

 

▮大雪、苦労して搭乗便を変更 これが裏目に…

ある年の12月、上海出張から大連への帰途の出来事です。

上海浦東空港で大連行のチェックインをしようとしたところ、大連空港が積雪のために閉鎖され、出発の目途が立たないとのこと。

困った私は、瀋陽行の便に変更することを思い立ち、たどたどしい中国語で交渉して、瀋陽行に変更してもらい、飛び立ちました。

 

瀋陽には私の会社の支店がありましたので、到着後はどうにかなるであろう、翌日大連へ列車で戻ればよい、と考えたのです。

定刻に離陸し、瀋陽の上空に差し掛かり着陸に向けて下降を始めたところで、突然のアナウンスが。「瀋陽空港が積雪で、今、閉鎖された。これから天津に向かう。」とのこと。

えぇ~! せっかく、苦労して便を変更したのに、なんということでしょう。

 

夜10時ごろ天津空港に着陸、航空会社が宿舎を準備するのでロビーで待つようにとのことでした。売店もすでに閉店していて水すら飲めず、えらいところに来てしまったものです。

おそらく一夜を航空会社手配のホテルで、見知らぬ人と相部屋で過ごし、翌日、その飛行機で大連へ向かうことになるのだろうと予測。

 

しかし、その不安を回避するために、私はそこから離脱し自力で大連に戻ることを選択しました。

航空会社は一旦乗客を引き受けたら、目的地に送り届ける義務があるそうで、少し手間取りましたが預けた荷物を取り戻して自由になりました。

 

たまたま天津に出張していた日本本社の社員と連絡をし、空港まで迎えに来てもらい、手配してもらったホテルに一泊。翌日ホテルから天津駅へ、そして列車で北京へ。更に北京駅から車で北京空港へ移動。その後大連行の便に搭乗し、やっとの思いで戻ることができました。

 

結局、上海で無理をして便を変更したことを悔いることになりました。

飛行機は天候や機体トラブルなど、大きく遅れることが間々あります。そんな場合、余計なことをしてかえって悪い結果になってしまうことがあることがわかりました。

その場でひたすら待つ、というのが最良の選択だと考えるようにしました。

スポンサーリンク

▮二日がかりで大連へ

2006年2月、春節休暇を日本で過ごし2月6日大連に戻るため、関西空港から飛び立ちました。

順調に飛行したのですが、あろうことか大連が大雪のため空港が閉鎖中とのこと。大連上空で一時間以上にわたって旋回を続け、結局、閉鎖が解除される見通しが立たないとのことで、関西空港に引き返しました。

 

上空で旋回するって、ふわふわとした感じで飛行して何となくお尻のすわりの悪さを感じました。初めての経験でした。

翌日の同時刻に再出発するとのことで一旦帰宅。パスポートの「出国」のスタンプにも「VOID」の印が押され、翌日、一からやり直しです。

 

一夜明け、再び関西空港から大連に向けて出発、大連上空でまたもや「空港閉鎖中」のため旋回を開始。

ひとしきり旋回した後、今度は燃料補給のため瀋陽に向かうとのこと。アナウンスでは瀋陽で燃料補給後、関西空港に戻るとのことでした。

 

機内は大きなため息で溢れました。その後、瀋陽空港に着陸し燃料を補給、その間、機内で待機。(国際線は目的地以外では飛行機から降りることはできません。)

 

二日間にわたって同じ乗客、同じクルーで、そのことが困難を共有している意識が芽生えたのか、妙な和みを感じていました。

給油が終わり関西空港に向かって離陸、しばらくした時に機長からアナウンスで、念のために大連上空を通過して関西空港に戻るとのこと。

 

その後、機長から「大連空港の閉鎖が解除されたので、関西空港には戻らず大連空港へ着陸する。」とのこと。思わず乗客から大拍手が沸き起こりました。

延べ二日間の難行苦行の末についに大連へ降り立つことができたのです。

 

海外に駐在していると何かと飛行機に乗る機会が多くあります。

特に中国は国自体が大きいので中国国内出張はほとんどが飛行機を使うことになります。

ということは、いろいろアクシデントや出来事に遭遇することもありますが、「短気は損気」と、鷹揚に構えるのがよろしいようで…。

 

☛「中国ビジネス成功の決め手 現場目線で急所を解説」はこちら。

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言

敷衍了事 / 敷衍了事(ふえんりょうじ)

◆中国語:敷衍了事   [ fū yǎn liǎo shì ]

◆出典:清·李宝嘉(官场现形记)

◆意味:いい加減に事を済ませる。おざなりに事を済ませること。その場しのぎ。

» 本文に戻る

 

自寻烦恼 / 自ら煩悩を尋ぬ

◆中国語:自寻烦恼   [ zì xún fán nǎo ]

◆日本語表記:自尋煩悩

◆出典:紅楼夢

◆意味:自ら煩わしい面倒を探すこと。薮蛇。

» 本文に戻る

☛「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」はこちら。

 

 

Follow me!