背後から敵のカマキリが狙っている… 中国ビジネスの現場で正々堂々はない

 

スポンサーリンク

 

敵(競争相手)は前から来るとは限りません。 もしも、自身の事業が好調に推移していれば、
一方ではそのことを好ましく思っていない人が必ずいるものです。

そして、彼らはあなたの背後にいて、虎視眈々と狙っているかもしれません。
中国での戦は「正々堂々」などとは言っていられないのです。

好調な時ほど、背後に迫る危険に細心の注意を払うべきだと言えます。
敵から身を守らなければならないのに、前ばかり見ていたのでは命取りになります。

 

意に反して独資企業に

元々わが社は1993年に地元政府傘下の国営企業との合弁企業として設立されたのですが、1998年ごろに政府通達により、その合弁が合法的に維持できなくなったのです。その影響で、わが社は2000年当初から、やむなく日本独資企業に変更することになりました。

 

その変更直後の2000年4月に私は赴任し、乱れていた社内の立て直しに着手したのです。それが思いのほか順調に推移し、3か月目には社内組織の整備や改革に乗り出すまでになっていました。

 

同じころに、市場にも目が向くようになり、業績の向上を強く意識しだしました。その当時は市場競争社会になっていたとはいえ、現実は正当な競争とは程遠い状態でした。

私の会社の競争相手は政府機関の子会社で、しかもその政府機関は私たちの業界に対する許認可の権限も併せ持っていました。

 

背後から競争相手による脅威が

とても分かりにくい構図ですが、監督官庁と右手で握手しながら、左手の拳を振り上げながら、その監督官庁の子会社と争っていたわけです。

 

その監督官庁である政府機関から突然、公式文書通達が届きました。その内容は、外国独資企業は許可された範囲以外の業種について、新規の顧客を開拓してはならない、そして現行ユーザーとの契約を更新延長してはならない、という内容でした。

 

つまり、外商独資企業として企業そのものの存続は問題ないのですが、条例により企業としての活動範囲が合弁企業のそれよりも著しく制限されてしまいます。その結果、合弁形態では問題なく取引できていたのに、独資形態になったがためにその取引が継続できなくなり、そして新規開拓ができなくなった、ということです。

 

もともと日中合弁企業であった我が社が、国の政策の影響でやむなく合弁を解消し、独資企業に変更していたわけで、決して自ら独資を選択したわけではありません。理不尽ではないかと一旦は抗議しましたが、市条例に書いてある以上、やむを得ないとの当局からの回答でした。前述の競争相手の影がちらついていました。

 

スポンサーリンク

 

みんな私を信じてくれた

いずれにしても企業としては業績に大きく影響し、ひいては存続にかかわる大問題です。中国人スタッフとともに対応を重ねましたが、打開策は見出すことはできませんでした。 そんな状態が半年ほど続き、心配した一部の社員からは会社は大丈夫か、と私に詰め寄ってくる社員も出てきました。

 

最悪の事態に至った時、私は日本に戻ればよいのですが、彼らにとっては逃げ場所もないので死活問題であったわけです。その気持ちはよく理解はできるのですが、現実として解決の目途がなく、ただ「私を信じてもらいたい。」と話すことくらいしかできませんでした。

 

後ろの備えを忘れずに

業容を拡大すること、つまり前ばかり気にして、後ろの備えが十分でなかったのです。私には経営上非常に重要な、社内の幹部社員と社外協力者という2つのチャネルを持つことができていましたが、後方の備えに当たるチャネルが欠け落ちていたのです。

それはちょうど、“カマキリが目の前のセミを捕まえたのもつかの間、その後ろにはヒワがカマキリを狙っていた”ということでした。

 

それにしても、その難題を突き付けられたときは、着任後わずか3カ月のことでした。しかしながら、社員を想う心とユーザーである顧客からの信頼があったため、この問題が表面化した後も、このことが原因で退職した社員や、契約を解約したユーザーはほんの一部にとどまりました。それどころか、顧客の大半は取引を維持、あるいは以前に増して拡大していただきました。本当にありがたい限りでした。

♣ 「中国では賢く生き残りを図る 転んでも大丈夫な備えを」もご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 ♣♣♣ 中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言を解説 ♣♣♣ 

 

螳螂捕蝉,黄雀在后 / 螳螂、蝉を窺い、黄雀、後に在り

◆中国語発音:[ táng láng bǔ chán, huáng què zài hòu ]

◆出典:前漢代『説苑』(ぜいえん)

◆意味:カマキリがセミを捕えようとしているが、その後ろには鶸(ひわ)がいてカマキリを狙っている。

◆注釈:目の前の利益に夢中になって、後ろから近づく災いに気がつかないこと。

◆黄雀は鶸(ひわ)のことで、スズメ目アトリ科に属する鳥。

(カワラヒワ、マヒワ、ベニヒワ、ベニマシコ、イスカなどの総称です。)

▲元に戻る

Follow me!