大連のアカシア「槐花」 花言葉は優雅。忙中閑を盗む…でありたい

 

4カ月ほど続く大連の長い冬が終わると、春はほんのつかの間、その後は一気に夏が来たかのように暑くなります。

そのころになると木々は芽を吹き新緑が萌え、そしてアカシアの花が咲きだします。

冬は必ず春となる。耐え忍んだ寒さから解放され、森羅万象みな息を吹き返したかのようです。

 

▮上品で清楚なアカシアの花

アカシアといえば大連、大連といえばアカシア。日本の歌謡曲やポップスでも歌われ、また小説も刊行されています。

「アカシア」の中国名は「槐花  」。5月の中旬から下旬にかけて、大連の街のあちこちで見かけることができます。白いアカシアの花言葉は「優雅」だそうで、なるほど、大連の街で見かけるアカシアはとても上品で清楚な花です。

アカシアの花

大連労働公園に咲くアカシア(2017年5月撮影)

異国の地で昼も夜も事業の発展を考える忙しい毎日の中で、街に出た時にはちょっと上を見上げるとそこには爽やかな風に揺れる白いアカシアの花が目に入ります。
古来、中国では「忙中閑を盗む」と言われるように、忙しい中にも暇を見つけ、時にはちょっと立ち止まって一服してみては如何でしょうか? そんな時に癒してくれるのがアカシアです。

 

 

▮善く恩を用うる者は妄りに施さず

森羅万象が蘇るこの季節。初夏の大連は大連国際マラソンと国際徒歩大会というビッグイベントが続きます。大連ブルーの爽やかな青空の下で、寒い冬を耐え越えた人々が躍動する季節です。

いずれのイベントも政府主導ですが、マラソン大会には、わが社では団結心醸成の一助とするために、駅伝の部に毎年エントリーしていました。

もとより陸上競技経験者などいない我が社ですが、参加することに意義を持たせたのです。

前年の秋ごろから社内予選を行い、勝ち残った社員でチームを構成し、冬場の訓練を行った社員達。普段は営業や財務、現場の業務系社員など、まったくの素人ばかり。でも、目標タイムを自主設定し、挑戦するという有意義な大会。当日は一般社員も応援に駆け付け、目的は十分に果たすことができました。

もちろん、出場した社員達にはレース終了後、昼食をともにし労う機会も持ちました。

 

大連国際徒歩大会(ウオーキング)は、参加者が20万人にもなる大規模大会。

あまりにも規模が大きいので、わが社ではその一週間前くらいに同じコースを歩く独自のウオーキング大会を開催しました。

 

事前に配布したロゴ入のおそろいのポロシャツ着用して、約10キロを歩きます。コースにある滨海路という道路の両側にはアカシアの花がちょうど満開になるころで、一年の中でも最もすがすがしい季節。私も一緒に歩くこと約3時間。お昼ごろにゴール地点に到着計画を立て、近くのレストランで、参加したすべての社員と昼食、普段仕事の現場では難しいオフサイトでのコミュニケーションは結構楽しいものです。

 

社内リクレーションにお金をかけるのは如何なものかと、日本本社から言われそうですが、そんなことは気にしない。恩を感じた社員達は喜びをもって仕事に励み、掛けたお金はちゃんと業績になって帰ってくるのですから。
どうせやるならケチケチせずに大々的にやるのがよい、ということです。

 

▮今も身近にあるアカシア

私の仕事場があった森ビル(森茂大夏)は街の真ん中ですが、その周辺にも街路樹としてアカシアが植えられています。

忙しさに感けてか、在任中は気がつきませんでしたが、リタイア後、付近を散策するとあっちにもこっちにもアカシアが咲いているではありませんか!

アカシアの花の背景は森ビル(2018年5月撮影)

ビル前の小さな緑地に立つアカシアの碑(2018年5月撮影)

 

そんなこととは露知らず、今も私はアカシアの花から採れた生ローヤルゼリーと蜂蜜を健康のために毎日飲んでいます。清楚なアカシアの花を愛でる余裕が現役時代にもあればなあ、と思いながら…。

»「成功のツボ カテゴリー別記事一覧」もご覧ください。

 

▮中国ビジネスの成功を勝ち取る ことわざ・格言

忙里偷闲 / 忙中閑を盗む

◆中国語:忙里偷闲   [ máng lǐ tōu xián ]

◆日本語表記:忙里偸閑

◆出典:宋·黄庭坚《和答赵令同前韵》

◆意味:忙しい中にも暇を見つける。(忙中閑あり)

» 本文に戻る

 

 

善用恩者不妄施 / 善く恩を用うる者は妄りに施さず

◆中国語:善用恩者不妄施   [ shàn yòng ēn zhě bù wàng shī ]

◆出典:呻吟語

◆意味;恩を善用(悪用の反対)むやみに物を施し与えるようなことはしない。会社でいえば、社内イベントなどの際に、ちまちまとやるのではなく、どうせやるなら思いっきやった方が社員に記憶に残り効果が高い。

» 本文に戻る

»「現場目線で読み解く 中国のことわざ・格言」もご覧ください。

スポンサーリンク

 

 

Follow me!